勉強は好奇心そのもの

経営

 

勉強は好奇心そのもの

学生時代、勉強は苦でしかなかった。
サラリーマン(銀行員時代)の勉強「も」苦だった。
上記の状況は「やらされ仕事」だからだろうか、
なんでこんなことをしなければならないのか?
が先に立ち、自分んで能動的に勉強をすることはしません
でした。
しかし、独立開業し、自分の力だけで歩くようになった時に、
「勉強」という言葉の意味がガラッと変わりました。
ビジネスへの成功欲が好奇心を駆り立て、勉強するように
なり、勉強が苦になるどころか、楽しいもの変わりました。
本来、勉強は楽しいものであり、世の中の疑問を解決する
ためであったり、自分の知らない知識を習得し、体系化
するためであったりします。
これからも年齢に関係なく貪欲に勉強していきたいものです。
経営者の方は、自分の会社に、従業員が学ぶ環境や仕組みを
作っていくと、自社の従業員のレベルアップが図られます。
私が提唱する毎週2時間のミニ研修でも良いし、
外部の資格取得にチャレンジさせて、取得出来れば数千円の
手当を付けてあげれば良いと思います。
自分で能動的に学んだことは、将来必ず役に役に立つものです。
☆==========================☆
中小企業経営に役立つ【組織活性化通信】を週1回メール
マガジンとして配信。中小企業経営に役立つ情報を欲しい経営者様
はぜひご登録願います。
☆==========================☆
アールイープロデュース  http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/