【意思の疎通の難しさ】

【意思の疎通の難しさ】

意思の疎通は 難しいですね。
特に落とし所のイメージを共有できていない場合は
意思の疎通が上手くいかず、考えが食い違うケースが出てきます。

そんな場合は、ゴールイメージをまず共有してから
議論を開始して下さい。

例えば、仕事を依頼する場合は、
「依頼する仕事のこと内容と完成度(品質)と納期について」
共有して下さい。その際に必ず伝えないといけないことは
「何故、今この仕事を依頼するのかという理由」を相手に
伝て下さい。
そうしないと、とんでもない成果物が出来上がって来る可能性があります。

私は過去にこれで大失敗をしました。

また、ゴールイメージを共有する議論をする場合は、
意見をかぶせて建設的にゴールイメージを明確にして下さい。 
最も排除しなければならないことは、「相手を否定するコメント」です。
これをやっていると議論は平行線となり、話がまとまりません。

結局、意思の疎通は、具体的ね数値や事例を用いて、
相手にわかりやすく伝える工夫をしなければ、
コミュニケーションがかみ合わず、結果、意思の疎通が
出来ず、色々なトラブルが 勃発し、組織内部の情報伝達が
上手くいかなくなり、会社が壊れていくのです。

真実ですので、経営者は心して経営に当たって下さい。

アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせはお気軽に http://www.re-p.co.jp/contact/

気軽に問い合わせ