人口減少下での中小企業経営者の役割

人口減少下での中小企業経営者の役割

先日、100人以上の中小企業経営者とお会いして
色々な課題を情報交換しました。

トップの課題は「離職」でした。
せっかく雇用したのに、すぐ退職するとのこと。

このような会社、意外に多いのでは・・

以下のようなことをぜひ行ってください。
(1)社員との面談(3ヶ月に1回程度は必要)
   ここで社員の言い分野ニーズ等をヒヤリング
(2)社員の適性を経営側として把握する
(3)適性を踏まえて、
   社員の強みを活かして自主性を引き出す
   仕組みに変える

要は経営者と従業員が双方向なコミュニケーションを
蜜に取れているかどうか!で勝敗は決まります。

中小企業経営者に中には、社員の持っている特性
をあまり把握せずに、配置転換を行っているケース
が散見されます。これはもったいない。

この人口が減少している時代に、今までと同じように
退職者の穴埋めがすぐできる時代ではなくまりました。
もっと、社員一人ひとりと向き合い、社員能力を向上
させ、モチベーションをあげる施策を経営者はこまめに
打ってでないと、どんどん離職者がでて、会社が衰退
していくことになります。

そのきっかけが、適性検査などかもしれません。
弊社の適性検査CUBIC、まずはトライアルで3名無料で
受診できます。

適性検査CUBIC トライアル3名まで無料
https://re-p.heteml.jp/contact/entry/

2019-01-31

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

中小企業にとって有給5日義務化の影響は大きい

中小企業にとって有給5日義務化の影響は大きい

今、クライアントからこの件での問い合わせが多く
なっています。今年の4月から有給付与10日以上の
人に対して、会社は年間で5日の取得をさせなければ
ならないようになります。

違反企業に罰則があるので、ちょっと真剣にならざる
おえないですね。

パートさんも付与10日の権利がある人は、同じ5日
取得させる義務が発生します。

まあ、中小企業で、今まで有給をほぼほぼ取得できて
いなかった会社は、とてもシフト上の影響が大きいと
言えます。

2019年からは人事施策は発想の転換が求められます。
(1)人員を増やさず残業を少なくして回せる仕組みの構築
(2)有給を取得しても今の業務量を回せる仕組みの構築

文字では簡単に記載できますが、
実際は「生産性向上」「業務効率化」のシステム投資、
人材スキルアップ教育、多能工化、業務のリストラ
(断捨離)等、今年は中小企業の決断力が試される年に
なりそうです。

2019-01-30

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

事業は何でもライフサイクルがあります

事業は何でもライフサイクルがあります

ビジネスで自社の事業モデルが半永久的に継続される
ことは、ほぼ無いです。製品や事業には導入期、成長期、
成熟期、衰退期というライフサイクルがあるからです。
だから、単発商品や事業の会社は、やがて衰退期になると
別の「成長事業」を作っておかないと一気に会社が傾きます。

人気グループ「嵐」も例外ではなく、今、成熟期の彼らは
活動休止という選択をしました。メンバー年齢が上がり、
衰退期を迎える前に活動休止をしたというところでしょうか。
まあ、真相はよくわかりませんが。

サザンオールスターズなんかは、ソロになったり、グループ
再結成したり、歌の質を変えたり等、うまく付加価値を
作りながら長い間人気を保っています。

中小企業の事業で、最も大事なことは、
「狭い市場」「差別化できる付加価値」で常に改良を加え
進化していくことでしょうね。そうすることで、単発商品
やサービスでも、衰退期を迎える前に、新たな成長期を
もたらしてくれます。市場のニーズと動きをいち早く察知
することが大事です。

2019-01-28

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

今後はハイテクとローテクの融合が鍵か

今後はハイテクとローテクの融合が鍵か

テレビ東京系の企業紹介で、ハイテクとローテクの
融合で、高業績な会社が紹介されていました。

どんなビジネスか?

「雪国の駐車場の雪解け装置を人間が24時間監視し、
 スイッチをオンオフするビジネス」だそうです。

この監視が無いと、ちょっと雪が降っただけで、センサー
が感知し、雪解け装置のスイッチがONになるそうです。
一旦、ONになると、結構長い時間スイッチが入りっぱ
なしになるので、大家はものすごい電気代を負担していた
そうです。まあ、ハイテク技術で雪を監視し、道路に雪が
積もらないように雪解け装置のスイッチがセンサー感知で
自動的にONになるまでは良かったのですが、どうしても
節約・節電には人間の24時間監視の「ローテク」が必須
となってきます。

ここに他を圧倒する参入障壁が実現できます。

中小企業の皆さんのビジネスでもそうです。

生産性や効率を狙って「IT=ハイテク化」していくことは
当然ですが、それでどれだけの付加価値(私は人間介在が
ベターだと思っています)を付け加えて、大手企業や競合
他社が入り込めないブルーオーシャンな市場を作り上げて
いくかが重要です。

今後、生き抜く企業として、とても参考になる事例でした。

2019-01-24

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

コミュニケーションをどう取るか?

コミュニケーションをどう取るか?

組織(会社やチーム)を活性化させる方法って
いろいろあると思いますが、効果が最も高いのは
やっぱり「コミュニケーションを密に取る」こと
なんですよね。

これは=「会議を多くする」ってことではないです。
一方通行の会議をどれだけやっても、双方向のコミュ
ニケーションなんて生まれっこないんです。
ここ、中小企業経営者の勘違いが多い!
会議=「コミュニケーションを密に取る」って。

私が考える「コミュニケーションを密に取る」って
こういうことじゃないかなと思います。

■毎日の一人一人への声かけ
(「どう?」「なにか不安なことある」)

これだけなんです。

これをできれば、朝昼晩の3回位声掛けすることで
会社やチームメンバーのモチベーションが上がります。
自分から言いにくい悩みや課題は、聞いてくれれば
言いやすくなります。

その環境(仕組み)を作っていくことが、中小企業経営者
の役割なんじゃないかなと思います。
売上・利益を上げるためには、ES(従業員満足度)をまず
上げないと、その先へは進めません。

2019-01-23

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

自分で諦めたらあかんね(錦織さんの試合)

自分で諦めたらあかんね(錦織さんの試合)

錦織さん、5時間の死闘で2セット取られてからの
3セット取って、逆転勝ち。まあ、私はダイジェスト
しか見ていないですが、ものすごい精神力です。
普通の人なら99%諦めたでしょうね。

しかし、錦織さんは諦めなかった。
自分を信じて諦めず戦った結果、大逆転勝ち。

経営も仕事も同じことが言えるな!って思います。
成功している人って、自分の信じたことに対して
真摯に打ち込み、諦めなかったから成功を掴んだと
言えます。(そうじゃない人もいますが・・)
ビジネスマンも適当な仕事をしている人と、最高の
パフォーマンスを常に考えて実践している人とでは
成果は雲泥の差があります。

結局、大半の人は「自分で、これでOK」と前進したり
チャレンジしたりすることなく、そこで「諦める」
ので、最後の果実である「圧倒的な成功」を手にする
ことができないのだと思います。

私も含めて「これでいいや!」ってやっちゃうと
そこで考えたり、工夫したり、創造したりすることを
しなくなります。

錦織さんのように、自分に厳しく、自分に勝たなければ
明日も未来も見えてこないよね。
ちょっと私は錦織さんから勇気をもらってしまいました。

2019-01-22

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

自分の夢や目標は他人に公言して初めて実現する!

自分の夢や目標は他人に公言して初めて実現する!

私のような意思の弱い人間には、「公言」がうってつけです。
自分の中だけで夢や目標を持っていても、
やがて時間の経過とともに、忘れ去り、結果、「やりません」

だから、意志の弱い私は、人と会うたびに夢や目標を語ります。
そうすることで、いろいろ質問等をされます。
その質問に最初は明確(具体的)に回答できないのですが、
いろいろな人に公言していくと、徐々に自分の構想が固まって
来るのです。そうすることで、実現に一歩近づきます。

人に公言することは勇気がいりますが、
人生かけてやりたいことなら、自分だけの中に収めず、
他人に公言したほうが、仲間も集まってくるだろうし、
夢や目標の達成スピードがものすごく早くなると確信します。

公言!公言!

2019-01-21

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

思い切った「廃止」がこの時代重要じゃないか

思い切った「廃止」がこの時代重要じゃないか

断捨離と言われて久しいです。

「もの」の断捨離はできても、
会社の事業の断捨離がなかなかできない経営者がいます。
私も含めて、惰性で従来の事業を漫然と継続させています。

しかし、これではこれからの企業経営は未来が無いな!
と痛感しています。利益が出ないわけです。

すべての仕事のやり方を「0ベース」から再構築して
不要な事業、業務、仕事、作業をすべて「捨て去る」
くらいな覚悟をもって、断捨離しないと、
会社の生産性なんて上がりません。

業務の生産性を従来より1.5倍くらい上げていく努力
をしないと、中小企業は人手不足と無駄な業務で、
コストで圧迫されて、やがて市場から撤退させられて
しまうのだろうと思う。

だから、思い切った「不要業務の廃止」が重要です。

2019-01-17

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

課題は次から次へとやってくる!

課題は次から次へとやってくる!

かっこよく言えば、それが「経営」ってもんです。
「神様はその人が乗り換えられない試練は与えない?」
と言われますが、そのとおりですね。

その場の課題を一生懸命に取り組んで、解決したとします。
その過程で、その人は成長しています。少なくとも課題から
逃げ出さずに対処した人は。

そうすると、神様は上から見ていて、
「そろそろ次の課題じゃの!」と言って、次なる課題を
もたらしてくれるだと思っています。

その時点でその人はとても成長していることになります。

課題が自分の目の前に立ちふさがった時に、
その課題から「逃げる」か「解決することに尽力する」か
で、その人の成長度合い、成長スピードが変わってきます。

結局、人って課題や目標が無いと、創意工夫や創造力、
想像力が働かないので、成長しないのだと痛感します。
成長する人って、常に自分をシビアな環境に置いています。

2019-01-16

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

継続は力と言っておきながら1ヶ月間ブログ更新しませんでした。

継続は力と言っておきながら1ヶ月間ブログ更新しませんでした。

理由はともかく、自分が立てた持論やポリシーに反した
ことをやると、気持ちが良くないです。
罪悪感を感じてしまいます。

だから、自分の持論である「継続は力」を今日から再開
していきます。

何でもそうですが、一旦「走ることを止める」と、そのまま
転げ落ちてしまいます。私の場合、緊急かつ重要案件が
飛び込んできたので、朝のブログを書く時間を、その業務に
優先した結果なのですが、それも言い訳です。ブログを書く
時間はいっぱいあったと思います。

人間は弱い。
弱いからこそ、自分で目標やポリシーを立てて、
それを愚直に守る、達成していく、ことで、その弱さを
少しでも自信に変えて、強くなっていくものだと思います。

継続は力、この行為ほど、人に自信を与えるものは無いと
私は断言します。

今後ともよろしくお願いいたします。

2019-01-15

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る