優先順位をバシッと決められる人は成長&成功します!

優先順位をバシッと決められる人は成長&成功します!

どうも・・自分の仕事の優先順位が付けられない人
が多いように思います。

優先順位が付けられない人はどのような行動を取るか?
重要度を度外視して、緊急度が高い仕事ばかり「こなし」ます。

要するに、周りから見ていると「仕事している感」がとても
高いのです。右往左往しながらバタバタと動いていると
仕事している気分になり、それで一日が終わると、充実感で
いっぱいになり、「今日も仕事終わった!」という感じで
帰宅します。

しかし、本来今日やらなければならない「重要な仕事」は
なんら手を付けられていないのです。
これが仕事出来ない人の特性なんです。

優先順位の付け方は、動画でもご紹介しています。
一度見てください。
https://youtu.be/mjxyg4YpnfM

優先順位の付け方

1.緊急度=高い AND 重要度=高い
2.緊急度=低い AND 重要度=高い
3.緊急度=高い AND 重要度=低い
4.緊急度=低い AND 重要度=低い

上記の順番に自分の仕事リスト(To Do List)に
優先順位をつけ、当然、緊急度も重要度も高い仕事はトップ
プライオリティでやる必要があります。

問題はその次の2.です。緊急度は低いのですが、重要度が
非常に高い仕事が結構あります。この手の仕事は、着手する
ためには、それなりの覚悟と戦略性をもって対応しなければ
ならないので、最初「しんどい」仕事となります。しかし、
着手すると意外に簡単に片付く場合が多いのです。
大抵の仕事ができない人は、この2.を後回しにします。
それが時限爆弾のように後で大きなトラブルを引き起こすこと
が多いのです。だから早めの着手が必要となります。

上記、3.は自分でやらなくても部下や同僚、アウトソースする
方法を探ってください。けど、上記に記載したとおり、皆さん、
緊急度が高いということで、こればっかりやるのです。
自分でやらなくて良い仕事を必至でこなすわけです。

上記4.は仕事として存在させて良いのか、廃止しても良い仕事
ではないか?を是非検討してください。やらなくても良い仕事を
しているケースが非常に多いです。前任者からの引き継ぎで・・・
なんて仕事です。

出来るビジネスマンになってください。
出来る経営者になってください。
何かを捨てる勇気も経営者には必要な資質です。

☆===========================☆
中小企業経営に役立つ【組織活性化通信】を週1回メール
マガジンとして配信。中小企業経営に役立つ情報を欲しい
経営者様はぜひご登録願います。
→ https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=Uzgkas
☆===========================☆

アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

気軽に問い合わせ