「ブルーオーシャン戦略」書籍を読んで

「ブルーオーシャン戦略」書籍を読んで

私はブルーオーシャン戦略のことを、動画等で
よく話していましたが、この本を読んでちょっと
考え方を替えました。

私は戦略は「競争有りき」だと思いこんでいました
ので、「そうではない」という発想をこの書籍から
学びました。自社の「メリハリ」「独自性」
「訴求力の有るキャッチコピー」が大事だと。

ブルーオーシャン戦略とは
「ライバル企業打ち負かそうとするのではなく、
むしろ、買い手や自社にとっての価値を大幅に高め、
競争の無い未知の市場空間を開拓することにより、
競争を無意味化する」

ことと定義しています。

そのために、競合他社とのSWOT分析等を必死に
行うのではなく、
4つのアクション(取り除く、追加、増やす、減らす)
をマトリックスで整理し、実行に移していくことが
ブルーオーションへの道と説いています。

私なりの感想も含めて
動画にまとめています。ぜひご覧ください。

<今こそ、ブルーオーシャン戦略の発想が中小企業に必要>
https://youtu.be/KT_JjpVGzxM


2018-11-12

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

気軽に問い合わせ