人は走り続けることは難しい

人は走り続けることは難しい

人間、どこかで休息が必要です。
私は約1年半前に「人工関節置換手術」を受けました。
入院5日、退院後リハビリで1週間でした。

それまで起業して走り続けて来ました。

といっても、それほど365日、24時間戦っていた風
の人間ではないのですが、仕事を実質一週間空けたこと
がなくとても不安でしたが、それは全くの杞憂でした。

経営者は「俺がいないと会社が回らない」とか
「私がいないと会社の段取りが進まない」とか
いろいろいいますが、確かにその部分もあります。

その部分とは何でしょうか?

財務だったり、VIPな顧客の対応だったり、難しい顧客の
対応だったり、します。しかし、話せばみんな人間なんで
2週間や3週間は待ってくれるだろうし、

買掛の振り込み等は社員に電話で連絡してやり方を伝授
すれば出来ます。それは信頼関係ができているから成せる
のです。

そんなこんなで経営者は走る続けることをやめて、
たまに「休息」を取ることをおすすめします。
会社を経営者が1週間あけるとどうなるか?

社員の成長が見られるし、人に助けられている自分を認識
することが出来ます。この感覚は身体が健康なときには
分からないと思います。

入院等、寝込んで自分が身動きできなくなった時に、
初めて気づく感覚です。

そして、入院等で休息することで、
次なる目標や夢が見えてきます。
休息が終われば、その夢等に向かって、また走り続ければ
良いのです。

人間、充電期間は神様からの贈り物です。

☆===========================☆

中小企業経営に役立つ【組織活性化通信】を週1回メール
マガジンとして配信。中小企業経営に役立つ情報を欲しい
経営者様はぜひご登録願います。
→ https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=Uzgkas

☆===========================☆

アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

気軽に問い合わせ