九転び十起き

九転び十起き

NHKの朝ドラ「朝が来た」にはまっています。
私はこの手の苦労して道を開き、成功した人の
ストーリーがとても好きで、好んで見ています。

七転び八起きという言葉がありますが、
広岡浅子さんは「九転び十起き」なんですね。

その意味、あまり気にしていなかったのですが、
その意味が以下の言葉でわかる気がします。

広岡浅子さんの言葉
「九度転んでも十度起き上がれば、前の九度の転倒は
消滅して、最後の勝利を得るものである。斯くの如く、
転んで起き上がって歩くのでなければ、本当にしっかり
した歩みではない。そしてすべての迫害四囲の習慣、
失敗など、これらの万難を排して得た月桂冠は、
真の光輝ある勝利者の頭上にのみかざされるのである。」

七転び八起きよりも、もっともっと苦労して
努力して、その逆境を跳ねのけて頑張った人
のみ、最終成功者に成れるということですかね。

大正昭和の創業経営者で、今も名だたる企業を
この世に残している人は、みんな「九転十起」
なんだと痛感している。

私自身、自分の置かれた境遇の不平不満を言ったり、
他人のせいにしたり、国政のせいにしたり、
しているときがありますが、九転十起するほどの
努力もしていないし、甘ちゃんの自分がいます。

今がある意味、ターニングポイントなのです。
またこれから学び直し、人生が面白くなるように
色々打って出ていきます!

最後までへこたれずにチャレンジし、継続して
やり抜いた者だけが勝者となるのですね。

☆===========================☆
中小企業経営に役立つ【組織活性化通信】を週1回メール
マガジンとして配信。中小企業経営に役立つ情報を欲しい経営者様
はぜひご登録願います。
→ https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=Uzgkas
☆===========================☆

アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

気軽に問い合わせ