過去に縛られない

過去に縛られない

人は「過去」の苦い経験や切ない体験で、「今」を
縛られてしまうケースが多々あります。

それは私もそうです。
過去のトラウマで、動けなくなる場合があります。

しかし、それでは「未来」は開けません。
開けたとしても、あまり、自分が納得する結末には
ならないような気がします。

私の場合、今55歳ですが、
まだあと15年(70歳まで)は現役でやろうと決め
ています。だから、新しいことに何度でもチャレンジ
出来ると思っていますし、実際、チャレンジ中です。
チャレンジすることで、創意工夫が生まれ、やる気や
モチベーションがあがります。結果はどうあれ、
非常に達成感を味わうことが出来ます。

組織運営も同じで、古臭いルールや体制で、旧態依然
として、過去と同じことをしていても進歩はないです。
良い部分を残しつつ、今の時代「古臭くなった部分」
を全く新しい仕組みに入れ替えて行くことが大事だと
思います。

中小企業経営者に皆さん、
過去にとらわれている部分があるのなら、
「今の時代」にあったものにリプレイスして、新たな
風を社内に入れてみてはいかがでしょうか!

2017-07-31
中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

80%主義が最も動きやすい

80%主義が最も動きやすい

8割主義、これがやはり効率が良いと思います。
特に、小回りや機動性を重視する中小企業では
なおさらです。

新規事業でも、社内ルール決定にしても、
80%主義でものごとを考えると、「短時間」
にある程度大枠がかたまる、すぐ行動に移せます。

これを95%とかほぼほぼ100%にしたがる
経営者がいます。かなり慎重な特性をお持ちな方
に多いのですが、それではどうしてもスタートが
「遅れて」しまいます。

新規事業でも新規サービスでも、如何に世に早く
提供し、浸透させて、ブランド化し、知名度を上げ
ていくことが出来るかにかかっています。

100%主義でやっていたら、しっぱいしない確率
は高まりますが、成功する確率はとても下がります。

80%主義のメリットはたくさんあります。
(1)すぐ動ける
(2)失敗したときに軌道修正がすぐ出来る
(3)コストがそれほどかからない
(4)トライ&エラーで何度でもチャレンジ出来る

メリットだらけの主義なら、採用したほうが良いですよね。

2017-07-28
中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

親藩と外様の違い

親藩と外様の違い

中小企業の場合、最初は経営者と数人で会社を立ち上げ
阿吽の呼吸でマネジメントしながら、事業を軌道にのせ
ます。この同士こそが江戸時代に大名でいう「親藩」で
あり、忠誠心がとてもあるので、少々の理不尽なことでも
「会社のため」という気持ちがあるため、経営者が進む
方向性に共鳴し、ついてきてくれるものです。

せいぜい5,6名でしょうか?

それ以上、会社の規模を拡大したいのなら、
明確で公正な「社内ルール」の確立が必要です。

理由は、どんどん大名で言う「外様」が参入してくるから
です。外様は、結構さめた目で社内を見ているので、
個別対応とか特別対応を嫌います。すべて公平なルールを
明確にすることを求めてきます。

経営者としては面倒くさい限りです。

しかし、貴方(経営者)が、会社を10名、20名、50名
と拡大させていきたいのでしたら、社内ルールを明確に定義し
いらぬ「個別対応」をすべて排除する覚悟が必要です。

その時の注意点として、
今までの「親藩」が離反していく可能性があるという点です。

組織は生き物なので、
私的には、「ルールづくり」をして「外様」を入れる器を
つくり、新陳代謝を図り、会社を発展させていく方策を選び
ます。それが働く従業員にとっても収入が増える可能性があり、
WIN-WINだと思うからです。


2017-07-27
中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

つかず離れず!

つかず離れず!

これが私の人間関係に対する「ポリシー」です。

それほど人が嫌いじゃないのですが、
公私にわたり仲が良くなりすぎると、後々、
気まずくなったときの対応が面倒なんです。

だから、良い距離感を保ちながら、人間関係を
維持しています。

見方によっては、「南本さん冷たい」とか
「付き合いが悪い」とか言われるかもしれませんが、
それで良いのです。それが私の流儀なんで。
その代わり、私は「うそ」をつきません。誠実に
仕事をやりますので、それで付き合いが悪いから
という理由で「契約切られても」なんら問題ないです。

しかし、頼られたときは、とことん、寄り添いますし、
頼られないと、とても距離をおいてしまいます。

南本操縦法は、適度に「何かしら頼る」ことかも
しれません。その期待に必ず答える根性とやる気と
勇気がありますから(笑い)

中小企業経営のマネジメントでも「つかず離れず」
は意外に効果があります。経営者が社員一人一人に
感情移入をすると、ろくな結果になりません。
私はいろいろな会社を見てきて、そう思います。



2017-07-26
中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

お客様は何もしなければ減っていく

お客様は何もしなければ減っていく

皆さんのお客様は如何ですか?
普通にやっていても、顧客は「減少」します。
多い企業で20%、弊社で10%ぐらいでしょうか。
理由は、色々あります。
弊社の場合、「事業所閉鎖」が最も多いです。

だから、新規顧客を獲得する営業が生死を分けるわけです。
弊社の場合、70%がネット(ホームページ)からの
問い合わせです。後の30%はお客様からのご紹介、
税理士さんからのご紹介です。

弊社が心がけている点は、あと一つ。

顧客数を増やすことです。

大口顧客だけで売る上げの数十%とか、昔はあったのですが
その顧客から契約を切られた時、弊社はちょっと大変の状況
に陥りました。だから、今は、少額の顧問料でも良いので、
給与計算と社労士手続の顧問をいただくようにしています。
大口お客様の全体シェアを低くしていくことが重要です。

顧問になっていただいたお客様には、就業規則作成やメンテ
はほぼ無償で行っています。また、助成金の申請代行など
とてもリーズナブルな成功報酬でやっております。
基本、お客様以外には助成金のご提案はしておりません。

お客様を増やす王道は「今のお客様に精一杯のサービス」
を提供することです。その姿勢がご紹介を生んでくれます。

ありがたや!

2017-07-25
中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

意思決定の基準ってなんですか?

意思決定の基準ってなんですか?

私は最近、ある意思決定を行いました。

その基準は、
(1)将来的にみて市場が有望
(2)ニッチな市場で競合他社が少ない
(3)弊社にオリジナリティを出せる

そして、もう一つ
(4)メリット・デメリット表を作成し、
   デメリットがほとんど見つからない

という点です。(私が重視している点ですね)

中小企業経営は意思決定の優劣により、
一瞬で会社を潰してしまう可能性があります。
そうならないために、慎重なぐらいの分析や考察
が必要ですね。

まあ、数年後、私の意思決定が「正解」か「不正解」
かが、判明すると思います。

中小企業経営者の皆さんも「意思決定」を楽しんで
経営を行ってください。
サラリーマンでは味わえない「わくわく」「どきどき」
感があります。

2017-07-24
中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

この時代の学校のあり方

この時代の学校のあり方

毎年、夏休みシーズンになると、このことを
考えます。

私が生まれた昭和30年、40年代なら、
小学校や中学校、高校に「冷暖房」が完備して
いなかったので、夏休みは必要だったと思います。
そうでないと、みんな、今で言う「熱中症」で
倒れるからです。

しかし、今の時代、「冷暖房」が無い学校なんて
無いと思うのですが、私が常識はずれ?ですかね。

私は思うんですが、
夏休みをお盆の週の2週間程度にし、
夏休み、冬休み、春休みで2週間程度にすれば、
学校行事もスムーズに運営出来るようになり、
先生に負担も減るような気がします。(素人考えですが)

そうなると、子供を抱える主婦も、
労働市場に出やすくなります。

文科省、もっと斬新な発想で一億総活躍社会を
実現していかないと、日本は本当に沈んでしまい
ますよ。高齢者を雇用して助成金をじゃぶじゃぶ
出したってたかが知れています。

昔OLをやっていた子育て中の主婦を、働きやすい
環境に変えていかないと、やばい気がします。
学生なんて、「勉強」することが仕事なんだから
「長い休み」なんて不要なんだと思うんですが。

ちょっと過激ですんませんでした。
しかし、これ私の本音です。

2017-07-21
中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

社員に対する指導は「ヒントを与えるだけ」

社員に対する指導は「ヒントを与えるだけ」

昨日、ある経営者と会食させていただきました。

その企業は社員に自主性を持たせ、自分たちが
仕事を組み立てて行動しているので、収益率が
とても高い会社に変貌しています。

その社長いわく「私は社員にヒントを与えるだけ」
とのことでした。私も同感です。

会社って、経営者がと軍隊みたいに統制しても
ダメだし、丸投げで任せきってもダメです。
ちょうど良い、「鵜飼い」のようなマネジメント
が必要なんです。

所詮、人は「感情」で行動します。

自分で考えたアイデアを具現化出来る組織体が
あれば、そこで自由に仕事をさせてもらえるの
が最も幸せで、結果的に、会社の収益は最適化
されるというのが私の考えです。

私の関与先で伸びている企業は、
みんな従業員の自主性を重んじ、仕事を任せ、
責任と権限も与え、失敗したら経営者がケツを拭く
覚悟を持ち、成功したら会社全体で喜びを共有する。

経営者はこの「覚悟」だけ持っているれば良いのです。

中小企業経営者はとかく、社員を信用しない傾向が
強いです。その気持もわからなくもないですが。
しかし、それでは強い会社にはなりません。

社員を信じ、権限委譲していくと、経営ってとても
楽しく、経営者は次のステップを考える時間も得ら
れます。とても楽しく愉快なことだと思います。

2017-07-20
中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

自分のいる場所を冷静に分析してみる!

自分のいる場所を冷静に分析してみる!

昨日、不動産系のある方とミーティングさせて
いただきました。

そこで「ハッ」とさせられたことがあります。

それは
「狭い市場で物事を考えると視野が狭くなる」
というものでした。

人間、何かのビジネスに熱せられると、周りが
見えず、今、自身がやろうとしている「業務」
がすべて100点だと思い込み、大きな視野というか、
広い視点で「今の自分」を見ていないことが多い。

まさに、今の自分もそんな感じでした。

自分の今の立ち位置を大きな視点、もっと言えば
事業戦略上、どこのあたりいいるのか?を明確に
し、そのポジションでの役割をしっかりと全うす
るために「今何をすべきか?」を考え直す良い機
会となりました。

自分のいる場所を冷静に分析してみると、
あまりスピードとか、周りの状況が気にならなく
なります。

何かに夢中になるあまり、本来やるべきことと異
なることをやっている中小企業経営者がいたとし
たら、それはちょっと一旦立ち止まり、冷静にな
り、自分の今の役割が正しいか!を自問自答しな
がら前進することをオススメします。


2017-07-19
中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

「個性」ってよく言うけど何?

「個性」ってよく言うけど何?

私は「個性」を伸ばす!という言葉をあまり
好きじゃないです。それは仕事、職場において
「好きじゃない」という意味です。趣味とかの
分野では大いに個性を伸ばしてほしいものです。

私見ですが、
組織なんて「軍隊」みたいなもので、超官僚的な
組織なんですね。そこに入社して「私の感性と違う」
「思っていたのと違う」「私の個性が伸ばせない」
なんて言う人がいます。
それは経営者からすれば、「ちょっと違いますよ!」
ってことを言いたいわけです。

「私の感性と違う」って感じたなら、他の会社に
行けばいい。今いる会社でぶつくさ言うなっていうのが
私の思いです。

自分の強烈な個性を「組織目標」「組織ビジョン」に
どう適合させるか、どう役に立たせるかを従業員は
真剣に考えなければならないのであって、「自分の
個性に合わない」ことを主張する場ではない。

中小企業経営者は強い組織を構築する際に、
「個性豊かな人材」を求めることは良いですが、
自分の個性を主張してくるような人とは今すぐ決別し、
自分の個性で、会社に適合しない部分を押し殺し、
会社の組織目標に役立つ自分の個性を仕事に上手く
適用させてくるような人材を多く抱え込みましょう。

そんな人材はそういません。
ならば、個性のない普通の人を雇用した方がマシかも。

組織は組織目標を一緒に必死になって達成してくれる
人材が欲しいわけで、個性があるかないかは関係ない
話なんだろうなと思います。

2017-07-18
中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

営業という仕事

営業という仕事

「営業」と聞いて皆さんはどんなイメージを持ちますか?

昔の私なら、
「新規顧客開拓でピンポンを鳴らしながら自社商品をアピール」
「交流会に出席し、人脈を形成し、自社商品のPRを行う」
するイメージでした。

これはどちらも「足で稼げ!」って感じですよね。

私も若い頃、さんざんやってきましたが、
今思うとですよ。
「自社商品に興味の無い人に一生懸命ムダな時間を使っていた」
ということを理解した瞬間、これらの活動を辞めました。

ちょっと、気付くの遅かったのですが(笑い)

今は、「興味のある人をネットで引き寄せる」
ことにほぼ70%注力しています。
それで弊社に営業活動は、人的な営業は一切なくなりました。
当然、ネットから見込み客が来ますので、事業説明や
コンサルティング内容の説明を行い、見積り提案し、
クロージングするという営業活動は残りますよ。

後の30%は?って。

それは「税理士」「社労士」の士業との交流です。
この士業の方は、法人の最初の顧問になる人です。

税理士さんからの給与計算のご紹介がやはり最も多いです。
税理士さんからの場合、入社退社の手続代行もセットでご
紹介して頂けるので、とてもありがたいです。

社労士さんもニーズが有ります。給与計算をやらない社労士
さんがやはり多く、問い合わせがあると断っていた人が、
弊社にご紹介してくださるケースがたまにあります。

額に汗かいて、営業するスタイルを否定はしませんが、
今営業マンを雇って商品が売れるほど世の中甘くないです。
見込み顧客を引き込む仕掛けを構築した方が得策だと私は
思います。

私の場合、当該ブログをほぼ毎日欠かさず書いています。
これって、マーケティングの「中核」のコンテンツなんです。
この継続を自力でできない人は、ネットから見込み顧客を
引き込むことはかなり難しいと思います。

中小企業経営者が寝ている間に、見込み顧客が集まってくる
仕組みを構築しておけば、年間を通じて営業コストが
ぐーーんと下がり、経営的に経営資源的にも余裕が出
てきます。ぜひお試しあれ。

2017-07-14
中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

急いては事を仕損じる

急いては事を仕損じる

何事も「急いで」は、反対に遅くなったり
完成しなかったりするものです。
組織もそんな感じです。

急いで盤石な体制に持って行こうと「焦る」
があまり、反対に壊れていくケースって意外に
多いのです。

それは、急ぐあまり、人材の指導育成に関して
手を抜いたり、人任せにしたり、理念共有しな
かったり、褒めなかったり等々、本来やるべき
「プロセス」を省略してしまったことが原因と
考えられます。

急ぐと「まあ!いいか」ということで、なんでも
かんでも省略してしまい、組織を大きくしようと
いう一点に集中し、他のことを度外視します。
その結果、背伸びした瞬間、ほころびが出て、崩れ
落ちていくものです。それくらいもろいのが
「組織」の特徴です。

「急がば回れ」
「急いては事を仕損じる」
を肝に銘じて、中小企業経営者は組織構築を行って
ください。

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

仕事の戻り作業は「言葉足らず」で起こる

仕事の戻り作業は「言葉足らず」で起こる

仕事で戻り作業が多い原因は、はっきり言って
「コミュニケーション」不足なんです。

会社でトラブルが発生するときって、人的ミスです。
その人的ミスって、上長からの「指示」した言葉に
不足するケースがほとんどです。
ミスするパターンは「仕事の背景」を伝えていない
ケースが多い。

ミスが多いということは「自分でのアドリブ」が
効かないということであり、臨機応変な対応が出来なく
なっているからです。

この原因の殆どは、仕事を依頼する側に問題が有ります。
依頼する側が、その仕事の背景や意義、重要性、ゴール
イメージ、貴方に依頼する理由などをきちんと「言葉」
で伝えていないために発生します。

組織として、仕事の戻り作業は避けたいですよね。
それならば、社長以下、上長の立場の人は、仕事の意義
を依頼する人に丁寧に説明して、仕事を渡してください。
この時間をケチらないことです。

こうすることで、仕事を受けた人は、
自分の使命というか仕事のゴールを理解できるので、
途中で迷った際はアドリブが効き、臨機応変に対応出来
るようになります。

中小企業の場合、特に戻り作業が多くなると、前向きな
仕事が減って、収益に直結する可能性があるので、
今すぐ始められることをオススメします。


中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

WORDPRESSでのブログ、600達成

WORDPRESSでのブログ、600達成

ブログ600ページの投稿!

これは意外に達成が難しいことだと思います。

自画自賛ではないですが、
毎週5本、「組織活性化のテーマ」でブログを
書いています。(たまに休むこともありますが)
52週だとして、260本のぶログを1年で書く
ことになります。

私の場合、約2年半で600本達成しています。

WORDPRESSでブログを立ち上げたのには理由
があります。当時の情報で、ブログがHPの1ページ
に値するのでSEO対策としてはとても「有効」と
いう話を聞いて、書き始めました。

これはおそらく中小企業経営者の中で、同じような
ことを感じて始められた方も多いと思います。

私の持論は「継続は力」ですので、毎日1ブログ
書くことに集中しました。はっきり言って、ネタ
切れです。それでも、組織活性化につながるような
テーマを切り取り、ブログにアップし続けた結果
が600ブログなんです。

HP制作で600ページの制作を製作会社に依頼した
らとんでもない金額になります。
SEO的にもそれなりの効果が当然あります。
マーケティング的にコストパフォーマンスがとても
良いと確信しています。

経営コンサルタントでブログや動画を継続して
アップし続けている人はそう多くないです。
この蓄積された文字や動画は私の資産となり
現在や未来に向けて、本領発揮される時期がくると
確信しています。

同業他社に対する「参入障壁」が半端ないのです。

中小企業経営者の皆さんも、SNSで飲食等のシーンを
投稿するのも良いですが、「自分の資産」「会社の資産」
となるものを戦略的にSNS等を活用して構築すること
をオススメします。


中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

ショートストッパー役は組織には必要

ショートストッパー役は組織には必要

組織はいろいろな人の組み合わせで成り立っています。

野球で言うと、9人必要となります。
凄いピッチャー9人集めても、ほぼ試合には勝てません。
また、4番バッター級のがたいの大きい人ばかり集めても
勝てません。

野球で見てみると、
ピッチャー、キャッチャー、外野など自分のポジション
があるのが8人、ただ一人、中途半端な位置で守備する人
がいます。

そう!ショートです。

ショートの役割は多岐にわたり、
サードのフォロー、セカンドのフォロー、
外野への指示出し、内野の取りまとめ等、本当に縁の下の
力持ち的な役割なんですね。

このポジション、とても頭の良い人しか務まりません。

組織でも同じで、地味なんですが、継続してコツコツ
と仕事をこなし、目立たないけど、必ず成果を残す人
が必要なわけです。他人のミスを粛々とフォローし、軌道
修正させるような支援力が備わった人材。

御社も、こんなショートストッパー的な人材を一人か
二人、育てておかないと、組織を拡大することは難しい
でしょうね。

これ真実。

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

スクラップ&ビルド

スクラップ&ビルド

組織が膨れ上がると、徐々にムダなゼイニクが
がついてきます。小規模事業の時の慣習が残って
いたり、社長のポケットマネーで振る舞う習慣が
残っていたり、何かと経費をムダに使ってしまう
習慣が残っていると思います。

組織が筋肉質になるためには、その習慣を一旦
捨て去り、スクラップ&ビルドで組織ルール等を
再構築することをオススメします。

無駄な事業の廃止も含めて、「捨て去るもの」を
じっくり考え、実行に移すことも経営者の重要な
仕事の一つです。ムダな事業を延々とやっている
会社、意外に多いのです。

それをしないと、肥満児体質の会社になってしまい
売上が上がっているのに、利益が出ない会社に成り
下がってしまい、事業の何のために一生懸命やって
いるのかわからなくなります。

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

繁盛店(繁盛企業)には理由があります!

繁盛店(繁盛企業)には理由があります!

昨日、あるクライアントに訪問し、帰り際に
社長からこんなことを聞かれました。

『中小企業でどんな業種が伸びていますか?』

私は一瞬「うーーーーん」と、うなりました。

業種という切り口ではもう語れないからです。
ある業界でも「順調な企業」と「ダメな企業」
とで二極化しているわけです。

一言で言うと、
繁盛している中小企業は、以下の特徴があります。

1.独自性が強い
  他の企業がやっていないオリジナリティがある。
  他の企業がやっていない付加価値やサービスがある。
  経営者の理念・ビジョンがしっかりしている(ぶれない)

2.社員を大切にしている
  社員が辞めない。
  社員のニーズにあわせた労務環境を整備している。
  社員を甘やかすこと無く厳しく指導・育成している。
  ※社員に媚びている会社はダメです。
   その逆もしかりです。

3.お客様にこびない
  むやみに低価格にしない(付加価値があるから)。
  かと言って「高くない」と思わせるほどの
  「感動」と言うか「異空間提供」というか「驚き」を
  提供している。
  リピート顧客をつかむ仕掛けを作っている。
  マーケティングに努力を惜しまない。
  ネットをうまく活用している。

中小企業は「真似」から入りますが、
自社のオリジナリティ、付加価値をきっちり「基礎」
に据えてビジネスモデルを構築しないと、
大手資本が入ってきたときに一瞬でだめになります。
中小企業経営者は差別化できる「独自性」を醸し出す
事ができれば、繁盛店に上りつめることが出来ます。

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

都民の決断

都民の決断

私は都民では無いので、選挙は行っていない
ですが都議会選挙、「ちょっと極端」すぎる?
と思ったのは私だけ?でしょうか。

昔の国会議員の民主党の政権交代の時のよう
にならなければ良いのですが・・
期待ハズレで結局元に戻るってな具合に。

都民ファーストの会はほぼ、素人集団です。
その人達に、都議会を任せたのですから、、
小池知事はまず議員の「倫理性」を教えて
欲しいものです。

日本人って、なんでも「大衆行動」というか、
イメージに流されやすい。自己の意見ではなく、
マスコミ等の意見になびく傾向があります。

まあ、首長である小池さんの戦略勝ちですよね。
これで一層「地方自治体のおっさん議員」の
議席を失う現象が地方議会にも飛び火するん
じゃないですかね。
仕事していない地方議会のおっさん議員が
いっぱいいますから。

中小企業経営者もイメージ戦略が大事という
ことです。そのイメージは「◯◯に強い」と
顧客から言わしめるだけの専門性、技術力、
営業力、事務力が問われてきます。

そうしないと「おっさん議員」のように捨て
去られますぞい!

やばいやばい。弊社も専門性をもっと強化しな
ければいかん!

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る