老後2000万円と日本の長寿化

老後2000万円と日本の長寿化

今日の日経新聞に掲載されていました。
日本の平均寿命
女性 世界2位 87.32歳
男性 世界3位 81.25歳

まあ、金融庁がレポートでまとめた2,000万円
どころじゃ足りないですよね。勝手な推測ですが。
平均受給額は月15万円ぐらいらしいので、
男性は65歳から82歳まで17年間。
普通に生活するのに30万円必要と仮定すると、
17年×不足15万円×12ヶ月=3,060万円

生活を切り詰めればそれは生きていけるのかも
しれないですが、それでも最低3000万円程度は
必要です。国民年金だけの人は、4000万円は
必要でしょうね。

2000万円どころじゃないってことです。

国は、中小企業でも週20時間以上働く人に対して
社会保険料を徴収し始めると思います。
(大手企業は実施済み)

中小企業では、消費税どころじゃない大騒ぎになる
と思います。というより、潰れる会社が続出するはず
です。今から、週20時間のパートさんも社会保険に
加入しても大丈夫な筋肉質な会社に育てておかないと
その日は突然やってくると確信します。

社会保険の加入者を増やす以外に、年金支給額を
減らさずに済ます方法は無いのです。

これからの時代の中小企業経営はとても難しいと
思います。労働集約的なビジネスは、社会保険料負担が
どんどん増していきます。IT化でムダな業務は排除し、
人手を減らし、少数精鋭の部隊で生産性を向上させて、
勝負していかない限り生き残れない気がします。

2019-07-31

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

伸びる会社、伸びない会社

伸びる会社、伸びない会社

伸びる会社の傾向

■経営者が社員といろいろな方法でコミュニケーションを
取る努力と、実際取っている。
■数字にはシビアに対応(妥協しない)
■処遇もシビア(信賞必罰)
■福利厚生は手厚い

結局、経営者の器ってことになります。
福利厚生にしても、賞与にしても、すべて
「投資」という発想で人材にお金を使っていくと
裏切る人もいますが、大概は経営者の気持ちを
汲み取り、頑張るものです。

人件費を「経費」みる経営者は、「自分だけ儲ける」
発想の人が多く、社員は駒的な処遇やマネジメントを
行っている傾向が強いかな。

伸びる会社と伸びない会社の「差」は
経営者が社員に対して「愛」があるかどうか!
に尽きますね。

2019-07-30

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

隅田川花火と浦安市花火

隅田川花火と浦安市花火

毎年、同じ日に隅田川花火大会と浦安市花火大会
が開催されます。私は毎年、自宅のマンションから
浦安市花火大会を見るので、隅田川花火はテレビで
見る程度にしています。

しかし、今年は台風接近のニュースが有り、
隅田川花火大会は7/27(土)開催を決定し、
浦安市花火大会は前日に7/27(土)の花火大会
の中止は発表しました。順延で7/28(日)に
無事花火大会は開催されたので良かったです。

この判断の差は微妙ですね。
浦安市の場合、ほぼ海に船を出し、船から花火を
打ち上げるため、台風等の風の影響をモロに受けます。
浦安市はその風の影響を考慮し、1日順延したのだと
思います。それに対して、隅田川は川の上から打ち上げる
?のだと思うのですが、それほど風の影響を受けない
のだと思います。

それと、隅田川花火大会は、大規模な行事であるため
そうそう、雨が降ろうがや風が吹こうが、日程変更する
と膨大な追加予算が発生するのだと推測されます。

以前、ものすごい雨が降っているので、テレビ中継して
いる風景を見た記憶があります。

企業もなんでも、大所帯に成ると、臨機応変さ、
小回りさがなくなり、動きづらくなるものです。
中小企業の特権は、臨機応変さと、小回りさ、
即断即決の意思決定の早さにあります。

私は「浦安花火大会」の意思決定の早さに一票です。

2019-07-29

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

インプットが足りない

インプットが足りない

最近、情報のインプットを怠っている。

仕事から様々な業種業態の現状や最新事例を
インプットしておかないと、当然、アウトプット
が出来ない、もしくは、陳腐化してしまいます。

そのインプットを最近怠っている自分がいます。
なぜ、インプットを怠るかって?

それは、言葉は悪いですが、適当なアウトプットでも
何とか過去の実績等で乗り越えられるからです。

人間楽な方に流されてしまいます。
私もそうです。流されています。

しかし、アウトプットは嘘をつきません。
どんどん、アウトプットができなくなってきました。

ということで、また、インプットを強化していく
所存です。インプットはとても大事です。

中小企業経営者の皆様、
情報やノウハウ、事例、外部人脈等のインプットが
あって、初めてお客様を納得させるアウトプットが
可能となります。

そのことを肝に銘じて、今日も頑張ってください。
私もがんばります。

2019-07-25

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

経営者はやはり労務が苦手な人が多い

経営者はやはり労務が苦手な人が多い

創業社長って、営業でトップ成績を残した人で
あったり、技術力がすごくて、自分で会社起こした
とか、そんな人が結構多いです。

独立開業した際、会社を作って経営者になる。
しかし、「人のマネジメント」をサラリーマン時代
あまりやって来ず、それほど得意でもない人が多い
ので、自分の会社で社員を雇用した際に、色々な
労務的な問題に直面します。そして、その対処方法が
とてもまずくて訴訟を起こされたりするケースも
あるわけです。

私の経験則ですが、
労務(人のマネジメント)がちゃんと出来ない
会社は、10人以上の会社にはならないです。

そうならないために、
経営者が自身が営業や技術で突っ走るのであれば
サブの人間に労務や税務を任せられるそれなりの
人材を登用して、社内を統制していく必要があります。

この当たり前にことに気づかない経営者が
どれほど多いことか。

「組織は人なり」です。
売上を立てることは当然大事ですが、その売上
を立てるのは誰か?「人」です。人の動機づけ等
の労務マネジメントを学ぶ方が先決だと私は思います。

2019-07-24

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

夏休みに入ったね。電車空いている!

夏休みに入ったね。電車空いている!

私は千葉の新浦安に住んでいます。
毎日、バスを利用して、舞浜駅まで行きます。

電車は京葉線で、
私が出勤する時間帯は、都内へ通学する学生諸君
と一緒になるので、電車は結構混みます。
しかし、今日は電車はガラガラ、すでに先週から
ガラガラでしたが。

反対に、いつも空いている舞浜行きのバスが、
ディズニーランド目的の小中学生がたくさん乗車
しており、危うく座れないところでした。
いつもはバスはガラガラです。

まあ、いろいろな人にとっての、楽しみな夏休み
でもあるのですが、弊社のように夏休みが恐怖の
期間でもあるわけです。子供が夏休みなんで、働く
主婦が弊社の戦力ですが、どうしても在宅率を主婦
の方は上げざる負えなくなり、休みが多くなる。
結果、弊社の稼働率が悪くなるって具合です。

あちらが良ければ、こちらがダメ。

経営も、この商品が売れ始めると、あちらの商品が
売れなくなるってなこともよくあります。
常に、環境変化に敏感に反応し、意思決定して
いかなければ、不良在庫を抱えて会社はやばくなります。

時代に敏感に反応していきましょう。

2019-07-19

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

人には得意な「型」がある

人には得意な「型」がある

好みというか、人には自分が得意な「型」
やり方、クセがあります。それを個性と呼ぶ
のかもしれません。

仕事はゴールが決まっています。決まっていない
仕事はゴールを決めるべきです。
ゴールとは、「いつまで」「何を」「どのレベル」
まで仕上げるか!を決定し、上司と部下が共有する
ことからスタートします。

そのゴールが決まると、あとはやり方(How)は
その人の得意ややり方に任されます。
自分の得意なやり方、型で進めればよいわけです。

上司も部下も、まずゴールイメージを共有して
から、仕事に取り組みましょうね。

2019-07-19

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

戦略なき戦いはやっぱり勝てない

戦略なき戦いはやっぱり勝てない

これは本業とは関係無い、私の個人的
事業のお話です。

今、民泊事業を個人でやっており、
東京と沖縄、今年から札幌にも営業を
開始しました。

昨年のサマーシーズンの沖縄はとても
売上が良かったです。それで、今年も
同じくらいのペースで予約が入ると思って
いたのですが、それが甘かったです。
予約が全く入らない。ペースが悪い。

正直、焦ったのです。

また、今年から札幌も運営開始したので
そちらに時間が取られたことも事実ですが、
結局、「何ら戦略」を立てることもなく、
予約が入らないので、「慌てて値下げ」
した結果、予約はそこそこ入ったのですが、
売上的には「惨敗」って感じです。

もっと、宿泊料に対する戦略というか、
ポリシーが無いと、焦ってしまうと、
価格設定がボロボロとなり、安い値段で
予約を取ってしまう。

まあ、来年に向けての良い経験と思えば
良いですかね。

戦略とポリシーはとても大事と今更ながら
痛感したというお話です。

2019-07-18

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

梅雨明けはいつ来るのか?

梅雨明けはいつ来るのか?

昔、大学生のころ、夏山に登るクラブに所属し、
夏山を登っていました。(今は全く登りません(笑))

その際「梅雨明け10日」を狙って山に入る
スケジュールを組んで準備したものです。

その時期が7/10~7/20です。

梅雨が明けて最も天気が安定する期間として、我々の
頭の中にインプットされていたものですが、
今は、気候が不安定で、「いつ梅雨に入ったのか?」
「いつ梅雨が終わったのか?」もわからない状況ですね。

昨日は海の日で、本来なら海水浴場は大賑わいのはずが、
こんなに寒いと海行く気になれないですね。

ほんま、昔の経験則が全く通用しなくなったこの時代、
そのばその場で対応し、段取りを組み替えていく臨機応変
さが必要なのだと痛感します。

中小企業経営も全く同じことが言えます。

2019-07-16

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

災難と思うか、復活チャンスと思うか、自分次第

災難と思うか、復活チャンスと思うか、自分次第

この手のブログ、何度も書いていますが、
本当にそう思うからです。

ある厄介な出来事が起こったとします。
ある人は、その出来事を「災難」と思い、
ある人は、その出来事を「知らない世界を知れるチャンス」
と思ったとします。

当然、その出来事に対する対応の結果は、
後者の方が優れているし、お客様に対して二度と失敗しない
対応策やケアが施されます。

災難と思ってやる仕事って「傷口に絆創膏を張るような仕事」
で、根本的な改善には至りません。何度も同じ失敗を繰り返します。

「知らない世界を知るチャンス」と前向きに捉えることができる
人は、その原因を分析し、二度と起こらない対応策も考え
仕組みを構築して、改善していきます。それが楽しいからです。

結局、自分の気持の持ち方次第で、どんな仕事も楽しくなったり
つまらなくなったりするものです。

世の中が悪い、誰が悪い等々、他人に責任転嫁している人は
いつまで立っても成長しないおこちゃまですわね。

うまくいないのは、自分の心がネガティブなだけです。

2019-07-12

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

社労士事務の超山場をやっと超えた!

社労士事務の超山場をやっと超えた!

社労士事務所は1年で2度の山場があります。
弊社のように給与計算をどっぷり受託している
社労士事務所系の話ですが、、、

ひとつの山場は、6月・7月の労働保険の計算と
社会保険の算定業務の事務が通常の給与計算や
入社退社手続き事務に加えて押し寄せてくるのです。

だから、土日出勤等もあるわけです。
臨時のスタッフの投入もあるわけです。

そんな大変な時期が7/10でやっと終了します。

これから冬場の年末調整時期まで、人材育成等の
基礎固めをしながら、新規ビジネスへの戦略等を
練っていきます。

それほど、戦略的なものは無いんですが(笑い)

2019-07-11

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

従業員に感謝、お客様に感謝

従業員に感謝、お客様に感謝

私は経営はやはり「人」だと思っています。

従業員が自由な発想で働ける環境をつくり、
業務効率化や生産性、お客様への貢献など、
「自分で考えて行動する」組織が最強だと
思っている人間の一人です。

仕事の受注が先か、人材の育成が先か、
鶏と卵のような議論ですが、
私は「人」だと思います。仕事の受注って、
中小零細企業の場合、そこで働く「人」の
おもてなし力、包容力、優しや、集中力、対応力
などにより、仕事が受注できたりします。
その総合的な対応力を見て、お客様は仕事の発注
を出してくれるのだと思います。

私だって、何かの業務をアウトソースする場合、
その会社の従業員が「楽しく自由な発想で裁量を
持ちながら」働いているかどうかを見ます。

だから、従業員のES(社員満足度)を上げる施策
を経営者はどんどん打ち出していく必要があります。
お金だけじゃだめなんです。ヒューマンな対応力が
求められます。

2019-07-09

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

東京都最低賃金1000円超時代へ

東京都、最低賃金1000円超時代へ

国はさらに最低賃金をさらにあげていこうとしています。
それに対して、中小企業は「ぼやいても」「嘆いても」
待ったなしです。

どんな業種・業態であっても、生産性向上、集中して早く
終る習慣づけを経営者は社内で浸透させていかなければ、
もう立ち行きいかなくなります。
特にパートやアルバイトをたくさん雇用する業態は
特にその傾向が強くなります。

アルバイトであれ、パートであれ、多能工化を進め、
利益を生まない業務は、我々のようなアウトソーシング会社
にすべて丸投げし、自社は売上・利益に直結する業務に
経営資源を投下していく時が来たと確信シます。

それが国のメッセージでもあります。
そのテーマで動画作成したので、
よかったら暇な時にでも観てください。
https://youtu.be/R9-0hfKJH5k

2019-07-08

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

人生のゴールが見えてくると、人は取捨選択で悩む

人生のゴールが見えてくると、人は取捨選択で悩む

人って欲張りです。
色々なことをやりたがります。
特に趣味や旅行など。
しかし、自分の終焉がある程度見えてくると、
人は今までのやってきたことを「振り返る」時期
に突入します。そして、「本当にやりたかったこと」
に没頭するようになります。

偽りで、付き合いで、ご近所さんで、的な付き合いの
趣味等に決別し、自分が没頭できるもの一つに絞り込む
ことになるような気がします。

私は今年で58歳になります。
「75歳まで現役宣言」していますが、それでも、
50歳代にしか出来ないこと、60歳代にできること、
70歳代にできること、年代の段階に応じて、自ずと
できることが限られてきます。

「ドイツに行ってビールとソーセージを食べたい」と
70過ぎて思い立っても、実現は出来なくはないかも
しれませんが、敷居が高いです。できるなら50代、
60代でしょう!

年代ごとにできることの優先順位があります。
優先順位の低い事案は、取捨選択で「捨てる」しか
方法はないですよね。

如何に早くそのことにい付くかです。
人間は病気でもしないと、「自分だけはずっと健康」
なんて思って、色々なことに手を出し、散漫になって
しまうものです。

中小企業経営も、ある程度の経営歴ができると、
取捨選択して、事業の集中化、専門化、ある分野に
特化させていく経営資源の集中と選択が必要です。

2019-07-04

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

段取り悪男、段取り良男の違い

段取り悪男、段取り良男の違い

私の周りの人を見渡しても、会社を成長させている
人って、ほぼ「段取りが良い人」です。

段取りって、
①「長期的視野で物事を考えること」
②「ゴールイメージを明確に持っている」
③良い意味で「細かいことに気になる」
④代替プラン(リカバリープラン)を常に考えている

段取り良男は、長期的視野で先を見越しているので
今時点の作業の力の入れ具合等がすべてわかるのです。
だから、横道に外れること無く、無駄な作業等を
行わずに業務を遂行することができるのです。

段取り悪男の行動は、一言で言うと戦略や長期的視点
もなく、「とにかくやってみよう」って具合にトライし、
ダメなら再度考えよう!的なものとなります。

生産性、効率性、出来上がる品質や納期の短さ等、
比べものにならなくなります。

今日、コンビニで段取り悪いおっさんがコーヒーメーカー
でコーヒーを入れていたので、当該テーマでブログを
書いた次第です。

ちょっとした行為や作業でも、段取り悪男と良男の差は、
「雲泥の差」になるってことです。
それが何年、何十年と積み重なると、どれだけの差になるか
中小企業経営者の方は、社員の方と一緒に、真剣に考える
機会を持つのも良いと思います。

2019-07-03

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

人は根本の性分は変わらない

人は根本の性分は変わらない

この土日で和歌山に帰省しました。
右手の指を3,4本、骨折した親父の見舞いに
行くためです。土曜日にちょうど退院となり、
和歌山の田舎の自宅に2ヶ月ぶりに帰れるという
運びになったのですが、入院当初、ものすごく
自分のやったことに反省し、周りに迷惑をかけた
と「泣いて反省していた親父」。

しかし、2ヶ月たち、骨折した指はまだ完全に
回復していないのですが、すっかり元気になり
「昔のわがままな親父」が出てきたのです。

自分は足が悪くて動けないのに、頭と口だけは
達者で、おふくろに「ああだ!こうだ!」と指示
し始めたので、家族全員で「なんやそれ!全く
反省してないやん!」とツッコミを入れられて
いました。

まあ、私もそうですが、生まれ持った性分とい
うか性格は、そう簡単には変わらないし、変えら
れない。

中小企業経営者も、人には生まれ持った性分、
性格、特性というものがあります。それを理解して、
組織マネジメントをやっていかないと、自分の思い
通りに「人を変えよう」としても、それは無理な
話です。

人は自分で気づき、「これではあかん」と悟った
時にやっと変わることができます。経営者は従業員
に対してその「気づき」を与えていくことしか出来
ないのではないかと最近つくづく思います。

2019-07-01

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る