経営者には「経営マネジメントの素質」が必要

経営者には「経営マネジメントの素質」が必要

世のサラリーマンの方で、「普通のマネジメント」
ができる人はたくさんいます。いわゆる部下の特性
を把握し、最適なチーム編成を行い、最大の利益を
生むようにマネジメントすることです。

しかし、経営マネジメントは、普通のマネジメント
と次元がレベルが異なります。

まず、「戦略立案」ができないとその時点でダメです。
普通のマネジメントできる人でも、この「0→1」を
生み出すことができる戦略性が無い人が経営者になる
と悲惨です。経営はじり貧になります。

その次に、財務戦略です。未来の投資計画に対して、
銀行からの借り入れや資本強化等を戦略的に行える
力が必要です。お金を引っ張ってくる力が経営者に
求められます。

その次に、社内組織のマネジメントです。
優秀な人材を確保し、適材適所な人材配置を行い、
組織の最適化を図れる力です。

今の中小企業の現状は、この「戦略性を持ち合わせ
た人が創業経営者しかいない」ということが、
後継者難となっているし、うまく表現できないです
が、生まれ持った「素質」って言うんでしょうか。

この素質は、創業経営者の血のにじむような勉強と
気概と努力で形成されていることは明白ですが、
最も大事な経営感覚とバランスが自然と備わって
いるように思います。

中小企業の後継者難は、とても深刻です。
経営者をやりたがらない人が多し、そもそも、
素質が無い人ばかりだし。ちょっと中小企業の
バトンタッチという意味で未来は暗い。

2020-09-18

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

気軽に問い合わせ