人を変えるのは難しいが、自分を変えることは難しくない

経営

人を変えるのは難しいが、自分を変えることは難しくない

部下指導などで、「人を変えよう」と必死に教育する人や会社がありますが、生まれ持ったパーソナリティというか、個性的な性格は、そう簡単に「他人が変えられる」ものでは無いです。しかし、自分自身が「変わらなきゃ!」と思った瞬間、自分自身を変えることが出来ます。面白いものです。

私は20歳代のころは、銀行でシステムエンジニアをしていました。仕事が出来ず、出世も遅れ、すべて他人の責任にしてふてくされて生きていました。これではダメだと思っていた矢先、「中小企業診断士」という資格を知り、絶対「コンサルタントになる」と決意して猛勉強し、合格し、今に至ることが出来ました。その知識と自信が私のサラリーマン人生の後半、マネジメントが出来る管理職として色々なチームに重宝されたものです。まさしく、自分を変えることが出来た瞬間でした。

私が社労士資格だけだったらここまでうまく経営が出来ていたかどうか疑問です。中小企業診断士という資格は経営ノウハウのすべてが理論として詰まっていて、自分の経営実務に大いに役立っています。当然、スタッフのマネジメントにも有効です。

人を強制力で変えることは難しいですが、自分が変わることで、それを見ている仲間や同僚や部下を「自律的に変える」ことは可能だと思っています。中小企業経営者はまず自分で汗をかいて必死にビジョンに向かって経営をしている姿を社員等に見せて、部下を変えていくことが出来るのではないかとつくづく思います。

2021-11-02

中小企業の組織活性化支援
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact