比べるのは他人ではなく過去の自分

比べるのは他人ではなく過去の自分

人間は弱い。

だから、すぐ「他人の動き」がとても気になります。
他人が楽しそうにしていると、自分もそうしたくなるものです。
しかし、これでは何も成長しません。
他の人が楽しそうに見えるのは、あなたが「そう見えている」
だけで、当の本人は結構、「しんどい」「辛い」思いをして
演じているかもしれません。
私も弱い人間ですから、他経営者や同業他社の動向は
とても気になります。気になるだけなら良いのですが、
もっとメンタルが弱くなると、そのまま「真似しよう」
として、失敗するのです。
私は過去の15年間独立開業人生で、何度も失敗しました。
最終結論は、ちゃんと自分を持ち、自分で戦略を練り、
自分が判断した行動を粛々と実行していくことが、
最もメンタルが安定し、自分と会社が強くなっていくことを
確信したのです。
全て自己責任の法則があり、他人の真似していると、
「他者責任」にすり替えて、自分は悪く無いと思い込みます。
自分流を見つけて、それを継続し続けることは、とても
大変だし、困難です。他人と自分を比較しても何も果実は
生まれず、それよりも、昨日の自分と今日の自分を比べて、
「成長したのか」「努力を怠っていないか?」を検証しながら
生きていく方が有意義だと思う今日この頃です。
☆==========================☆
中小企業経営に役立つ【組織活性化通信】を週1回メール
マガジンとして配信。中小企業経営に役立つ情報を欲しい
経営者様はぜひご登録願います。
☆==========================☆
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/
気軽に問い合わせ