ビジネスの土俵は「こちら」か「あちら」か

ビジネスの土俵は「こちら」か「あちら」か

ビジネスの土俵は、当然、自分の得意な土俵の
方がうまくいきます。慣れているし、実績もあり
ます。しかし、それでは進歩がない気がします。

時代の転換期(今のコロナ禍時代)には、
思い切った事業転換も必要となります。

相手の土俵に飛び込み、
時間の経過かとともに、「相手の土俵」を自分の
得意な土俵に取り込んでいくことで、
やがて、苦手だった土俵を得意な土俵に変えていく
ことが可能と考えます。

その過程は苦労や失敗が多々あるでしょうが、
新しい分野に果敢にチャレンジすることで、
何か新しいものが生まれることはワクワクしますね。

自分の領域で凝り固まっていることも戦略なら、
相手の土俵に飛び込んで、全く新しいスキルや
ノウハウを得ることも戦略だと思います。

どうするかは、経営者の意思決定次第です。

2020-07-28

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

気軽に問い合わせ