人の真似「だけ」ではだめだが、最初は真似から始まる

人の真似「だけ」ではだめだが、最初は真似から始まる

コロナで打撃を受けている会社は多い。
そんなときに「新規事業」「新しい取り組み」が必要
になってきます。最初から創造性豊かなオリジナリティ
あふれる事業を展開できれば良いのですが、
そんなすごい経営者はめったにいません。

最初は競合他社の真似で良いのです。
それでも自社としては、新しい事業にチャレンジして
いるのですから、まずは事業を転がすことからスタート
です。

そして、時間の経過とともに、お客様のニーズや
要望を取り入れつつ、自社風のアレンジを加味して
特徴づけしていけば良いと思います。

がむしゃらに何かを実践し続けていると、
何かの結果、評価が得られます。
最初は人の真似事からスタートすればよいのです。

重要な視点は、お客様にどうすれば喜ばれるか?
ってことだと思います。

2020-05-28

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

テレワーク中の社員の明暗

テレワーク中の社員の明暗

テレワークは自由で良い。
「通勤不要」
「上司と直接顔を合わせなくて済む」
「ちょっとした休憩自由」
「ぼーっとしていても誰も見られていない」
「服装や化粧等の身だしなみ不要」

良いことだらけですよね。
テレワーク社員にとって・・・

しかし、現実はそう甘くないと思ってください。
会社にすべて見られていますよ。あなたの行動。
会社は、結果しか見えないですが、、

だから、シビアなんです。
自分でスキルを高め、仕事にデッドラインを
決めて追い込める人でないと、
テレワークは向かないでしょうね。

この2か月、テレワークで、結構仕事さぼった
人は、必死で挽回しないと、結構やばい結末
(リストラや降格、降給など)が待っている
かもしれません。大袈裟じゃなく。

テレワーク勤務って、
結果でしか判断する指標が無い世界です。
そこを理解して、テレワークしてくださいね。

2020-05-26

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

仕事が自分を成長させるという意識

仕事が自分を成長させるという意識

仕事は、「生活のため」「生きるため」
仕事は、「暇つぶしのため」「空いた時間を埋める」
仕事は、「時間でいわれたことをやるだけ」

こんな考えで仕事をしている人がいたとしたら、
おそらく近い将来、リストラや契約解除されること
でしょう!

会社は、経営者のビジョンや経営理念をベースに
事業を推進しています。その理念やビジョン等に
共鳴して、少しでも「貢献したい」「役立ちたい」
という思いで、自分のスキルを磨き、その磨き上
げたスキルで、仕事をこなす人材でないと、
コロナ後の少数精鋭の組織体から、はじき出されて
しまうことでしょう!

コロナ後の組織体は、緩やかなネットワーク化に
進むことでしょう!人間関係が希薄になり、
より実力のある人しか生き残れない社会となる。
受け身の人材は淘汰され、自律型・能動型の人材
が重宝されていく時代に突入すると思います。

受け身の人でも、自分を変えることはできる。
それは自分で「変わる」って決意することです。

仕事を通じて、自分のスキルを高め、その結果、
会社の生産性や効率化に貢献できることって
素晴らしいと思いませんかね。
それが本人を成長させていくのだと思います。

2020-05-25

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

シナリオは最悪を想定

シナリオは最悪を想定

経営者にとって、Withコロナで最も大事な
ことは、私は「最悪シナリオ」と「勇気ある撤退」
だと思っています。

「頑張ろう」
「もう少しで回復する」
「また昔みたいに景気が戻る」
「来年オリンピックで日本復活だ!」等々は
最悪のシナリオ設定ではありません。

シナリオは大きく、「最高」「普通」「最悪」
の3つがあり、上記は「普通」シナリオです。
今の時点で「最高」シナリオを考えている経営者
はいないと思いますので、それでは会社の未来は
日本政府や助成金・支援金・補助金頼みになります。

今時点で、色々な情報を集めて未来社会を予見し、
「最悪シナリオ」を設定し、それでも会社に利益が
残せるのならGO!です。しかし、毎月赤字垂れ流す
シナリオなら、即「撤退」ではないでしょうか?

私が言う「撤退」は、「いったん敵陣から自陣へ
戻る。時間をかけて再起をはかる」って意味です。
自分がやっていた事業を未来永劫すべて捨て去る
必要は無いです。しかし、家賃や人件費で経営が
立ち行かない場合は、「いったん撤退し、再起の
チャンスを狙う」ことも戦略の一つだと思います。

協力金、補助金、給付金、融資、家賃補助等の
施策は期限があります。最長でも6か月程度。
それを踏まえて、「最悪のシナリオ」で自社の
事業の再構築の可能性を探ってみてください。

偉そうな物言いで失礼しました。

2020-05-22

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

時代の先を読む力が中小企業経営者に問われる

時代の先を読む力が中小企業経営者に問われる

私も含めて、経営者は半歩先を予測しながら
今を意思決定していかなければなりません。
半歩先って、1年か2年先のことだと思います。

あらゆることが、「コロナ前」に戻らないと
もって、事業戦略を立てることが賢明かと。
もしかしたら戻るかもしれません。それは誰にも
わからないことですから、それも踏まえて自社の
事業領域(生存領域=ドメイン)を決めていく
ことが大事です。

先を読んで、外れるかもしれません。当たるかも
しれません。リスクを取って事業の方向性を決め
て行かなければ、従来のやり方ではじり貧になる
可能性がとても高いです。

今こそ、中小企業経営者に「妄想力」が試されて
います。「人」が移動しない社会がもう来ている
ってことです。これは昔のように100%戻らな
いと私は思います。

「人が移動しない社会」で御社がどんなサービス
や商品を開発しますか?しかも、大手が真似でき
ない参入障壁を仕込んで。

これが今経営者が妄想しなければならない半歩先
の事案だと思います。

2020-05-20

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

負の連鎖はいとも簡単

負の連鎖はいとも簡単

マイナス(負)の連鎖はとても簡単です。
例えば、誰か一人がため息をつく。
ずっと、ため息をついていると、その周りに
いる人も憂鬱な気持ちになり、やがて・・・
周りの人もため息をつき始める。
こうなると収拾がつかなくなります。
負の連鎖はとても簡単なんです。

この負の連鎖を止められるのは、圧倒的な
パワーを持った「ポジティブな気持ち」です。

ため息野郎にも、
コロナウイルス野郎にも、
皆さんの前向きな気持ちが打ち勝つのだと思います。
これから緊急事態宣言が解除されて、飲食業も通常
営業に戻ることでしょう!
その時に、徹底した衛生管理している飲食店に対して
は消費者もポジティブに貢献というか、飲食しに
出かけようではありませんか!

外食したら感染するわけではないです。
外に出かけたら感染するわけではないです。
徹底した予防、防御を怠らなければ良いだけの話だ
と私は思います。

負の連鎖は簡単です。それをまわりの皆さんで止めて
あげましょう。

STOP THE 負の連鎖!

2020-05-19

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

会社が緩やかなネットワーク化していく

会社が緩やかなネットワーク化していく

会社と社員の関係性がどんどん変化していく。
文字と動画だけで信頼関係をつなぎとめ、
業務をこなす形に中小企業も含めてどんどん
移行していくことでしょう!

会社と社員の関係性がランク付けされ、
言葉悪いですが、会社から見て、「どうでもよい人」
は業務委託等の契約形態に移行していき、
外部から優秀なスキルのある人を臨機応変に調達する
社会がそこまで来ています。

ぼーーとしていて、「社員だから安泰」と思って
いると、スキルややる気、成果が出せない人は、
一瞬で職を失うかもしれません。

それくらいリモートワークは「成果主義」がはっきり
として、また結果がはっきりとわかるので、
「一生懸命やっています」が通用しません。

それをサラリーマン、OLの方は肝に銘ずるべきです。
今自分のスキルを上げないと、やばいです。

2020-05-18

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

「みなし失業」制度が本格的協議へ

「みなし失業」制度が本格的協議へ

5/14の日経新聞に大きく掲載されていました。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO59055060T10C20A5EA1000/

従業員を休ませている企業に月額賃金の80%を給付する英国の
制度を参考とし、休業者本人の直近の平均賃金の8割程度を給付
する方針。(おそらく過去3か月の平均)
休業者は企業から休業証明を受け取り、自らオンラインなどで
ハローワークに申請する

雇用調整助成金は中小企業経営者に負荷をかけすぎます。
本来は、休業した社員は時間があるので、上記ののうな本人が
インターネットで申請する方式が良いです。
雇用調整助成金の呪縛から解放される経営者は、本来のこの
危機的事態に対して、同経営を立て直すのかを真剣に考える
余裕が生まれます。

メリット

会社・・・社員を休業させるだけOK。キャッシュの先出しが
なくなるので、資金繰りに余裕ができる。

社員・・・解雇されなくて済む、かつ、みなしで失業補償が
ほぼ8割支給されるので、生活が安定するし、不安の払しょく
につながる

社労士や税理士の支援者・・・本来の企業再建に対して
プロとしてのコンサルを行う余裕ができる。

注意点として、
記事では「雇用調整助成金を申請していない中小企業」
とあります。

一回でも休業補償し、雇用調整助成金を申請した企業は、
「対象外」なんて馬鹿なことを言わないことだけを祈ります。

2020-05-14

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

With コロナの生活

With コロナの生活

コロナウイするはインフルエンザのように、毎年必ず
やってくると思います。だから、感染者数が0になる
ことは無いと思いながら生活することが大事です。

ワクチン等が開発されつつあり、そうなれば、新型
コロナウイルスはインフルエンザと同等な扱いに
なってくると思います。手洗い等は当然徹底させて、
共存しながら通常の生活に早く戻さないと、
個人事業主や中小企業を含めて、大手企業も巻き込ん
だ、大倒産時代が迫ってきています。

出口があるという未来に希望が持てれば、人はが頑張
れます。反対に希望が持てなければ事業閉鎖を決定
して行くことでしょう!

今検討し始めている
(1)家賃減額施策
(2)みなし失業
を早期に実施してほしいものです。
そうすることで、企業経営者は収入が無い中で、
支出を極力少なく抑えることができるので、未来に希望
が持てるのだと思います。

上記施策は、最も早くやらなければならなかった最重要
施策だと思います。雇用調整助成金に頼りすぎた国や政府
の意思決定に見誤りと言えます。この判断ミスはとても
大きいと私は思います。とにかく失業者を増やしたくな
いなら、すぐにでも「みなし失業」制度を施行すべきです。

2020-05-11

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

経営者は想像力と創造力の2つの能力が必要

経営者は想像力と創造力の2つの能力が必要

おそらく、20対80の原則が働き、
10人いたら8人はルールやマニュアル、規則
手順等を求めます。
ルールが無いと、一切仕事ができない人達です。

それでも10人の内、2人は仕事を創造することが
出来る人がいます。この人たちは
「時代に合わせてルールを変えていくことができる人」
なんです。

今新型コロナで全産業の経営者が痛手を受けています。
そこで、1年後、ものすごい成長を遂げているか、
はたまた、倒産もしくは廃業しているかの違いは、
この「時代に合わせて自社のやり方等をポジティブ
に捉えて変革している会社」だと思います。

今、リストラ等必要でしょう!
しかし、そのことばかりに意識を集中してしまうと、
1年後の未来の御社は無いです。
未来を見据えた撤退かつ未来ビジネスへの投資が
必要な良い時期だと思います。

嘆いていても始まりません、ドライに人を絞り、店舗を
絞り、「近未来」の日本で、お客様がどこのいるのかを
真剣に妄想し、御社が対応していくべき道を創造力と
想像力の2つを駆使して開拓していってほしいです。

偉そうな物言いですんません。
しかし、真剣にそう思います。

2020-05-01

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る