70歳まで働ける社会

70歳まで働ける社会

政府がいよいよ、方針を出しました。
以下出典:毎日新聞

「高齢者就労、70歳まで 政府、企業に努力義務」
政府は15日、「未来投資会議」(議長・安倍晋三首相)
を開き、働きたい高齢者に対し70歳までの雇用確保を
企業に求める具体的な方針を示した。継続雇用や他企業
へのあっせんなど七つのメニューを設けるよう努力義務
を課す。働く意欲のある高齢者を増やし、社会保障費の
伸びを抑えることが狙いだ。厚生労働相の諮問機関・労働
政策審議会の審議を経て、雇用期間を70歳まで引き上げる
ことを柱にした高年齢者雇用安定法改正案を来年の通常国会
に提出する。

これで、いよいよ、「70歳まで働ける」ではなく、
「働かなければならない」状況になってきました。
お金が沢山あれば、別に働く必要が無いでしょうが、
この政府に示唆は、とうぜん「年金の支給額がさがりますよ」
って言っているのに等しいと思います。

大手企業を60歳で定年を迎え、65歳まで我慢して
継続雇用して頑張っても、70までまだ働け!となる。

だから、おすすめは、第二創業をサラリーマンが真剣に
考えるべきなんです。若いときに遊んでばかりしていないで
勉強し、資格ととったり、起業の勉強したり、副業して
いろいろ自分のスキルを積んだり、そんな努力しておか
ないと、いざ60歳で第二創業なんてしてもうまくいく
確率は非常に低いと言えます。

こんあ時代が来るなら、自分で起業してやりたいと
思うのが、男たる(女性でもOK)ものでしょう!

そのためにはかなりの裏での努力が必要です。

2019-05-24

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

気軽に問い合わせ