何でもスピードが生命線

何でもスピードが生命線

コロナで厳しい状況の企業、反対に忙しい企業、
色々だと思います。人の移動が起こらない今回
の危機を脱するためには、スピードが命です。

最もダメのことは「停滞」することです。
Withコロナの時代に、停滞しても何も課題は
解決しません。状況は良くならないです。

一旦、撤退でも良い。策をもって前に突き進む
でも良い。withコロナ時代のちょっと先をにら
んで、何か新しいこと「仕込み」、仕掛けていく
しか生き残る方法はないと思います。

その意思決定は、スピードが命なんです。
競合他社の様子をうかがいながら、静観していては
じり貧となり、やがて企業の体力がなくなること
でしょう!

この時代、だれも未来は予測できません。
だから、色々なアイデアを複数チャレンジし、
失敗しその中らから一つ、成功するものが生まれ
ます。チャレンジを怖がり、「停滞」し、何も
しない会社は、この先厳しいと思います。

2020-07-14

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

気軽に問い合わせ