人生の節目を自分で決めることで、頑張れる!

経営

人生の節目を自分で決めることで、頑張れる!

元日本ラグビー代表で、今が医学部生の福岡堅樹さんが先日、テレビで語っていました。人生を逆算して今を考えることの重要性とでもいうのでしょうか?私も実に同感です。しかし、私自身、福岡さんのように人気と実力の絶頂期で、自分が決めた期限が来たからと言って「スパっ」と辞められるかどうか疑問です。もう少しこの調子の良い時代を生き残り、先の夢は先送りしようと考えるのが人間の弱さなのだろうと思います。

しかし、世の中を見渡し、ビジネスで成功している人は、ほぼ例外なく「夢」というか「成すべき目標」を持って行動しています。そして重要なことは、その目標達成「時期」も明確にしていることです。その目標達成に対して妥協することなく努力を重ねて、目標をクリアしています。

サラリーマンであれ、起業家であれ、OLであれ、主婦であれ、自分の人生があると思います。自分が極めたいことや成し遂げたいことを明確にして、そのゴールイメージを決め、逆算して今を一生懸命努力する。この当たり前のことが出来る人になれれば、充実した人生が送れそうな気がします。

私はというと、20年節目説を唱えています。20歳まではすねかじり時代、40歳まではインプット時代、60歳まではアウトプット時代、もう私も今年で60歳になります。あと1節目の80歳までの1つになりました。あとの20年は、アウトプット時代には違いないのですが、「自己実現」「世の中に貢献」「社会貢献」的な活動にシフトしていき、仲間をどんどん増やしていきたいものです。

 

2021-06-28

中小企業の組織活性化支援
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact