損切の精神(再起を狙う気持ち)

損切の精神(再起を狙う気持ち)

私の個人的な思いですが、
物事には、何とかなる場合とならない場合が
あると思っています。

今回のコロナ禍は、飲食業等の店舗での経営を
行っている事業者に対して、「何ともならない」
と思っています。

・先が見えない
・もとに復活するかどうかもわからない
(私は戻っていいとこ70%と思っています)

こんな時に、やっぱり一旦縮小もしくは撤退
すべきだと思っています。社員のこと、賃料
解約のこと、色々課題はあるでしょうが、
今損切して、生き延びることを考えることです。

東京都含めて飲食等への自粛要請が始まりました。
このまま、感染者が増え続ければ、自粛せずとも
消費者は「恐怖心」で街に出かけなくなります。
外での飲食等を行わなくなります。

どれだけ経営規模を縮小しても、経営のイズム
という火種を絶やさなければ、再起はできます。
復活はできます。

株でも、事業でも、なんでもそうですが、危険
を察知する予知能力と察知たらすぐ損切りする
勇気と決断力が中小企業に求められています。

大手はなんやかんやで、どんどん縮小の意思
決定をしています。

今回ばかりは
「もうすぐよくなる」「止まない雨は無い」
的な希望的観測で営業していると、それこそ
会社ごと閉鎖の危機に来るのではないかと
心底思っています。

そうなると、火種は消えてしまいます。
再起もとても難しくなります。

2020-07-30

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

ビジネスの土俵は「こちら」か「あちら」か

ビジネスの土俵は「こちら」か「あちら」か

ビジネスの土俵は、当然、自分の得意な土俵の
方がうまくいきます。慣れているし、実績もあり
ます。しかし、それでは進歩がない気がします。

時代の転換期(今のコロナ禍時代)には、
思い切った事業転換も必要となります。

相手の土俵に飛び込み、
時間の経過かとともに、「相手の土俵」を自分の
得意な土俵に取り込んでいくことで、
やがて、苦手だった土俵を得意な土俵に変えていく
ことが可能と考えます。

その過程は苦労や失敗が多々あるでしょうが、
新しい分野に果敢にチャレンジすることで、
何か新しいものが生まれることはワクワクしますね。

自分の領域で凝り固まっていることも戦略なら、
相手の土俵に飛び込んで、全く新しいスキルや
ノウハウを得ることも戦略だと思います。

どうするかは、経営者の意思決定次第です。

2020-07-28

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

政府は企業に在宅7割要請出ましたね。

政府は企業に在宅7割要請出ましたね。

コロナ感染が急拡大しています。
在宅率を70%に上げろ!ってことです。
今、通勤電車でも人が多くなっています。
在宅にしたいのですが、通信環境の悪さ、
紙文化が残っているので出勤必須、現場
があるので出社した方が効率が良い等、
色々理由があるでしょうが、
テレワークが可能な業種業態は、テレワーク
を定着させる努力が必要かと。

そうしないと、紙文化もなくならないし、
ソフト等のクラウド化も進展しません。
政府も「緊急事態宣言」出したくて仕方
ないのでしょうが、そうすると経済が一瞬
でダメになるのが目に見えているので、
出せない。

国任せじゃダメです。企業はもっと自己防衛
して、「社員がどこにいても業務を回せる
ような社内体制」を早期に構築すべきだと
個人的には思います。

2020-07-27

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

テレワークまっしぐら

弊社はテレワークまっしぐら

弊社の話です。
もともと、子育て中の主婦を戦力として
成り立っている弊社。
コロナ禍が追い風となり、在宅勤務を常態化
することができ、それでも業務を回せるという
自信がついた良い機会でした。

昨年まで、とても恐れていた夏休み。
理由は子供が学校に行かないから、主婦が
出社できない状況が多々あったのですが、
今はテレワーク環境を構築しているので、
「朝だけ勤務」とか「月木だけ勤務」とか
融通が利かせられます。

人も会社も、「やればできる」のですが、
強制力が働かないと「やらない」から、何も
進歩しないのだと痛感しました。

テレワークに限らず、「頭の中で無理」って
思うことを、根性出して強制的にやってみる
ことで、世界は変わる可能性があります。

チャレンジ!チャレンジ!

2020-07-22

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

社会は進化しているのに、会社が旧態依然じゃダメですよね

社会は進化しているのに、会社が旧態依然じゃダメですよね

新型コロナにより、社会は否応なしに進化しています。
能動的進化ではなく、強制的もしくは脅迫的に進化
させられています。

その社会変化に後れを取った企業が、悲しいですが
淘汰させられてしまいます。家の近所の人気焼き肉店
が6月末で閉店していました。とてもビックリしたの
ですが、おそらく「勇気ある撤退」をし、再起をじっと
狙っているのだと思います。

会社が「変わる」ことが大事です。
それには会社を動かく経営者の思考が変わらなければ
ずっと旧態依然のままで、何ら進歩が無いです。

経営者の意識や思考を変えるには、ちょっと時間が
かかります。過去の成功体験(良い時の時代の戻るという
幻想を夢見ている人が多い)が邪魔をするからです。

会社が存続していれば「戦い」はできます。
会社を存続させるには、社会に合わせて会社を変貌させ
ていくか、一旦撤退して後ろに下がってじっくり戦略を
練り直すかです。

資金が底を尽きそうな会社は撤退か縮小だと、
私個人的には思います。

2020-07-21

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

最後は「コミュニケーション」をしっかりした人が成功する

最後は「コミュニケーション」をしっかりした人が成功する

社員20人前後の中小企業の話です。
経営は社員ととても近い位置に、まだいます。
しかし、何かトラブルが勃発すると、
以下の経営者の行動で明暗が分かれます。

①経営者自身が現場に赴き、トラブルの現状を
把握し、当事者からきちんとヒヤリングし、
対応方法を指示した場合
②経営者が部下に権限移譲と勘違いし丸投げし、
その場を対処させた場合

結果は明白です。
取締役も社員も「人の子」です。自分が可愛いです。
結局、指示された取締役は「ひとごと」なので、
自分の立場(威厳)を守るための行動をします。
結果、社員の意見が「ねじ曲がった」形で経営者に
届くことになり、顛末はアンフェアな形で終わります。

その結果、「あとになって」色々なトラブルが勃発し、
会社組織が危うくなるのです。

重大なトラブルは経営者は絶対、人任せにせずに、
自分で「三現主義」を貫いてほしいものです。
三現主義=「現場」「現物」「現實」です。
その際に、しっかり当事者からコミュニケーションを
とることです。これをやれれば、組織は変になること
はほぼ無いと思います。

2020-07-20

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

運も実力のうちって言いますよね。

運も実力のうちって言いますよね。

「お前運いいな!」って他人を羨んだ経験、
誰でもあると思います。

しかし、「運」をつかむ人って、そうそういない
と思いませんか?運を掴んで成功している人って、
必ずこう言います。

「常にアンテナをはってチャンスが来るのを待つ」

私もそう思います。
運を掴む人って、勉強し、努力し、調査し、継続し、
色々な情報を総合的に分析し、妄想し、「今からで
も開始できる準備」をしているから、その人の前
を通り過ぎる一瞬のチャンスを誰よりも早くつかん
で、実行に移すことができる人なんだと。

人の成功を羨んでいる人って、自分はそれ相応の
努力をしていると思ていますが、運を掴んだ人に
比べれば、雲泥の差があるってことです。

成功したければ、寝る間を惜しんで勉強や情報収集
を行い、いつでもダッシュできる準備をしておく
ことです。

運を掴める人は、準備を100%行っているので、
それは「実力」なんです。

2020-07-16

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

価値観は人によって異なるよね。

価値観は人によって異なるよね。

私は人と話をすると、
すぐ「自分の価値観を他人に押し付けよう
とする」若いころは交流会等に出て人脈拡大
に勤しんでいましたが、今は全くやりません。

この悪い癖が出てしまうからです。
「なんで○○しないの?」
「そうじゃなくて、こうでしょう!」
なんて相手に自分の価値観を押し付け、相手を
嫌な気分にさせてしまうからです。

私は極力、人と会わないのはそんな理由も
あります。

価値観って、その人のモノの見方、考え方なので、
人がああだ!こうだ!言えるものではないです。

ただし、組織となると話は別です。
同じ価値観、方向性の人の集団を作って
いかなければ、強固な組織はできません。
最低でも、経営方針について、経営者のビジョンや
理念に「共鳴」できる価値観の持ち主でないと
その組織には不要な人となります。

何だかんだと言って、心の奥底で、経営者の
経営方針を共有出来てる幹部がいる組織は強いです。

2020-07-15

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

何でもスピードが生命線

何でもスピードが生命線

コロナで厳しい状況の企業、反対に忙しい企業、
色々だと思います。人の移動が起こらない今回
の危機を脱するためには、スピードが命です。

最もダメのことは「停滞」することです。
Withコロナの時代に、停滞しても何も課題は
解決しません。状況は良くならないです。

一旦、撤退でも良い。策をもって前に突き進む
でも良い。withコロナ時代のちょっと先をにら
んで、何か新しいこと「仕込み」、仕掛けていく
しか生き残る方法はないと思います。

その意思決定は、スピードが命なんです。
競合他社の様子をうかがいながら、静観していては
じり貧となり、やがて企業の体力がなくなること
でしょう!

この時代、だれも未来は予測できません。
だから、色々なアイデアを複数チャレンジし、
失敗しその中らから一つ、成功するものが生まれ
ます。チャレンジを怖がり、「停滞」し、何も
しない会社は、この先厳しいと思います。

2020-07-14

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

GOTOキャンペーン、マジでやばいかも

GOTOキャンペーン、マジでやばいかも

7/22からGOTOキャンペーンがスタートする
ようですが、これマジで花とミツバチの関係に
なるような気がする。国は「旅行業界」「宿泊業」
「運輸業」を助ける目的なんだろうけど、ちょっと
このコロナ感染者急増時期に「旅行しよう!」って
のもまずいよね。誰が考えてもまずいよね。

ミツバチは花から花へ飛びまわり受粉させていく。
人間界は、「旅行が半額で行ける」という理由
で人があちこちに移動しはじめ、感染者を日本全国
にまき散らすことになるでしょうね。

子供でもわかるのに、なぜSTOPさせないのか?
国も企業も「撤退戦略」を恥だとか、カッコ悪いとか、
一度言ってしまったものは「撤回できない」等々の
体裁ばかり気にして生きていますよね。

撤退は「敗北」じゃない。再起をうかがうための
「充電」なんです。そこを理解すれば、飲食業等の
コロナで影響を受けている企業も、もっと素早くに
撤退できたはずなのですが、、、、

2020-07-13

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

見栄っ張りな経営者は、WITHコロナは耐えられない?

見栄っ張りな経営者は、WITHコロナは耐えられない?

中小企業経営者にも、見栄っ張りな方がいます。
こだわりポイントは「お金持ちに見える」ですかね?
「本社を豪華にしている」
「服装も高いブランド」
「高級車乗り回す」
「高級レストランで食事」

取引先やパートナー企業は、そんなものを見ていません。
経営者の考え、ビジョン、経営ポリシー、人格、熱意等に
魅力を感じるのであって、外見では無いはず。

過去、上記のように見栄をはった経営者が、堕ちていく
のを何人も見ました。(いったん、ぜいたくな生活を始
めると、低いレベルに戻れないようです。)

Withコロナ時代は、「小さなぼろ本社」で良いのです。
富士通のように全社員リモートワークにすれば、本社には
ほぼ人が座るスペースはいらないし、無駄に広い会議室も
いりません。

しかし、見栄っ張りの経営者は、この「縮小」「撤退」が
なかなかできないのです。見栄っ張りだから。
「落ちぶれたな!」って周りに思われるのが耐えられない
のでしょうね。(実際はそんなことないのですが)

withコロナ時代、いかに固定費を下げて、優秀な人材に
投資し、少数精鋭で事業運営ができるかが肝です。
ハード的な見栄えなんてどうでもよくなるはずです。

2020-07-09

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

当たり前を捨て「ありがたい!」と思うことの初心感

当たり前を捨て「ありがたい!」と思うことの初心感

人は「のど元過ぎれば」で、調子が良くなってくると
昔助けてくれた人や恩人に塩対応をするようになります。
我々の仕事も同じです。労務トラブルで大変な時に
ほとんど無償で対応したのに、2年くらいして
「先生!何もしていないですよね」的なコメントで
コスパが合わないのでしょうね。平気で契約解除して
くる経営者がいます。労務トラブルで最初ご支援した
企業にこの傾向が強いですね。
(やばい!愚痴ってしまった)

いかんいかん。話を戻しますが、
飲食業を中心に、お客様が「来店」するのが当たり前
の世界だったのが、今コロナでその当たり前が崩れて
います。お客様が来ない。来店しない。
そんな時に、一組でもお客様が来ていただけると、
とてもうれしく「感謝!の気持ち」をサービスや料理
にのせて提供するはずです。

オリエンタルランドが言っている「毎回初演」という
気持ちを今こそ、サービス業が持って、来ていただけ
る人に最高のサービスや品質、付加価値を「毎回初演」
の気持ちで全スタッフが実践していけば、まならず
口コミで広がり人気店になると思います。

気持ちってスタッフからお客さんへ伝播するものです。
「ありがとう」「感謝」「初心」「また来てね」的な
感情が人を動かし、お客様を動かします。

内装やテクニック、規模感ではない。

「お客様が来るのが当たり前」の常識を捨て去ること
から経営はスタートするのだと思います。既存のFAN
の顧客を大切にし、そのFANを増やす活動が商売の
原点ではないだろうか!B2B,B2Cにかかわらず。

2020-07-08

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

事務所トイレ1週間ぶりに復活から得る教訓

事務所トイレ1週間ぶりに復活から得る教訓

弊社のトイレ、先週の月曜日に水が流れなくなり
使用不可になりました。管理会社へ連絡し、
月曜日にAという業者が対応。夜の23時まで
やったが復旧せず。火曜日はその業者、都合が
つかないらしく、事務所のトイレは火曜日使用不可。
Aという業者が水曜日に朝から夕方までやるが、
復旧せず、残念して帰っていった。トイレいまだに
使用不可。管理会社に激怒の電話。
ビルを管理する業者Bに依頼。木曜日は都合がつか
ないとのことで、金曜日10時に来社。1時間で
トイレは復旧した。

業者Aの2日間は「何だったのか?」と思う。

ここでの教訓は、「良い業者に依頼しないとダメだ」
ってことです。

給与計算でも経理代行でも、そのほかのアウトソース
事業でも、物事の本質を理解していて、どこをどう
対処すれば良いか熟知している業者を選定しないと、
今回のわが社のような悲惨な結果になります。

業務委託業者は「安い」とか「早い」だけで選定すると
結果、時間とコストを多く払う結果になります。
今回管理会社に対して、あきらかに業者選定ミスなので、
強く言っていくつもりです。

ほんと、ダメ業者に委託すると、すべてが悪い回転に
なってしまい、歯車が合わなくなる良い教訓でした。

2020-07-06

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

今日からディズニーリゾート再開

今日からディズニーリゾート再開

私の通勤環境がこれで元通りになった感じです。
東京ディズニーリゾートが再開されると、舞浜駅
に人がたくさん押し寄せ、元の賑わいが戻ります。
まあ、アミューズメント系もふくめてほぼすべての
事業が再開されたことになります。
しかし、今日、7/1から再開なんですが、
舞浜駅、ほとんど人がいませんでした。
やはり、コロナ警戒感が強いのか、地方から来る
人たちが敬遠しているのか?
東京都の感染者数、50人以上のままですから。

オリエンタルランド、大丈夫かな?
少し心配になる地元民です。

国や東京都はもうこれ以上、経済活動を停滞させる
ことができないはずです。感染者がどれだけ増えても、
このまま突っ走ると思います。ワクチンの治験が
始まったり、医療機関の体制が整備されたり、
また、国民がとても神経質(注意深く)なっている
ので、第二波、第三波が来ても、第一波のような
心理的恐怖心や不安感はそれほどなくなっていると
思われます。

いかにコロナとうまく付き合いながら事業や生活
を普段どり維持していくか、ですね。

会社内や店舗からクラスターを発生させたら、
事業停止必至ですので、リモートワークは外せない
勤務体系かと思います。

2020-07-01

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る