老後2000万円と日本の長寿化

老後2000万円と日本の長寿化

今日の日経新聞に掲載されていました。
日本の平均寿命
女性 世界2位 87.32歳
男性 世界3位 81.25歳

まあ、金融庁がレポートでまとめた2,000万円
どころじゃ足りないですよね。勝手な推測ですが。
平均受給額は月15万円ぐらいらしいので、
男性は65歳から82歳まで17年間。
普通に生活するのに30万円必要と仮定すると、
17年×不足15万円×12ヶ月=3,060万円

生活を切り詰めればそれは生きていけるのかも
しれないですが、それでも最低3000万円程度は
必要です。国民年金だけの人は、4000万円は
必要でしょうね。

2000万円どころじゃないってことです。

国は、中小企業でも週20時間以上働く人に対して
社会保険料を徴収し始めると思います。
(大手企業は実施済み)

中小企業では、消費税どころじゃない大騒ぎになる
と思います。というより、潰れる会社が続出するはず
です。今から、週20時間のパートさんも社会保険に
加入しても大丈夫な筋肉質な会社に育てておかないと
その日は突然やってくると確信します。

社会保険の加入者を増やす以外に、年金支給額を
減らさずに済ます方法は無いのです。

これからの時代の中小企業経営はとても難しいと
思います。労働集約的なビジネスは、社会保険料負担が
どんどん増していきます。IT化でムダな業務は排除し、
人手を減らし、少数精鋭の部隊で生産性を向上させて、
勝負していかない限り生き残れない気がします。

2019-07-31

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

気軽に問い合わせ