色々な鳴き声があって良い

経営

色々な鳴き声があって良い

公園などに行くと、色々な鳥の鳴き声がします。よく聞いていると鳴き声がさまざまで、十人十色って感じです。人も色々な意見があって良いと思います。しかし、組織はピラミッドのように縦社会になっていることが多く、一般社員が意見を出しにくい仕組みになっている企業も多いことは事実です。特に中小企業経営者は独裁的、ワンマンになりがちで社員の意見を吸い上げようとしても、無意識に経営者は「聞く耳を持たない」態度になっています。

これでは組織活性化は程遠いし、DX化やクラウド化に関する良い提案が出てこなくなります。このデジタル化した、グローバルな社会で、若い社員の意見を経営に吸い上げられない経営者がいたとしたら、致命的です。社員の一人一人のアイデアが出せる経営環境をまず構築してほしいものです。鳥が様々な鳴き声を出すように、社員も色々な良いアイデアを持っている可能性があります。今こそ一致団結する良い機会(チャンス)だと思います。

この話を読んで「ドキッ」とした経営者は、今一度社員の意見を吸い上げて経営に活かせる仕組みを検討してみて下さい。

2021-07-20

中小企業の組織活性化支援
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact