人は時々「目的」を忘れるときがある

人は時々「目的」を忘れるときがある

これは私の「あるある」です。

昔々、営業開拓の一環で、よくセミナーをやりました。
FAXDMを打ったり、セミナーPR会社に掲載したり等
して、お客様を増やすという「目的」でセミナーを
打つのですが、、、

お決まりのごとく、「集客ができない」

そうなると、目的が「お客様を増やす」ではなく、
「人数●名集客すること」にいつの間にか変わり、
あちらこちらへ知り合いに電話やメールをかけまくり、
なんとか、定員ちょっと割れぐらいの人数を集客した
経験が幾度となくありました。

結果、見込み客は数名参加で、後はサクラ状態。
これで本来の目的であるお客様をGETするに至るわけが
ないです。血迷うと人間はとんでもない行動に出ます。
私のこのセミナー開催経験は、血迷っていたと言えます。
※私のセミナー経験の話です。セミナーで成功されている
方はいっぱいいますので、誤解のないように。

私は馬鹿なので、セミナー開催で何度も同じ失敗を
繰り返しました。

だから、私は今、セミナーは一切やりません。

中小企業経営でも同じことが起こります。
最初の崇高な目標・ビジョン・目的がネジ曲がり、
変な目的にすり替わっていること、無いですか?

そんなときは、冷静にじっくり考える時間を取って
ください。「今やっていることは我が社の本命なのか?」
と。

きっと、変なことをいっぱいやているはずです。
それは勇気を出して、断捨離すべきです。

2018-07-19

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

気軽に問い合わせ