人の裏をゆく

人の裏をゆく

私はいつもこの言葉を唱えています。

「人のゆく裏に道あり 花の山」

中小企業が大手企業のやり方を真似したり、
競合他社のやり方を真似しても、所詮、
最初だけうまくいきますが、やがて飽きられて
良い時期は長続きしません。

人がやることの「裏」「真下」「逆転」の発想
で自社のビジネスを考えないと、永続する企業
とはなりません。それが自社の「オリジナリティ」
となるのだと思います。

先日、昔お世話になった経営者といつもの場所で
飲みました。その「いつもの場所」とは、居酒屋
なんですが、「メニューが無い」店です。

いつも予約でいっぱいです。
メニューが無いので、大将のおまかせとなるの
ですが、それが「季節の旬」の食材を使ったコース
となるので、何度行っても同じものが出たことが
ないのです。これはびっくりです。感動すらします。

これが居酒屋の「人の裏をゆく」ってことになる
のだと思います。一見客より紹介やリピーターで
店が繁盛し、経営が安定することになります。

「人の裏をゆく」決断をすることは勇気がいります。
しかし、それを辛抱してやり続けると、やがて
光が見えてきます。

要は自分が決めたスタイルをやり続けられるか
どうかが、成功する会社かどうかの分かれ目です。

2019-09-27

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

何のために仕事するか?は人それぞれ

何のために仕事するか?は人それぞれ

皆さんは何のために仕事をしていますか?
「生活するため」
「夢を追い求めるため」
「なんとなく暇だから」
「自分のスキルアップ」
「将来カフェなど開業したいから」

色々あると思います。
私はこの前この質問をされました。
「南本さんは何のために仕事をしているのですか?」

とっさに返答できなかった自分がいます。

今思うと、「日々楽しく生きたい!」って強く
思っているので、生活のためでも有り、漠然とした
目標や夢の達成のためでも有り、スキルアップでも
あり、民泊や猫マンションなどの不動産ビジネスを
もっと拡げたい等の欲求があります。

仕事って、トラブルがあったり、お客様から叱られたり
反対に褒められたりします。それで壁を乗り超えて
今まで出来なかったことが出来るようになります。
それが仕事の面白さであり、継続して続けられる理由
じゃないかと私は思うのです。

その仕事の過程で培ったスキルはノウハウ、人脈を
フルに活かしながら、新しいことにチャレンジする
のが私はとても楽しいですね。

何のために仕事をするか?の私の答えです。

2019-09-26

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

チャンスを捉える力

チャンスを捉える力

人の前には、ほぼ平等にチャンスが通り過ぎている
と言われています。それを掴む人と掴まない人が
います。成功する人はチャンスを自分で掴みとった
人と言えます。

チャンスを掴む人の特性ってどんなものでしょうか?
1.問題意識が高い(世の中の動きに敏感で関心がある)
2.実行力がある(まずやってみる:評論家で終わらない)
3.資金や人等の経営資源の調達力がある

こんな感じでしょうか?
1.を持っている人は10人中2,3人でしょうか?
その中で、2.実行力がある人はさらに30%くらい
でしょうか!

だから、チャンスを掴んで成功する人って、
とても少ないと思います。その方たちは、日々自分の
感性を磨き、努力し、チャンスを誰よりも早く察知し
つかみ取り、すぎさま実行へ移す。

成功者はものすごく水面下で努力していることを
私を含めて凡人は理解しておく必要があります。
羨ましがっても何ら自分の環境を変えることは出来ません。
何でも良いのです、自分でアンテナを張り、察知し、努力し、
実行に移し、自分の今の環境を変えると、違った未来が
みえてくると思います。

2019-09-25

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

企業型確定拠出年金が久々の黒字

企業型確定拠出年金が久々の黒字

弊社は小さい企業ですが、「企業型」の確定拠出年金
に加入し、私含めて3名が加入しています。
最近の株高で、一気に赤字が解消し、黒字になっていました。
これもいつまで続くかわかりませんが、面白いです。
運用によって自分の年金が増えたり減ったりすることは
どうかな?って思いますが、これはある意味、無税の積立
みたいなものです。60歳まで引き出せないという制約が
あるだけです。掛金はMAX55,000円です。私以外は
無理せず20,000円程度でスタートしています。

「企業型」確定拠出年金のメリットは
個人も法人も社会保険料や税金の「低減効果」があるので
メリットがあります。

とりわけ法人メリットが大きいと思います。
最大55,000円まで毎月の給与から確定拠出年金に
掛金を回すことで、その55,000円分の社会保険料
や所得税等の計算から外されますので、従業員が多い
会社にとって、「社会保険料の会社負担分」が結構削減
出来るのですが、管理手数料等を払いたくない等の理由で
企業型が中小企業にそれほど普及していません。

20-30人の社員がいる中小企業は企業型の確定拠出年金
を検討してみてはいかがでしょうか?

2019-09-19

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

週休3日はやっぱり良いですね。

週休3日はやっぱり良いですね。

週休3日制は「休んだ!」って感じします。

巷では「働き方改革」という言葉がメデイアや
色々な人の口から発せられ、有給義務化や残業時間
の規制強化が法律で制定され、それに「罰則」がつく
ものだから、中小企業経営者はその対応で四苦八苦
しています。やはり罰則が怖いですから。

それも時代の流れ!と言えばそれまでですが、
その流れを「ネガティブ」に捉えると、あまり良い結果
に繋がりません。「ポジティブ」に考えれば経営は進化
するものだと思っています。

例えば、9月は3連休が2回続きます。
ということは、週休3日制ってことです。
一日の労働時間を10時間にして、週4日勤務にすれば、
週休3日制が実現可能です。それにより、従業員は趣味や
自己実現に時間投資を行いやすくなったります。
これは労働時間削減をとてもポジティブに捉えています。

一人ひとりの労働時間を減らすってことは、労働生産性
を上げていくってことです。そのためには業務フローの
見直しやRPA(ロボットによる業務の自動化)などを真剣
に導入し、ムダなコストをカットし少数精鋭経営にシフト
していく必要があります。

最終的には、労働時間短縮の結果、生産性を向上すること
で、申し訳ないですが、仕事ができない人、言われたこと
しか出来ない人などは淘汰されていくことでしょう。

本来、中小企業経営は、昔ながらの労働集約型で生き延び
れれば良いのですが、そうも言ってられない状況に突入
しています。これからは生産性の向上と働き方改革の推進
を両方成立させて行かないと市場から淘汰される時代に
なったと言えます。

2019-09-17

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

ぶれないポリシーは経営には必要

ぶれないポリシーは経営には必要

会社を創業する人って、最初から独立開業を
目標にしてやっている人は別にして、
大方がサラリーマンの現状に不満を持ち、
「自分ならこうするのに」という漠然とした
夢や事業方向性を持って創業するのだと思います。

事業を推進していく上で、色々な課題に経営者は
直面します。

お客様の確保、売上確保、利益確保、従業員確保、
資金の確保等々です。

これらの課題をいきあたりばったりに対処していると
後で振り返った際にとんでもないことになっている
場合があります。(思っていたのと違う)

特に、売上(新規事業)と人の問題、これは経営者
が確固たる「理念」というか「経営ポリシー」を
持って対峙しないと、経営がブレブレになり、
気づけば、「こんな事業もあんな事業もやっている」
ってなことになるわけです。

人の問題でいうと、「入社しても文句ばかり言う
スタッフ」が揃ってしまい、経営者に意思決定に横を
向いたりする社員がばかりになってしまうケースも
非常に多い。

経営者たるもの
「経営理念とポリシー」および「経営ビジョン(未来予想図)」
と「求める人材像」をしっかり定義して経営にあたって
欲しいものです。

そうすると、ブレなくなります。
自分が決めたことだから、守ろうとしますよね。

2019-09-13

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

人は命令だけでは「気持ちよく」働かない

人は命令だけでは「気持ちよく」働かない

イケイケの経営者にありがちな傾向です。
みなさんもそんな気質なら、気をつけたほうが良いです。
組織を活性化するためには、「命令」だけでは
人は動きますが、重要なことは、「気持ちよく」動かない
ってことなんです。

人をその気にさせ、あたかも「自ら決断して行動している」
ような錯覚に陥らせることが、腕の良い経営者なんです。

そうすることで、人(組織人)は自己責任と権限が付与
されたことにちょっとしたステータスを持つようになり、
次なる仕事も能動的に行動するようになり、目標達成
しようとがんばります。

組織を元気にするコツは
「経営者が出しゃばらない」
「権限を与え、よほどのことがない限り、部下の意思決定
に口を挟まない。あまりにもひどい決定は否認すべき」
「ヒントを与えるだけで、答えは自分で導き出させる」
「出来たら大げさに褒めてあげる」
「徐々に高い目標のしごとを与えていく」

これを繰り返すと、人は気持ちよく働けるようになると
私は思います。

中小企業の経営者って、どうしても「仕切りたがる」傾向
が強いんだよね。それでは優秀な部下は育たないよね。

2019-09-12

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

気分が乗らないときの対処法

気分が乗らないときの対処法

皆さん、気分が乗らないときってありますよね。
台風の影響で「月曜日の朝」から出鼻をくじかれ
た感がある、今週、みんなおそらく気分が乗らない
週じゃないでしょうか?

そんな時、仕事に集中するためにはどうすればよいか?
私のやり方ですが、ご紹介します。

■簡単(短時間)に終わる仕事をリストアップし、
そればかりを処理する。
■すると、「プチ達成感」を得られて、徐々に
時間がかかる仕事にも手がつけられるようになる。

あせらず、簡単な仕事から着手することですかね。
誰でも気分に波はあります。

しかし、今月は3連休が2回もあります。
それを楽しみに、今を頑張ることが、
プロの「ビジネスマン」だと思います。

2019-09-11

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

仕事で伝え方がとても難しい

仕事で伝え方がとても難しい

ちょっとした組織になると、人から人への
伝言ゲームじゃないですが、仕事を依頼すること
になります。その場合、伝えた側が「きちんと相手
が真意を受け取ったか」を確認せずに放置しておくと
後で、「ハイできました!」の成果物を見たときに
「なんじゃこれ!私が指示した仕事と違う!」って
ことになるわけです。

この原因は
(1)伝える側の伝え方に不備がある
(2)伝えられた側が「確認」する義務を怠っている

中小企業の場合、伝える側がしっかり部下や後輩を
コントロールする必要があります。

伝え方の3項目
1.仕事の意義を伝える
(全体像でも良い。なぜこの仕事がどれほど重要で、
あなたに依頼するのか)をしっかり伝える
2.トラップ(質問が来るようにトラップを仕込む)
で質問が来るようにする
3.伝えたあと、復唱させる(確認を上長が行う)
(仕事の意義や目的、納期等)

これを上長がしっかりやれば、それほど間違った仕事を
するスタッフはいなくなります。

トラップは意外に重要です。
トラップにも気づかず、トンチンカンな質問をしてくる
人がたまにいます。そんな人は、見込みなしとすぐ判断
できます。仕事って、やはりセンスのない人は何をやっ
てもダメです。

2019-09-06

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

人は人、自分は自分と思えるには時間がかかる

人は人、自分は自分と思えるには時間がかかる

若い頃、同業他社の動きとか、知り合いの経営者の
動きがとても気になる時期がありました。
今振り返ると、「自分に自信がなかった時期」なんだ
なと思います。自分に何も強みが無く、ビジネスに
自信が持てないと、他の人がやっている、もしくは
やろうとしていることが、とても気になって、自分
の商売に身が入らなかった。

しかし、他人が成功しているビジネスモデルをどれだけ
真似しても、自分のものにしていない限り、やがてボロ
が出て、失敗するのです。外面は真似できても、情熱や
熱意という内面は真似できない場合が多いからです。

何か新しいことを思いつき、始める際には、
当然競合他社の動向は調査しますが、それよりも大事な
ことは、「自分の会社の強み、売りは何か!」を自分
自身がしっかりと押さえておくことだと思います。

自分が、自社の商品やサービスに自信が持てないのに
お客様に自信を持って「これ絶対お買い得ですよ」って
言えないですよね。

結局、他人との競争ではなく、自分との戦いであり、
どれだけ自信を持ってお客様にお勧めできる「かゆい
ところに手が届く」中小企業ならではの商品・サービスを
開発できるによります。

それが出来てからは、他人の動きは気にならなくなったし、
全く興味がなくなりました。
(競合他社の動きは分析していますよ:笑い)

2019-09-05

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

パートさんが多い中小企業に迫る危機

パートさんが多い中小企業に迫る危機

社会保障費を今後どうするか?について、
国は今年議論をし、最終報告をまとめます。

その中に、中小企業のパートさんへの社会保険
加入の事案があります。

今、501人以上で働くパートさんは週20時間
以上の勤務で「社会保険加入」となっています。

この人数制限がどこまで拡大するか?で
中小企業へ与えるインパクトはとても大きくなり
ます。

普通に考えると、すべての企業に適用ってことに
なります。パートさんが働く企業規模で、社会保険に
入れたり、入れなかったり、すること自体がおかしい
と個人的には思うからです。国もその論理で押してくる
ことは間違いないと思われます。

中小企業は、やがて必ず適用される「週20時間
以上」を前提に、今から正社員化、準正社員化等、
働き方や労働生産性、店舗効率、経営効率を考えて
おかないとそれこそ、一気に財務収益が悪化し、
市場から撤退させられる可能性があります。

いずれにしても、今いるパートさんが、全員社会保険
に加入したという前提で、今時点の経営を見直して
おくことをおすすめします。

2019-09-04

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

やはり魚の釣り方を教えないとダメだな

やはり魚の釣り方を教えないとダメだな

子供でも、年老いた親でも、社員でも部下でも。
よく言われる名言ですが、
「人に魚を与えるより、人に魚の釣り方を教えろ!」
ってことです。

人間は人から何かを与えられる経験を何度も経験
すると、それが「当たり前」となり、自分で苦労して
何かを得ようとか、作戦や戦略を練って是が非でも
得ようとすることをやらなくなります。
だって、誰かが「与えてくれる」のですから、それが
当然の世界となるわけです。

しかし、その与えてくれる人も、いつまで与えてくれる
かどうかわからないわけで、ある日突然与えてくれる人
が居なくなった場合に、「魚の釣り方を教えてもらって
ない人」は魚を得ることができなくなります。

部下指導も同じで、仕事の全体像を理解させ、自分で
目標を理解し、何をすることが正解なのかをしっかり
把握させておくことで、仕事の進め方は自分で幾通りも
考えて実行することができます。
よくある悪い部下指導は、「これをこうやって!」と
いう作業しか教えないことです。この手の指導は、
ちょっとインプット等が変わると途端に応用が効かず、
仕事がストップしてしまうことになります。

魚の釣り方を教えることは、最初、面倒なんですが、
一旦教えておくと、応用が利くので、結果、会社に対する
貢献度も高くなります。

2019-09-02

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る