2つの色の違うパートが10月から始まる

2つの色の違うパートが10月から始まる

平成28年10月から厚生年金保険・健康保険の加入対象拡大
にともない、現在は、週30時間以上働く方が厚生年金保険・
健康保険(社会保険)の加入の対象となるからです。
それが、平成28年10月からは従業員501人以上の企業で、
週20時間以上働く方などにも対象が広がります。
<厚生労働省のHP>
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/2810tekiyoukakudai/

従業員が500人以下の中小企業で働くパートやアルバイトの人は、
社会保険の加入義務は従来通り、週30時間となります。

同じようなパートの仕事で、務める会社が501人以上か、
そうでないかで自分の給与から社会保険が控除されるかどうか
の分かれ目となります。

これが「2つの色」と表現した理由です。

パートで働く会社の「従業員規模」の違いで、旦那の扶養で
健康保険証を発行されていた人が、自分で社会保険料を掛ける
ことになるので、世帯単位で考えると保険料負担は当然増えます。

国はこのような施策で旦那の扶養から「外させる」ことを仕掛けて
くるとなると、大手企業に務めるパートや主婦は、どんな「行動」
を取るのか、 今後注視したいと思います。
500人以下の会社でパート勤務している人は、今までどおり
旦那の扶養にはいれて、無保険で国民年金が貰えることになります。

500人以下の企業に転職する行動が見られるのか、
それとも、週20時間で社会保険に加入する道を選ぶのか?

この施策がうまくいくと、国にかなりの保険料収入が増加する
ことになります。その割に、年金額は、今は主婦の場合、国民年金
は「無保険料」で年額で約70数万円もらえるのとそれほど変わりません。
※と言っても国民年金よりも多く貰えるようになることは事実です。

数年後、この制度が中小企業に導入されるとなると、
バタバタと潰れる中小企業が増えることでしょう!

また、主婦等の働き方が「扶養の範囲」というトラウマのような
呪縛から解き放たれ、フルタイム労働者が増えてくるのか?

5年後、10年後の統計が楽しみです。

働く会社の規模で、社会保険の加入・未加入が決まるなんて
変な制度ですよね。誰も怒らないのでしょうかね。

☆===========================☆
中小企業経営に役立つ【組織活性化通信】を週1回メール
マガジンとして配信。中小企業経営に役立つ情報を欲しい
経営者様はぜひご登録願います。
→ https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=Uzgkas
☆===========================☆

アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

気軽に問い合わせ