人間、「心構え」次第でなんとでもなる

人間、「心構え」次第でなんとでもなる

この心構えがとても重要ですね。
「物事に対処する心の準備。覚悟。」と電子辞書
で引くと出てくる。

・先を読む力
・代替プラン設定とそれに対するリスクヘッジ力
・意思決定と決断
・結果に対する覚悟

ってなところでしょうか!

経営者でも管理職でも一般サラリーマンでも、
この「心構え」がない人は、いつまで立っても
人に使われ、人にこび、人の目を気にしながら
生活していくことになります。

そんな人生でも「楽しけりゃ」良いです。
しかし、私はごめんです。
だから安定サラリーマンだった銀行員を辞めたのです。

人生一回きり、自分の将来に対して、「人生の心構え」
を再検証し、経営道やサラリーマン道に邁進して下さい。
自分の気持の持ちよう、心構え、人生は変わります。


2018-04-26
中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

私が旅館業を取得するとは・・

私が旅館業を取得するとは・・

今思えば、私が猫好きで「猫と人が共生できる住まいの提供」
をしたいと思いたち、2年前、宅建士の勉強を開始し、
昨年合格し、宅建業の開業を行う予定でことを進めていた
のですが、そこで障壁になったのが、預託金と専任宅建士
でした。私が別会社(nextage株式会社)を立ち上げて、
代表に付く場合、別会社や社労士事務所の代表をやっている
と、私自身が「専任の宅建士」になれず、別の宅建士を
雇用しなければならなかったため、ちょっと「猫マンション」
は中期的な目標にし、なぜか、横道それて、民泊に行った
のです。

3つある物件の一つに、沖縄の物件があり、一戸建て
だったので、旅館業を申請して営業開始しています。

この6/15から旅館業法の改正、民泊新法の施行で
民泊や旅館を取り巻く環境が大きく変わります。
その大きなうねりの中にいる「自分」は、ある意味
幸せだと感じています。うねりの中で耐え忍んだ人が
チャンスを掴むことができるからです。

最初は「儲かる?」って感覚で「民泊」を始めた結果、
法改正のうねりで、「旅館業」を取得する羽目になり
結果、旅館を営業しているという現実。
その時は無我夢中でやっていることが、一旦立ち止まって
後ろを振り返ると、「あらま!」ってな感じで
感慨深いものがあります。

これからどうなるかわかりませんが、
合法的に旅館業を運営し、沖縄に来られる旅人に対して
おもてなしができる
【美ら海 憩いの隠れ家 遊楽館】を運営していきます。
https://www.airbnb.jp/rooms/22055891

沖縄に行く予定の方、ぜひご利用下さい。

2018-04-25
中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

光と影

光と影

なんでもそうですが、「光」が当たる場所には
必ず「影」ができます。

例えば、ビジネスでヒット商品が生まれ、
製造ラインが忙しくなり、従業員が休む間もなく
働かなければならず、過労死者なんかが出たり
することが「影」ですかね。

中業企業経営において、光ばかりを追い求めて
いると、影の部分が大きくなり、やがて経営は
きつくなり、破綻ってことも有りえます。
「影」って、適用できない人材、不良在庫、
不公平な待遇など色々な負の遺産があるかと
思います。

この人材不足時代の日本で、その負の遺産を、
「マイナス」にしないマネジメント力が中小企業
には求められているし、それができる経営者がいる
中小企業が生き残れるのだと痛感する。

特に人はホント、「使いよう」なんです。


2018-04-23
中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

守りがあって初めて攻めに転じられる

守りがあって初めて攻めに転じられる

経営もスポーツも、家庭も、すべて同じです。

「守りがしっかりしている」ことが前提です。

たまに、イケイケの経営者に出くわすことが
あります。守りが手薄?というか、何も仕組み
や良い人材が無いのに、儲ける話にガンガン飛
びつき、走り回っている人。

これじゃ、短期的には売上・収益が上がっても、
長期的な会社(組織)が成立すつことはなく、
やがてシュリンクして、組織は崩壊していきます。

なんと言っても「守り」なんです。
安定的に売上や収益ができる仕組みをまず作り、
それが恒常的に継続できる人を育て、やっと
守りが完成します。

攻めるの、その体制ができてからだよね。
この当たり前がわかっていない経営者、
意外に多い。

2018-04-20
中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

あうんの呼吸

あうんの呼吸

日本企業の場合、この「あうん」がとても重要で
「それやっておいて・・」
「いつもどおりな・・」
「例のやつ・・」

で仕事を回してきたのです。
だから、社員やスタッフは、先を読む力を養います。
その力がない人は、低賃金化となるわけです。

これが日本における「能力主義」なんです。

成果を出すとか、結果を数字で出すとか言うけれど
日本で、最も評価が高い人間は「あうんの呼吸で
相手の真意を汲み取り、先回りする力」なんです。

この日本的なとても融通がきく「能力」を持った若者
が「激少している」な!と私は思うわけです。

なんでも1~10まで記載しないと仕事出来ないのか!
お前ら!って叫びたいけど叫べない。

もっと、「自分が担当している仕事の意味を理解して」
行動してもらわないと、日本は世界市場から撤退させ
られることでしょう。



2018-04-19
中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

時流に乗れない経営者が会社をダメにする

時流に乗れない経営者が会社をダメにする

会社は不景気で倒産するのではなく、
「時流に乗れない会社」が売上不振になり、
やがて、赤字になり、倒産するだけののことです。

弊社も従来型のビジネスモデルでこの3年くらい
やや調子もよくやってこれましたが、
マジで「AI」と「クラウド」と「ロボット」に
圧倒されそうな様相を呈してきました。
このタイミングで時流に乗らないと、弊社も3年
後には「無い会社」となってしまう可能性がありますs。
社労士事務所や税理士事務所は、もっと危機感を持つ
べきだと痛感すべきです。

今年、我が社は「AI+ロボット」元年と位置づけ、
管理部門のフルアウトソーシングを狙います。
AI元年の年となります。

イメージ的には「管理部門の人材は0人」という
ことになります。弊社が総務から人事、経理まで
すべて「リモート」でフルアウトソーシングする
感じです。つまり、ロボット君がオペレーション
するイメージです。

中小企業経営において、人口減少局面になった今、
人材を生産部門に投下し、収益に貢献させていく
ことが大事です。経理部門、人事労務部門で人材を
雇用することは、ちょっと未来では、「ナンセンス」
な時代がやってくると思います。


2018-04-17
中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

人の言うことを真に受けるな!

人の言うことを真に受けるな!

人って、私もそうなんですが、
事実確認を取らずに、人から聞いた話を
さも「真実」の如く話をする傾向があります。

「人は平気で嘘をつく」

という前提で、自分の商売やビジネスを考えなければ
ならないと痛感します。
※本人は悪気はないんですよ。

人は同じ事象を2人以上から言われたとすると、
その事象は「正しいに違いない」と思い込みます。

ある実験を昔テレビでやっていました。
ある人に対して、3名が出会うたびに「今日、顔色
悪くない?」と言われるというテストです。

そうすると、この人は「自分で病気だと思い込み
体調が悪くなった」という事例です。

話を元に戻しますが、
「他人は平気で聞いたことを適当なことを言います。」
それを聞いた人は、鵜呑みにせず、
「事実確認を自分でしっかり行って」次の一手を打って
くださいね。

悪気がないのですが、
「人は平気で嘘をつく」ものなんです。

2018-04-13
中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

差別化する付加価値ってなんだろう

差別化する付加価値ってなんだろう

先日、ある信用金庫の利益が伸びているという記事を
を見ました。

金融機関の貸出が伸びない中、預貸率が80%を超えて
いるという。これは信用金庫の存在意義である中小零細
企業に対して、少額な資金を融資し続けている証です。

その根幹は何なのか?

ずばり、「中小企業に対して総合的な課題解決業」に
徹しているからだという。とかく、ちまたの銀行は
「資金需要」しか興味がない場合が多いのだが、
この信用金庫は「あらゆる経営者の悩みや課題に対して
専門家を紹介しその際のコンサル料は3回まで信金が
負担している」とのこと。

ここまでやられたら、中小零細企業は、ワンストップで
この信金に相談に乗るようになります。この信金は
「絶対断らず、役に立つ専門家や社内人材を探し、
紹介する」そうです。

そうすると、また相談するようになり、結果、信金へ預金
したり、融資を融通してもらったりしますよね。
ここまで、経営全般に関与している金融機関は少ない
と思います。他人事を自分事のように汲み取り、
支援や応援してくれる信金なんです。

これが「他の信金と差別化する付加価値」なんですね。
この付加価値はお金では測れないものがあります。

世の中の中小零細企業に良いヒントになれば幸いです。

2018-04-11
中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

就職不人気業種に銀行が・・

就職不人気業種に銀行が・・

私が銀行に入行したのが、もう33年くらい前?
ですね。その当時、銀行員=「安定職種」でした。
証券会社とともに人気業種だったような気がします。

銀行の大リストラ報道を受けてのことらしいですが、
ちょっと敏感というか、短絡的な行動ですね。

やっとこれから銀行は色々な事ができるようになって
くるような気がします。ビットコイン等の決済システム
が普及するだろうし、AI化で窓口はほぼロボットというか
ATMのような機械化が進むだろうし、インタネットで
ほぼほぼ何でも決済等ができるようになるだろうし、
そこで必要となってくる銀行員のイメージ像は、
マーケティングやマルチなビジネスに精通した、または、
アイデアがある銀行マンが重宝されてくると思います。
従来型の銀行マンが淘汰されていくことでしょう!

銀行員にとって、もっとも重要な資質は、将来性のある
経営者や会社に対して、資金を融通し、成長させ、
日本の産業革命を起こさせるような気概と使命感なんだ
と思います。

まあ、きれいごとです。結局、銀行って、公務員のような
官僚組織なんで、その若き熱き志は、数年で消えてなく
なります。これが悲しいけど、現実です。

トップが最低でも40歳代が出てこないと、銀行は変わらんな。

2018-04-09
中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

他人と比べるから自分が嫌になる

他人と比べるから自分が嫌になる

SNSで誰かが投稿されていました。
「入社式当日、もう辞めたい」的な記事。

中身を読みましたが、
「同期がバカに見える」
「同期から馬鹿にされている感じがする」
「同期と話の波長が合わない」等々

【どれだけ自意識過剰なんだよ!】って
言いたいよね。

「他人と自分を比較しても仕方がない」という
ことを早く知ってほしい。
私も偉そうなことは言えません。若い頃、
同期の活躍の話を聞くと、ちょっと嫉妬して
いました。常に同期と比較している自分が
いました。
しかし、同期と比較しても、焦るばかりで
仕事等で他人との優劣はつくけど、自分自身
が成長しているかどうか?というと疑問なんだよね。

結局、他人の動き、言動、振る舞いなど、すべて
気にせず、【昨日の自分と比較して、今日の自分
がどれくらい成長できたか!】という戦いを毎日
自分の中で実践していければ、大丈夫なんですがね。

若者よ!
他人との比較より、【昨日の自分】と比較して、
人生(仕事、プライベート)を楽しもうぜ!
他人から何いわれてもいいじゃん。
自分が成長しているのであれば。
外野から何か言う人は、その人は「あなたと比較して」
コンプレックスを持っている人なんです。
寂しい、悲しい人達なんです。そう思えば良いです。

2018-04-06
中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

4/6から毎週1本ペースで動画がブログ化されます!

4/6から毎週1本ペースで動画がブログ化されます!

ある日、私の携帯に電話が入りました。

「節約社長の◯◯です。
 南本さんが配信されている組織活性化TVのコンテンツ
 を文字起こしして、配信したいのですが。。」

という内容でした。

私の携帯番号をどうやって知ったのだろうと聞いた所、
動画の最後のページに携帯番号を記載しているのを見て
電話をくれたそうでした。

内容を見ると、私がベンチマークしている方も掲載されて
いて、また、他の人のコンテンツもまともだったので
掲載を許可することにしました。

4/6から週1本ペースで配信するようです。
http://setsuyaku.ceo/ch=yasushiminamimotorep/

良かったら読んでみてください。

私が動画で喋ったことを、ちょっと言い回しを変えたり
追加の事例を入れてくれていたり、わかりやすく編集
してくれています。



2018-04-05
中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

新人 14訓

新人 14訓

4月から新人さんが入社され、街には学生気分が
抜けきれていない様子の「のりの良い」新人さん
をたくさん見かけます。

中小企業に置かれましても、新卒者や中途の方が
入社されることと思います。

最初が肝心。
仕事は厳しいもの。等々
教えておく必要がある「新人14訓」を動画で
配信しています。

ぜひ、参考にしてください。
あくまで、中小企業経営者の視点で作成しています。
https://youtu.be/TMEmsN17OCI



2018-04-04
中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る