日曜日の夜は、「逆サザエさん症候群」

日曜日の夜は、「逆サザエさん症候群」

私は昔、銀行員でシステムエンジニをやっている頃
大阪の堺というところの社宅に住んでいました。
毎日仕事が嫌で嫌で仕方がなかったです。
私の人生で最悪の時期だったのかもしれません。

日曜日の夜、「ちびまる子」の歌が流れると
とても「落ち込んだ」記憶があります。
明日また会社に行かなければならないという恐怖心
からだと思います。それが、いわゆる「サザエさん
症候群」だそうです。私の場合はサザエさんではなく
ちびまる子だったというだけです。
日曜日のテレビはそんな嫌な気分にさせる効果が
あるってことですね。

それが、「逆サザエさん症候群」が今起きている
そうです。

そうなんです。
「下町ロケット」なんだそうです。

「なんか勇気もらえた」
「月曜日から頑張ろうと思えた」等々

人って、外部からの前向きな刺激を受けると、
その人も前向きになれます。

中小企業経営者も同じ発想で、
ガミガミ叱ってばかりじゃ人は嫌になります。
前向きなポジティブな言葉や言動を心がければ
良い会社になると思います。

所詮、人は感情の生き物なんですからね。

2018-10-29

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

気軽に問い合わせ