課題に対して仮設を立てて検証する

課題に対して仮設を立てて検証する

会社経営をしていると、課題が次から次へと出てき
ます。

これは仕方がないことです。

その課題に対して、どう向き合うか?がとても大事で
先送りや放置しておくと、あとでとんでもない結末を
迎えることことになります。

新たな課題が出てきた場合、
まずその課題が出てくる原因は何か?を分析というか
調査を行い、それに対して「仮設」を立てて、
「最も影響力のある原因」に対する対策を立てます。

その対策を実行し、検証を行い、効果がなければ、
別の原因が主要因となるので、その原因の対策を
立てて、実行し、検証する。

明確な課題であれば一瞬で対策は打てるのですが、
そうではない課題も多くなってきています。
いわゆる「原因不明?」的な課題です。

これらは、仮説検証を繰り返すしか手はないですね。

いずれにしても、先送りしないことです。

2019-05-20

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

気軽に問い合わせ