シナリオは最悪を想定

シナリオは最悪を想定

経営者にとって、Withコロナで最も大事な
ことは、私は「最悪シナリオ」と「勇気ある撤退」
だと思っています。

「頑張ろう」
「もう少しで回復する」
「また昔みたいに景気が戻る」
「来年オリンピックで日本復活だ!」等々は
最悪のシナリオ設定ではありません。

シナリオは大きく、「最高」「普通」「最悪」
の3つがあり、上記は「普通」シナリオです。
今の時点で「最高」シナリオを考えている経営者
はいないと思いますので、それでは会社の未来は
日本政府や助成金・支援金・補助金頼みになります。

今時点で、色々な情報を集めて未来社会を予見し、
「最悪シナリオ」を設定し、それでも会社に利益が
残せるのならGO!です。しかし、毎月赤字垂れ流す
シナリオなら、即「撤退」ではないでしょうか?

私が言う「撤退」は、「いったん敵陣から自陣へ
戻る。時間をかけて再起をはかる」って意味です。
自分がやっていた事業を未来永劫すべて捨て去る
必要は無いです。しかし、家賃や人件費で経営が
立ち行かない場合は、「いったん撤退し、再起の
チャンスを狙う」ことも戦略の一つだと思います。

協力金、補助金、給付金、融資、家賃補助等の
施策は期限があります。最長でも6か月程度。
それを踏まえて、「最悪のシナリオ」で自社の
事業の再構築の可能性を探ってみてください。

偉そうな物言いで失礼しました。

2020-05-22

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

気軽に問い合わせ