他人と比べて自分の優劣をつけないことが大事

他人と比べて自分の優劣をつけないことが大事

人間、誰しも、人と自分を比較しますよね。
私もよく比較して、「自分がいかにダメ人間か!」
的な発想になることが多々ありました。
昔、若くて起業したばかりの頃やサラリーマンで
ビジネスをバリバリやっている頃でしょうか!

「人と自分を比較すること」は悪いことではなく、
むしろ、他人の行動を観察するという意味では、
とても良いことです。その後が問題です。

(1)自分はダメだとネガティブ思考になるか
(2)私もAさんのような仕事のやり方を真似しよう!
というポジティブ思考になるか

これって、自分のココロ(気持ち)次第でどうにでも
なることなんです。

当然(2)のポジティブ思考にならないと、人の成長
なんて無いわけです。
ネガティブな人って、他人と自分を比較して、
自分の優劣を自分で決めてしまうことなんです。
そんなことしても、自分だけがそう思っているわけで、
何ら意味が無いわけです。

人生は一回きり、
人の良い部分を盗んで、自分でできそうなら、
その行動にチャレンジすれば良いだけです。
しかし、他人が簡単そうにやっている行為でも、
彼らは裏で努力しているので、真似してもそう簡単に
出来ない場合がほとんどです。そのときに、
「やっぱり駄目だ」と思うか、「絶対できるようになってやる」
と思うかの違いで、人生は大きく変わってくると思います。

まあ、私も偉そうに言っていますが、
開発途上の人間です。みなさんと一緒に他人の良い行動を
盗んで実践して行きましょう!

2019-06-07

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

気軽に問い合わせ