3/26発表 雇用調整助成金の特例拡大措置

3/26発表 雇用調整助成金の特例拡大措置

======================
新型コロナウイルス感染症にかかる
雇用調整助成金の特例措置の拡大
======================

南本です。対前年比5%以上売上高が減少した企業様
ぜひ、お役立てください。

詳細は添付します。
============================
【助成内容 】
経済上の理由により、事業活動の縮小を余儀なくされた事業主が、
雇用の維持を図るための休業手当に要した費用を助成する制度
休業手当=平均賃金の60%以上を会社が支給した場合に
国が一定割合を助成する制度
※平均賃金=過去3か月分の賃金総額を3か月暦日で割った金額
※賃金には基本給、歩合給、家族手当、通勤手当(通勤定期券代)、
年次有給休暇の賃金、割増賃金、昼食料補助等すべてを含む
【主な要件】
・緊急対応期間4/1-6/30
・売上減少要件→1か月5%以上低下
・雇用保険未加入者も対象
・支給率2/3→4/5
解雇なしの場合→9/10
・上限日額 8,335円
===========================

2020-03-30

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

企業の内部留保が潤沢か、薄いかで明暗を分けそう

企業の内部留保が潤沢か、薄いかで明暗を分けそう

企業は今回のコロナウイルスのような
予期せぬ事態に備えて、内部留保を充実
しておかなければ、健全な経営ができな
くなります。

経営者の経営方針の差が、企業の内部留保が
多いか、少ないかではっきり分かれます。

確かに、今は借入が結構融通が利く局面ですが
コロナウイルス騒ぎが収束した後、残るのは
返済が必要な「借金」だけです。

内部留保が手厚い企業は、何とか借入金を
入れずに経営を維持できたとします。

スタートダッシュ時期は同じでも、
企業が得られるキャッシュフローは雲泥の差が
出ることでしょう。借り入れた会社は返済資金
の確保で四苦八苦し、経営が立ちいかなくなる
企業がたくさん出てくるはずです。

今こそ、中小企業経営者は内部留保を手厚く
していく経営に転換していきましょう。
ちょっと利益が出たから「中古のベンツ」等
無駄な経費処理し、節税に勤しんでいては、
内部留保は増えません。

内部留保を増やすためには、当たり前ですが、
税金を払う必要があります。
それが公器としての法人の務めだと思います。

2020-03-27

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

長期戦を覚悟

長期戦を覚悟

中小企業にとって、コロナウイルスと東京オリンピック
の1年延期は、ダブルパンチの業界が多い。
旅行関係、宿泊関係、インバウンド関係、イベント関係
など、影響が大きいと思われます。
飲食や店舗ビジネスはコロナが収束すれば、売上も
戻るでしょうが、その「時期」が全く分からない。
下手すら1年、2年かかるかもしれません。

(1)資金調達(借りられるだけ借りる)
(2)自社のビジネスモデルの転換
(これが難しいのですが、逆転の発想で自社の
儲かるビジネスモデルに転換させていくこと
と社内の仕事の業務フローをすべて見直す)
(3)社員教育
(誰でも同じ仕事をこなせる多能工化を促進)

外見からは同じ会社なのですが、中身(人材の質や
社内の仕組み)を長期間にわたり、徐々に変革させる
やり方を実践するしかないかなと思っています。

ドラマの「テセウスの船戦略」と名付けました。
※意味が違うかも(笑い)

2020-03-26

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

出会いと別れ、別れと出会い

出会いと別れ、別れと出会い

毎年、この時期にこのフレーズを書いています。
普通発想:「出会いがあり、別れがある」
逆転発想:「別れがあり、新たな出会いがある」

昨日、約1年半、ビジネスでお世話になった方と
お別れしました。昨晩、お酒を飲んで楽しく語らい
ました。

普通の感情からすると、別れはとても悲しいこと
なのですが、常に前向き、ポジティブな感情で
いくと、「また新たな出会いが待っている」となり、
わくわくするものです。

何事も、自分の心の中にある「普通」を逆転して
発想することで、とても前向きになれるものです。

2020-03-24

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

ゴールが見えないことが最も心理的に悪い

ゴールが見えないことが最も心理的に悪い

人って、ゴールを設定して、対応することは比較的
容易にできます。それの良し悪しはありますが。
しかし、今回のようなゴールが見えない(先行きが不透明)
場合は、人は不安しかない。
人は不安になると、行動が小さくなり、動かなくなります。
それでは企業存続も危うくなってきます。

その不安をなくす方法。
(1)常に最悪を想定しておく
(2)小さなゴールを設定して達成する
(3)上記の繰り返し

(2)の小さなゴールとは、何でも良いのです。
「在宅の仕組みを1か月以内に構築し、実施する」
「すべてクラウド化にし、どこからでも仕事ができる環境を作る」
「1か月以内に既存のお客様にご挨拶レターを出す」
「テレビ会議の仕組みを4月中に構築する」
「新規見込み顧客を集客する仕組みを作る」
「とりあえず、資金調達を〇万円やるために銀行交渉する」
などなど、この時期にやれることはたくさんあるはずです。

すべてゴール設定できます。その大前提は、最悪を想定
しておくことになります。
そうすると、人って、不安が軽減されます。

ゴールが見えない状況で、小さなゴールを小刻みに設定し、
達成していくことで、活力が生まれ、やがて不安が取り
除かれ、復活すべき日が来た時にスタートダッシュが可能
となります。

2020-03-23

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

当たり前ですが、売上ー経費=利益

当たり前ですが、売上ー経費=利益

この簡単な理論をパートを含む全従業員に徹底
するチャンスです。売り上げが激減している業種
・業態の経営者の方は、特に徹底するチャンスです。

会社は資金が底をつくと潰れます。当たり前です。
しかし、この当たり前は「経営者」とか「幹部」
しか知らないことも結構あります。

何を言いたいかというと、従業員はドライであり、
ダメ(潰れそう)な会社から一斉に撤退(さっさと
退職)していくからです。

本当に強い会社って、全従業員が利益感覚・コスト
意識をもって仕事をしている会社だろうなと思います。

そのためには、会社のPL(損益)をある程度従業員
に開示し、伝え、「利益こそが皆さんの給与や賞与
の源泉なんだ」ということを徹底的に教える(教育)
しておかないと、今回のような有事(コロナウイルス)
の際に、さっさと辞めていくことになります。

ますは、従業員の時給単価を意識させる。
その2倍か、2.5倍を稼がないと会社には1円も
利益が残らないことを理論的に説明する。
これがとても分かりやすいからです。
自分の時給単価を意識させることで、仕事への集中力
が変わる人もいます。(残念ながら大半は変わらない)

そんな説明を10名に行ったとします。
20:80の原則が働きます。
つまり、気づくのは10名中2人です。
しかし、その2人が気づき、日々の行動のコスト感覚
が目覚め、経営側に近い発想ができるようになります。
その2割の人を幹部候補として給与を上げていけば良い。
この繰り返しで、どんどん強い会社にしていく。

経営者以外の者に、売上ー経費=利益の意味を本当に
理解できるスタッフが増えれば会社は強くなります。

経営者の仕事は、一人でも多く、利益を出さないと
会社は潰れるってことを理解させることです。

そのことを今やるしかない。

2020-03-19

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

瞬時の判断が勝敗を分ける

瞬時の判断が勝敗を分ける

何事も「先送りしない」瞬時の判断が企業経営の
命運というか、勝敗を分けることが多いです。
特に、今のような経済の先行きが不透明な時代に
良い話も、悪い話も、経営者に目の前に情報として
いっぱい流れてきます。

そのような時、同じ条件のメリット案件があった
として、「瞬時に判断し取り組む経営者」と、
「ちょっと時間をあけて検討して判断する経営者」
では、そのメリット案件を獲得できる確率は大きく
変わってきます。一瞬躊躇した時点で、負けている
ケースが多々あります。

世の中で、瞬時に判断できる経営者の行動特性って、
以下の通りです。
自分の経営ポリシー・事業運営ポリシーがしっかり
自分の中にあり、メリットのある情報が目の前に
流れてきた瞬間、掴むことができる
※何も考えていない人は、損得でいろいろ考え、
判断が遅れてしまう。そして、掴んだとしても、
損得判断なので、メリット案件を実践したとしても、
経営ポリシーがブレブレなので、うまくいかない
ことが多い。

常に自分の会社の経営ポリシーや事業運営ポリシー
をぶれずにしっかり持っている経営者が、つねに
チャンスをつかむことができます。
これは私の実体験で、最近感じたことです。

2020-03-18

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

社内でコミュニケーションを密にするチャンス

社内でコミュニケーションを密にするチャンス

経営者は意外に気づいていないことで、社員が
が感じていることがあります。
それをヒヤリング(面談等)でコミュニケーション
を図るのも良いと思います。

テーマは、
■テレワーク等の在宅勤務のこと
■業務の流れの見直し(効率化のこと)
■担当職務の得手不得手等
■上長や同僚との人間関係のこと
■仕事の段取りやゴール設定のこと
■会社の方向性について

いろいろあります。

その対話(双方向のコミュニケーション)により
意外なヒントやアイデアが出て、新たなビジネス
の種や生産性向上に発展する可能性があります。

経営者は孤独ですが、一人じゃないですよ。
社員やパートさんを巻き込んで、経営していき
ましょう。
コミュニケーションを密にとればとるほど、
組織は結束力を増し、強くなるものです。

今の時期だからこそ、議論は必要だよね。
いろんな意味で。

2020-03-16

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

株価やばいですね。やれることからやろう!

株価やばいですね。やれることからやろう!

株価下落、新型コロナウイルス完成数増加!
などテレビで全世界がやばい状況が報道され
ていますが私たち、一日本の一国民が何がで
きるか?

ハリウッドスターのトムハンクスさんも感染を
ツイッターで報告したそうです。今病院で治療
を受けているとのこと。

日本企業を救えるのは、日本国民しかいません。
とにかく自粛も良いですが、「消費」しようよ。
自宅でデリバリーも良いですが、外に出て飲食
したり、買い物したりしようよ。
旅行もして良いんじゃない。日本国内の温泉旅行とか。
海外にばかり目をやるのではなく、国内の旅館に
泊まりに行こうよ。民泊等キャンセルするなよ。
日本人だろう!余程じゃない限り感染なんかしない
ですよ。

マスクや消毒、手洗い、うがい等の細心の注意を
はらい、その結果、感染したら、トムハンクス
さんのように「治療」受ければよいじゃないですか。
注意を払って感染したら仕方がない

いつも通り、普通に、冷静に、行動することが
最も日本という国を救う行為じゃないかと思い
ます。

攻撃は最大の防御と言います。
パンデミックに「守り」だけで勝てるはずがない。
コロナは風邪のちょっと「きついやつ」程度に思い、
普段と変わらぬ普通な行動が大事じゃないかと思い
ます。要は普段どり、「攻める」のが最大の防御
だと勝手に思います。

まあ、無知な素人のたわごとですが。
私はそんな感じで行動します。

飲食業、小売業、イベント関連、旅行業、旅館業
まじでやばいですよ。資金調達できても、この後遺症
は結構長く続くような気がしますので、、

ひとりひとりがいつもと変わらぬ行動をとれば、
その行動が日本を救う気がします。
インバウンドには今は頼れない。

2020-03-13

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

頑張る!だけが経営じゃない。戦略的撤退も!

頑張る!だけが経営じゃない。戦略的撤退も!

ちまたでは、緊急融資がどんどん出ています。
当面の運転資金を確保しておくことは大事です。
しかし、がむしゃらに「頑張る!」ではただの
延命措置にすぎません。

今こそ、無駄な事業や仕事から撤退するチャンス
です。そうです「業務リストラ」を徹底して行い、
従業員の教育を徹底して行うことをお勧めします。

戦略的撤退をあえて行うのです。
そうすると、ウイルス騒ぎがおさまったとき、
筋肉質になった経営体で売上・収益が以前とは
比べ物にならないくらい伸ばせることでしょう。

無駄な事業がいっぱいあるはずです。
見直す、再構築する、リストラする絶好のチャンス
なんです。そう思うことで前向きになれます。

2020-03-12

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

マイナス言葉が多いですね。国民みんなメンタルやられてしまいますね。

マイナス言葉が多いですね。国民みんなメンタルやられてしまいますね。

■コロナウイルス
■株価暴落
■売上減少
■中小企業の連鎖倒産等々

マイナスは言葉を、NHKを含むどこの局のテレビ
でも連日連夜報道されると、自宅待機等で見ている
大人も子供も、ある意味で「日本はやばいぞ!」的
な洗脳となり、国民みんなメンタルをやられてしまう
のではないかと心配しています。

東京オリンピックを控えて、日本政府は必至に対応
しているのでしょうが、企業経営がやばい状況になっ
てきていますよね。

昨日、ある経営者と飲みましたが、一人ひとりが
ちょっとずつ気を付ければ良いと思うのですが。

マイナス言葉のオンパレードをテレビで放送する
ことをそろそろやめてほしいものです。

人間はそんなに強くない。
ひとりひとりのポジティブな行動や言動が日本を
救う気がします。
ひとりひとりの気持ち次第です。

2020-03-11

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

今だからこそ、社内の業務フローの見直しを!

今だからこそ、社内の業務フローの見直しを!

今の時期、シフト再編成とか、在宅勤務とか、
営業時間短縮とか、色々対策を取らないと
いけない時期だと思います。

そんな時だからこそ、出来ることがあるはずです。
ズバリ「業務フローの見直し」です。
当然、人手が少なくなる今、従来のマンパワーで
従来の業務量を回す仕組みを考えてみてはいかが
でしょうか?

ちょっとしたことの見直しで、社内の生産性が
すこぶる向上する可能性も出てきます。

2020-03-03

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

在宅勤務体制を一気に整備するチャンス

在宅勤務体制を一気に整備するチャンス

毎日、「コロナ感染者○名です」的な報道、
何とかならないのか?と思いながら過ごして
いるのは私だけでしょうか?
感染者数、死者、回復者数をテレビの端で
テロップ的に流す程度で良いと思うのですが。

この緊急事態で、一つ良いことがあります。
大手企業はもとより、中小・零細企業の間でも
「テレワーク(在宅勤務等)」を導入する企業が
増えているということです。

企業の規模にかかわらず、否応なしに在宅勤務の
仕組みを導入しなければ事業が回らない局面に来て
います。弊社も至急、体制を整備しています。

あらゆる業種・業態で「在宅勤務」ができるかは
疑問ですが、最も大事なことは、
「そのことを真剣に今考える」ってことです。
それは未来への生産性、業務効率化の点で、とても
意味があることだと私は思います。

この結果、東京オリンピック時は、在宅勤務が
普通にできるし、日本の中小企業の生産性が向上
すること間違いないと思います。

中小企業経営者は気づくはずです。
全員出社しなくても「会社は回せる」ってことを。

コロナウイルスは日本経済に暗い影を落とします
が、プラス面(ポジティブ)に考えていかないと、
恐怖心等でメンタルがやられてしまいます。

2020-03-02

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る