東京都の助成金が熱い!

中小企業経営者の皆さんへ
今回のテーマは【東京都の助成金が熱い!】です。
平成27年度の東京都の予算をリンクしておきます。
後で見ておいてください。
【新規】保育・介護人材の確保・育成・定着に向けた取組の強化 208億円
(1)保育士等キャリアアップ補助
(2)介護職員キャリアパス導入促進事業
いずれも、国のキャリアアップ制度に連動する形で、東京都が上乗せ支援をするというもの。
介護や保育業界の職員の処遇改善のための賃金プラスを狙っています。
保育で21,000円/月、介護で20,000円/月 となっています。
しかし、何と言っても今年の目玉は、
非正規社員の正社員化の助成金です。
年間5,000人の正規雇用化を実現すると東京都は言っています。
国の「キャリアアップ助成金」で契約社員を正社員に転換した場合、50万円支給されますが、東京に会社がある場合、プラス50万円が支給され、合計100万円になります。
支給要件がまだ明確でないので、今後に注目です。
東京都の助成金は「舛添」色が強いようです。
介護や保育等の分野の処遇改善に力を入れているようです。
私の私見ですが、補助金や助成金って、申請がとても「面倒」です。
だから、根性と努力で申請にたどり着いた企業のみが貰えるものです。
世の中には助成金を否定的に語る人もいますが、企業経営にとって少ないと言えどもキャッシュが入るというは、明日への投資や従業員の福利厚生の充実など、手が打てます。
厚生労働省や東京都の助成金は、条件が合えば至急してもらえるものが多いので、
まずは専門家(顧問社労士など)に問い合わせて下さい。
誰もいなければ、南本まで(boss@re-p.co.jp)
ではでは
気軽に問い合わせ