コラボの威力を垣間見た

コラボの威力を垣間見た

昨日、友近(水谷千恵子)のコンサートを見に行って
来たのですが、満席でものすごい熱気でした。

年代は老若男女ですが、40歳代、50歳代が多かった
ように思います。友近のギャグもそれくらいを想定して
いるので、いわゆる「おばちゃん」にはものすごく受け
ていました。

私が凄いなと思ったのは、友近(水谷千重子)単独でも
コントやギャグもあり、楽しめるのでしょうが、
平原綾香などのそれなりの実力派のアーティストと
コラボしているので、完璧な「歌謡ライブ」であり、
そこにギャグ等の「面白さ」があり、コントライブと
歌謡ライブの両方を同時に味わえ、とてもお得感があり
ました。

ここで、凄いなと思ったのは「コラボの威力」です。

単独ライブよりも数倍、色々なアーティストの歌が聞けた
ので、顧客満足度が非常に高かったという点でしょうか?

私は「コラボ」は基本、成功しないと思い込んでいる人間
なので、あまりコラボはやりません。

しかし、中小企業が友近だとした場合、組織の顧客満足度
を高める方策として、「実力者」とのコラボもありかなと
思いました。その際に重要なことはあくまで主導権は友近
(企業側)になるということだと思います。

ビジネスでも何でも、主導権を明確にしておかなければ、
コラボしても空中分解って話になります。この手の話良く
聞きます。

コラボは基本、「主と従」の関係で上手く成立するのだと
改めて感じた次第です。

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

気軽に問い合わせ