悩む暇はなし!やるべきことをやるだけ

経営

悩む暇はなし!やるべきことをやるだけ

世の中には「悩んだあげく、実行に移さない人」がとても多いです。経営者であれ、サラリーマンであれ、そりゃ悩みに1つや2つはありますよね。悩みは「課題」にぶち当たった際に悩むのであって、課題を解決する方策を色々前向きに考えていけば解決策が出て来るものです。どれほど高い壁であっても細かく課題を細分化し、それに対する解決策を一つ一つ実行していけば意外と解決していくものです。

悩んでくよくよしている人は、その課題(高い壁)一つだけ見ているので、「俺には無理だ」「やっても無駄だ」となるわけです。悩む暇があれば、課題の本質を分析し、課題を細かく細分化してください。そうすると意外と解決するのが簡単だったりします。その一つを解決することで、たの課題も解決する糸口が見えてくる可能性もあります。要するに、後ろ向きに悩むのではなく、前向きにやるべきことを実行に移せば光が見えてくるってお話です。諦めが早すぎる人を見ていると「潔い」ではなく、「逃避」しているだけのように私には見えます。

2021-08-05

中小企業の組織活性化支援
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact