順風満帆な時ってないですよね。

順風満帆な時ってないですよね。

順風満帆な時は短いように思えるのは、
私だけでしょうか?
神様はすぐに次の「試練」を与えます。
今でいうと、コロナウイルスです。

神様は「人間が調子に乗らないように」
上から見守っているのでしょうね。

だから、調子に「波」を作っている。
山があれば谷がある。

だから、今は谷に向かって転げ落ちて
いる状況だろうけど、必ず谷底に突き
当たり、あとはまた、上昇するだけです。

それまでは、今できること。
それは、資金調達をしっかりやっておく
ことだと思います。

2020-02-27

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

いまこそ、社内で会社のこと議論しよう!

いまこそ、社内で会社のこと議論しよう!

ニューヨーク株が1000ドル下がった。
いよいよ、新型コロナウイルスの影響が世界レベルで
影響を与え始めていますね。

日本の大手企業も業績下方修正が続いています。
しかし、中小企業の場合、業績悪化を「ウイルス」
の責任にしたところで、何ら問題解決になりません。
大手企業と違い、まだまだ効率UPや業務改善等の知恵
が出て、改善余地がたくさんあると思います。
いまが他者と差別化する絶好のチャンスです。
そう「ポジティブ」に捉えて対処することがベターです。

中小企業は今こそ、社長だけで意思決定するのでは
無く、社員を巻き込み、「売上増加」「経費削減」
「効率化アップ」等の会社の未来について議論を始める
べきです。

きっと、良い知恵が出てくるはずです。
それと、会社の一致団結という副次的効果が出ます。
中小企業の場合、この一致団結がものすごいパワーと
なり、難局を乗り越えることができると確信します。

2020-02-25

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

忙しく働くことだけが幸せか?

忙しく働くことだけが幸せか?

個人個人、目指すものが異なります。
「自分がこうだから」=「相手も同じ」と考えて
自分の持論や考えを押し付けてしまいがちですが、
人それぞれの幸せの感じる「ツボ」があります。

■忙しく働いてお金を稼ぐことが「幸せ」な人
■収入はそこそこでも家族との時間を大切にする
ことが「幸せ」な人
■とにかく趣味を優先して、お金が無くなれば
働いてまた趣味に投資することが「幸せ」な人
様々ですね。

人生って80年、長い人で90年や100年ある
だろうけど、元気で自分のやりたいことを継続で
きる年齢って、70歳とか75歳くらいじゃない
ですかね。

そこをゴールだとして、さかのぼって、本当に
自分がやりたいことができているか?
自問自答しながら、仕事やプライベートに時間
をうまく逆算して使っていかなければ、あっと
いう間に75歳になってしまいます。

皆さんも、自分探しの旅に出てみては。

まず、自分のメンタルがしっかりしていないと、
趣味でも仕事でも、何をやってもうまくいきません。
自分の幸せを感じる「ツボ」を探しましょう。

2020-02-21

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

減益オンパレードやな。サラリマンの方、次に来る未来わかっていますか?

減益オンパレードやな。サラリマンの方、
次に来る未来わかっていますか?

ニュースや新聞では、企業の減収減益の記事の
オンパレードです。この手の企業はほぼ中国頼み
という構図なんでしょうが、それでもすべての産業に
影響を与えてくるでしょう。

そして、サラリーマンの方、今は給料保障されていま
すが、ちょっと先の未来、どうなるかわかりませんよ。
近々では、今年の夏のボーナスカットとか。そして、
ワークシェアや残業規制で収入減など。

何を言いたいか?って。

サラリーマンの方、給料は会社が振り込んでくれるので、
会社の経営状況なんか知らん??って態度していると
とんでもないことになるってことを言いたいだけです。
そうならないために、自分を磨けって!ことです。
家庭も大事だけど、ビジネスマンになるために、自分に
投資をしろって!言いたいだけです。

社員やパート、全従業員が知恵を出して、全社一丸で
この有事事態を乗り越えないと、一瞬でつぶれてしまう
かもしれません。

それくらい経営者に危機感を持ってほしいのと、
そこで働く従業員は真剣に知恵を出してほしいです。

2020-02-20

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

不景気局面こそ、社内組織活性化のチャンス

不景気局面こそ、社内組織活性化のチャンス

新型コロナウイルス関連で売上減少する企業
が多いと思います。大手企業の下請け企業や
店舗系の企業、観光業、インバウンドで売上
が成り立っていた産業等、多岐にわたります。

落ち込んでいてもどうしようもありません。
それならば、今こそ、社内の組織固め、人材
育成等を行う時間を増やし、風評等が無くなる
夏前ごろから一気に攻め込む組織を作って
行きませんか!

中小企業経営者が今こそやるべきこと
(1)人材育成
(2)ビジネスモデルの転換や
新規ビジネスの創造

この手のことは、忙しい時には後回しになりがちです。
新型コロナウイルス等でちょっと「時間が空く」企業
はぜひ、上記2事案に全社をあげて取り組んでください。

2020-02-18

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

不景気感漂う日本

不景気感漂う日本

日経新聞では企業の減益予測のオンパレード。
すべて中国が影響元と記載されています。
それで、固定費圧縮、リストラって言葉が躍り
ます。

こんな記事ばかり見ていると、一般消費者も
滅入ってくる。自分の会社は大丈夫なのか?
コロナ感染はいつまで続くのか?って。

飲食業や旅館等の観光業も大きな打撃を受け
ていると思われます。

外国人のキャンセルは仕方がないにしても、
日本人が国内旅行や外出を控えているとのこと。

この不景気感漂う日本を救えるのは、日本人
だけなんですよね。

一人一人が「日本経済」について真剣に考え
できることをやっていかないと、政府任せや
外国人任せでやっていると、結局自分の収入
(自分が勤務している会社や事業が縮小や閉鎖
に追い込まれる等の事態になること)にしっぺ
返しにように帰ってきます。

他人事じゃ乗り切れないよね。
今の状況は。

2020-02-14

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

人に厳しく自分に甘い

人に厳しく自分に甘い

私は嫁によくこの言葉を言われます。

「人に厳しく自分に甘い」と。

これは家庭内だけの話だと思っているのですが、
人間はそうオンとオフで変われるものではない
という前提からすると、お客様等に対しても、
私は「人に厳しく自分に甘い」ことを言ったり、
行ったりしているのか?とちょっと不安に
なります。

ビジネスマンは上記の反対をやらなければなり
ません。

「自分に厳しく他人にやさしく」

「他人にやさしく」とは、甘やかすことではなく
お客様の立場、相手の立場に立って、物事を考え
対応することだと思います。

嫁だけでも、何か苦言を呈してくれる存在がいる
ってことに感謝しなければなりません。

ありがたや!

2020-02-12

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

独創性って人の真似ごとから始まる

独創性って人の真似ごとから始まる

自分のオリジナリティや独創性、個性を出す
って、結構しんどいものです。最初はだれでも
「他人の真似」からスタートするものだと私は
思います。いろいろな人の真似を積み重ねて、
自分の考え方ややり方と違う個所が出てきます。

その「違う個所」を自分でオリジナルを考える。
そうして出来上がったものが、あなたのオリジ
ナルであり、御社のオリジナル商品・サービス
になるのだと思います。

結局、他社がどんなことを行っているのかを
すべて把握しておかないと、自社のオリジナル
なんてできないわけで、そのためには、他社が
やっていること、他人がやっていることを、色々
試さないと自社(自分)のオリジナリティなんて
生まれない。

今時点で独創があると評価されている人って、
とても努力している人って言えます。
勉強や事例研究、競合調査、自分で試行錯誤
等の努力もせずに文句を言う人が多すぎる。

まずは自分に問いかけてみましょう。努力する
時間を確保しよう!
時間が無いっていう人は、毎日1時間早起きを
して勉強や調査等の時間に充てればよい。

成功している人はそうしているが、現状に文句
ばかり言っている人は言い訳をして時間を確保
しない。

2020-02-10

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

何事もライフサイクルがある

何事もライフサイクルがある

人生にも、商売にも、「ライフサイクル」があります。
まず、これを経営者は理解しておくべきです。
導入期、成長期、成熟期、衰退期の4つに分けられます。
企業がおぎゃーと生れ、事業を開始して10年持つ企業
がとても少ないのは、このライフサイクルを経営者が
自覚というか、理解していない場合が多いです。
10年、20年と事業を継続して生き残っている中小企業
の経営者は、やぱり外目にはわからないですが、「進化」
しています。

そのキーワードは
(1)シナジーのある新規事業にチャレンジしている
(2)既存事業を環境に合わせて変化させている
(3)単発事業で成功したら、複数事業を立ち上げている

事業は必ず「衰退期」が来るのです。
生き残るか、倒産するかは、経営者の上記意識がどれくらい
強いか(危機感があるか)にかかってきます。

危機感のある経営者は、やがて自社事業も「衰退期」が来る
ことを理解していますので、次の事業の展開、既存事業の
改良、顧客層の見直し等を常に行っているです。

20年以上継続している中小企業は必ず過去から現在まで
進化を遂げてきている会社と言えます。

まずは、御社の事業がライフサイクルのどのポジション
にいるのかを分析してみてください。

2020-02-07

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

あなたの仕事での優先順位は何か?

あなたの仕事での優先順位は何か?

当然、仕事の話です。
仕事と家庭で優先順位をつけてはいけない
と私は思う。仕事は人間を成長させてくれる
ものであり、一生勉強し、努力し、また勉強
し、自分のスキルや能力を高めていくもので
あると私は思います。その場が「会社」です。
お金もらって、自分のスキルを上げることが
できるなんて最高じゃないですかね。

楽な仕事でたくさんお給料をもらえれば良い
のですが、そんなうまい話はない。
能力やスキルって、嘘をつかないです。
陰で勉強し、努力した人って、ものすごく
自分に自信がつき、仕事に迷いがなくなり、
気づけばレベルの高い仕事をこなしています。

私は動画で何度となく言っていますが、
まだまだこの意味を理解していない人が多すぎる。

「情報をインプット」することで、判断できる
材料が多くなる。そこに、事例等の勉強を行う
ことで、自分のオリジナリティなスキルやノウ
ハウが確立される。これを私は「勉強」と呼ん
でいます。大学受験等の勉強と全く違います。

全然難しことじゃないんだけど、
今のダメダメサラリーマンの人、この勉強を
全くやらない。セミ専門家になりたい業界の
書籍を10冊買って読むだけで、それなりに
レベルが上がるのに、それもやらない。

2020-02-06

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

ブログを書き続ける理由

ブログを書き続ける理由

私のマニアックな組織活性化というタイトル
のブログは人気がありません。

私がブログを書き続けている理由は、大きく
3つあります。

1つは、「自分で決めたことをやる続ける継続性」
私は継続性をとても重視している人間です。現に、
you-tubeでも毎週2本、「組織活性化TV」という
題名で、動画をUPし続けています。
これをやめると「自分に負け」って感じがして
とても嫌なのです。だから、あまり他者の評価等
は気になりません。当該ブログも人気が無くても
何ら気になりません。

2つ目は、「HPからの問い合わせを増やすこと」
でした。ワードプレスでブログを書くことで、
検索エンジン対策が有効になるってことで、
ほぼ毎日ブログを書いています。

3つ目の理由は、「自分の知識の収集・整理」に
あります。特にYou-tube動画はその傾向が強いです。
自分で気になるテーマを深堀するために調査します。
それでコンテンツにまとめるので、知識や事例等
をインプットすることができます。まあ、学習・
勉強といったところです。商売柄インプットを常に
行っていないと市場から撤退させられてしまい
ますから。

私の日課(習慣化しています)は
毎週ブログ(5本)を朝8時から書くこと。
それと、土日でyou-tube動画を2本作成すること。

これを愚直に5年ほどやっています。
「継続は力なり」を信じて、自分自身を追い込んで
います。これはそうそう他者が真似できることではない
と自負しています。それが競合他社からの最大の
「参入障壁」になることを信じて。

2020-02-03

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る