原理原則に立ち返る

原理原則に立ち返る

商売をやっていて、ちょっと調子が出てくると
お客様のことを忘れる。
いわゆる、儲け主義に走ります。
飲食業なら、
「回転率を上げる」「原価率を下げる」
等々の議論に発展していく。

その大前提は、原理原則を徹底してからの話です。
例えば、
■お客様に最高のおもてなしを提供する
■「ありがとう」と言ってもらえる
■従業員が仕事を楽しんでいる

などです。

業種業態によって、「原理原則」は変わるでしょう
が、商売って、相手(お客様)を喜ばし、満足させる
サービスや商品を提供して初めて成立します。
その積み重ねが利益になる、という当たり前のこと
を忘れてしまっている経営者も中にはいますよね。

私もこのブログを書きながら、自戒の念を込めて
原理原則に従って会社運営を行っていく所存です。

2020-01-30

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

人と違うことをやるのは勇気がいります

人と違うことをやるのは勇気がいります

人と同じことをやっても、その市場に競合他社
がたくさんいる場合、レッドオーシャン市場となり
儲けは多くを望めません。血みどろの戦いで
社員も疲弊し、やがて市場から撤退となります。

しかし、人と違う発想で、新しいことをやると
それはブルーオーシャン市場になる可能性が
あります。潜在的ニーズがお客様にあればの話
ですが。

それは仮説を立ててビジネスプランを立案して
行くわけですが、そのプランが成功するかどうかは
誰もわかりません。

そう。「人と違うことをやること」ってとても
決断が難しく、自分を信じて決断し、実行する
勇気が必要となります。

お客様が「探し求めていた」ビジネスを人と違う
方法で提供できれば、御社は成長企業になれると
確信します。

すべて、リスクテイクを行った上での、「勇気」
だと思います。

2020-01-29

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

何事も「捨てる」から始まる

何事も「捨てる」から始まる

ビジネスでも趣味でも、なんでもそうですが
欲張りな人って、何も捨てずに、得るものを
求める人がいます。それは虫が良すぎます。

人間や組織にはキャパがあります。
(優秀な人をどんどん採用できれば別ですが)
キャパがあるってことを経営者はしっているはず
なのに、過去のものを「捨てられない」
これが致命傷になることがあります。

会社って、当然、既存の事業のブラッシュアップ
は当然ですが、新しいこともやっていかないと先が
ないです。

限られた経営資源で筋肉質の会社を作るには、
過去の不要な業務、赤字事業からの撤退が必須です。

2020-01-28

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

偉そうなおっさんが世の中には多い

偉そうなおっさんが世の中には多い

私もそのおっさんの一人かもしれません。
自分に非がありながら、それを棚に上げて
相手を攻撃するパターン。
皆さんも一度や二度は経験したことがない
でしょうか?

誰でも、立場ってものがあり、その立場の
言い分を正当化するために、自分に非はなく
相手に非がある、的なやり取りが多く、
結局、力関係で弱い方がねじ伏せられます。

このような偉そうなおっさん、おばはんが
ビジネス界に君臨している限り、中小企業の
ビジネス活性化は見込めないですね。

このブログを
私自身が「偉そうなおっさん」になっている
シーンを思い浮かべ、反省し、相手の立場を
思いやりながらパートナー関係でビジネスを
進められたらと、反省の念をこめて書いてい
ます。

「偉そうなおっさん」はビジネスには不要です。

2020-01-27

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

中高年の労働市場が活況らしい

中高年の労働市場が活況らしい

中高年の転職市場が6年で3倍になったと
日経新聞に掲載されていました。

転職もそうですが、週3日等の派遣で
自分がサラリーマン時代に培ったノウハウ等
を中小企業に派遣され発揮しているようです。

しかし、・・・

だれでも重宝されているわけではない。
やはり「専門知識」や「専門スキル」がある
人に人気が集中しているのです。
スキルがない人の転職はとても厳しいと言えます。

専門スキル
「法務」「財務」「人事」「生産管理」「施工管理」
等の知識と経験が必要な部署の人材が枯渇している
様子がうかがえます。

中高年になるまで、ぼーっと生きていては、
活況の渦に入ることすらできないようです。

求められる人材って、技術やノウハウ等の専門
スキルをしっかり蓄積出来ている人なんです。

2020-01-24

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

会社も人も進化してこそ価値がある

会社も人も進化してこそ価値がある

会社はそのもの自体は進化しないです。
会社が進化する=そこで働く「人」が
進化するから達成できるのです。

■経営者の進化
マネジメント、財務力、適材適所、マーケティング
、新規事業開拓などいろいろな機能が会社に
はあります。それを誰に任せるか等の采配が、
経営者の進化であり、能力であり、力量です。

■社員の進化
一言でいうと、品質をお足さずいかに「生産性」
「業務効率」を上げられるか???を常に考えて
自分の行動を見直すことができる人は、毎年
進化します。しかし、そうでない人は、全くと
言ってよいくらい進化しません。

人が進化していかない会社は、いつまでたっても
昔のままで、やがてお客様に飽きられて、離反
していくことになるでしょう。

社長!まず自分が進化・変化しないと、社員に
それを押し付けることができません。
私は色々な会社を見てそう思います。自分のことを
棚に上げて、「社員がだめだ」と言っている経営者
が多すぎます。

2020-01-23

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

ビジネスの種をまく

ビジネスの種をまく

「会社は不景気で倒産するのではい。
変わりゆく外部環境の変化に対応できない
会社が倒産するのだ」

これは誰が言った言葉か忘れましたが、

これが真理だと思います。

景気の責任、国の責任、他社の責任、にして
いる限りは会社はあっという間に消滅して
しまいます。

要は、進化していく環境に自社をうまく適合
させていくことができない経営者の会社が
倒産するって話です。

そうならないために、環境変化に対応した
次の一手(ビジネスの種)を打たなければ
存続はむつかしいですね。

御社のビジネスの種を見つけて、ぜひ新しい
ことにチャレンジして行ってほしいものです。
弊社も今年は結構、チャレンジングな年に
なりそうです。

ビジネスの種への投資、怠らないことです。

2020-01-21

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

今日できることは今日やる!

今日できることは今日やる!

当たり前のことですが、「今日やること」
を朝一に設定し、それを今日中にやってから
帰社するってことは当たり前にできれば、
仕事ははかどるはずなんですが、色々な
予期せぬ出来事が突発的に起こります。

その際、リスケってなるのですが、
それでも、集中して今日やるって決めたことを
先延ばしせずに、今日やりきると、とても
気分がよく、自分に自信が持てるものです。

余程の突発的な事案が入ってこない限り
自分で決めたタスクを今日中にやりきる
ってことを習慣化すると、その会社はとても
伸びる会社だと思います。

私はまだまだ先延ばししてしまいます。
人に偉そうなことは言えません。(笑い)
しかし、今日やるって決めたことは、今日中
に終わらせるように心がけております。

2020-01-20

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

言い訳多いですが、PC入れ替えですったもんだ!

言い訳多いですが、PC入れ替えですったもんだ!

WIN10のPCを昨年10月に6台購入したまま
放置しており、それを先週の月曜日(祝日)に一気に
入れ替えしたのですが、ネットワーク関連で共有
フォルダにアクセスできなくなる事件が起こり、
その対応ですったもんだしていました。

それでやっと落ち着いてブログが書けるようになった
ということです。(言い訳ばかりですんません)

私は、新年から「作業者」になってしまっております。
経営者たるもの、作業が仕事ではありません。
今年一年で何を目指し、何を達成し、会社のスリム化、
効率化を実践していく必要があり、それには
「シナリオ(計画)」をデザインしなくてはならない
のですが、それが全く進まない現状にちょっと焦って
おる次第です。

まあ、課題は頭の中に入っているので、優先順位を決めて
一気に対処すれば課題は解決されるものだと、今回の
PC入れ替え事件で分かりました。

仕事って、恐れていてやらないと、失敗や成功という
「成果」が得られません。成果を得るためには、ダメ
かもしれないが勇気をもってチャレンジすることが大事だと
痛感した次第です。

2020-01-16

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

攻めるが勝ち

攻めるが勝ち

商売は「攻め」るが勝ちです。
事業が安定してくると、攻めやチャレンジを怠り
現状維持で、楽をして儲けようとしたくなるものです。
攻撃は最大の防御といいます。
何もチャレンジしないと、事業や商売は少しずつお客様の
離反が起こり、現状維持をしようと思っていても、結局
ジリ貧になって、売上や利益は縮小することになります。

「チャレンジ」
「攻める」
「新事業・サービス開発」などなど
なんでも良いのです。

時代に合わせて、顧客ニーズに合わせて、自社の商品や
サービスをダイナミックに変えていく「攻める勇気」が
未来の御社を救うことでしょう!

いい言葉です。
「攻めるが勝ち」
「責は最大の防御」

新年に改めて心に刻んでおきたい言葉です。
初心に帰る良い機会です。

2020-01-07

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。

弊社アールイープロデュースは本日1/6から
営業を開始します。今年もよろしくお願いいたします。

今年は「原点回帰」「初心忘るべからず」の精神で
自社の強みやお客様のニーズを掘り下げて、もっと
尖ったサービスを開発していく予定です。

中小企業の中には、無駄がいっぱいあります。
その無駄な業務フローを改善していくご提案を
ガンガン行っていければと思っております。

「働き方改革→残業規制→休暇増加」
「少子化→人口減少→人手不足」

この流れは中小企業に容赦なく襲いかかってきます。
その対処をミスってしまうと、一瞬で赤字転落、
果ては廃業に追い込まれていまいます。

効率化、生産性を昨年の30~50%上げるしか
中小企業の生き延びる道はないと私は思っています。

それにいち早く気づいた経営者が生き残れると
確信いたします。

こんな感じで本年もよろしくお願いいたします。

2020-01-06

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る