夕方ちょい飲みビジネス

夕方ちょい飲みビジネス


吉野家が夜に「ちょい飲み」を初めて久しいですが、
そこそこお客さんが入っているようです。
私も1回、行きましたが、ビール一杯と枝豆などで
1,000円くらい使った記憶があります。
1人で入れるので、気兼ねせずお酒を飲めるので
良いなと思っていました。
吉野家としても、牛皿などが売れるので、牛丼のみ
よりも客単価は上がります。

最近、ビジネスマンやOLの夕方や夜の囲い込みが
盛んです。銀だこもバルをどんどん増やしています。
たこ焼きとビール、ハイボールで1500円から
2000円くらいなら、1人ででも数人でもちょっと
楽しめます。これもアリかなと。

スタバ等のカフェも夕方以降にワイン等のお酒を出す
ようにするようです。

こうなると居酒屋や飲食、レストラン系は戦略を練り
なおさなければ、ちょい飲み顧客層は来なくなる確率が
高くなるので、さらなる付加価値化、サービス化が
求められます。わざわざ足を運んでまで外食に食べに来る
だけの顧客価値を提供しなければ、すぐ経営はジリ貧に
なることが予測されます。

コンビニのドーナツやコーヒー戦略もそうですが、
二毛作、三毛作をどんどん打ってきます。
ちょい飲み顧客層の囲い込みもその路線ですよね。

もう商売を普通にやっていてもアカンということですね。
常に自社にお客様が来てくれる仕掛け、仕組みを作れるか、
それが生命線になります。


☆===========================☆
中小企業経営に役立つ【組織活性化通信】を週1回メール
マガジンとして配信。中小企業経営に役立つ情報を欲しい経営者様
はぜひご登録願います。
→ https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=Uzgkas
☆===========================☆

アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

年度末は色々「締め」があるね!

年度末は色々「締め」があるね!

「年度末」が3月って誰が決めたか?という話をテレビ
でやっていました。

明治時代からお米で得た収入を納付する時期が3月末
ごろだったからだそうです。

春にたんぼを整備し、お米を育て、秋に収穫し、冬に売り、
3月に納税するってサイクルから来ているのですね。

企業も個人も、役所も、「年度末で大忙し」のようですね。

その大忙しな状況を「さくら」が癒してくれます。


☆===========================☆中小企業経営に役立つ【組織活性化通信】を週1回メールマガジンとして配信。中小企業経営に役立つ情報を欲しい経営者様はぜひご登録願います。→ <a href=”https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=Uzgkas” target=”_blank”>https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=Uzgkas</a> ☆===========================☆
アールイープロデュース <a href=”http://re-p.co.jp” target=”_blank”>http://re-p.co.jp</a>お問い合わせ <a href=”http://www.re-p.co.jp/contact/” target=”_blank”>http://www.re-p.co.jp/contact/</a>

>続きを見る

人と違う発想で物事を考える習慣

人と違う発想で物事を考える習慣


そう簡単じゃないですが、
「人と違う発想で物事を考える」習慣というか
癖付けすることは、ビジネスを自分で切り開く
必要がある中小企業経営者には必須の業務だと
思うのです。

例えば、人がやっている「当たり前」の真逆で
ビジネスを考えてみるとか、 裏からビジネスを
見てみるとか、ですね。

言うは易し、行うは難しですが、
とにかく「物事を逆から発想する訓練」まず
やってみませんか?
何かビジネスのヒントが見えてくるかもしれません。

飲食業なら「お客様が来店する」のではなく
「レストランがお客様の家に伺い一流料理を振る舞う」
なんて発想です。できるかどうかは別の話です。
あくまで発想を逆や裏から実施してみるということです。

「在宅勤務」も逆発想ですよね。
最初は「そんなもの無理」思っていたのが、今では
当たり前になりつつあります。

常識を疑うことも大事ですね。
常識や固定概念、思い込みにとらわれている限り、
いつまでたっても競合他社との血みどろの戦いで、
収益は低下するばかりです。
レッドオーシャンで戦うより、競合他社少ないブルー
オーシャンでスイスイ泳ぎたいですよね。

なら、他社や他人とちょっと違う発想や切り口でビジネス
モデルを構築していかないと、先はないですよ!


☆===========================☆
中小企業経営に役立つ【組織活性化通信】を週1回メール
マガジンとして配信。中小企業経営に役立つ情報を欲しい経営者様
はぜひご登録願います。
→ https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=Uzgkas
☆===========================☆

アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

九転び十起き

九転び十起き


NHKの朝ドラ「朝が来た」にはまっています。
私はこの手の苦労して道を開き、成功した人の
ストーリーがとても好きで、好んで見ています。

七転び八起きという言葉がありますが、
広岡浅子さんは「九転び十起き」なんですね。

その意味、あまり気にしていなかったのですが、
その意味が以下の言葉でわかる気がします。

広岡浅子さんの言葉
「九度転んでも十度起き上がれば、前の九度の転倒は
消滅して、最後の勝利を得るものである。斯くの如く、
転んで起き上がって歩くのでなければ、本当にしっかり
した歩みではない。そしてすべての迫害四囲の習慣、
失敗など、これらの万難を排して得た月桂冠は、
真の光輝ある勝利者の頭上にのみかざされるのである。」


七転び八起きよりも、もっともっと苦労して
努力して、その逆境を跳ねのけて頑張った人
のみ、最終成功者に成れるということですかね。

大正昭和の創業経営者で、今も名だたる企業を
この世に残している人は、みんな「九転十起」
なんだと痛感している。

私自身、自分の置かれた境遇の不平不満を言ったり、
他人のせいにしたり、国政のせいにしたり、
しているときがありますが、九転十起するほどの
努力もしていないし、甘ちゃんの自分がいます。

今がある意味、ターニングポイントなのです。
またこれから学び直し、人生が面白くなるように
色々打って出ていきます!

最後までへこたれずにチャレンジし、継続して
やり抜いた者だけが勝者となるのですね。



☆===========================☆
中小企業経営に役立つ【組織活性化通信】を週1回メール
マガジンとして配信。中小企業経営に役立つ情報を欲しい経営者様
はぜひご登録願います。
→ https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=Uzgkas
☆===========================☆

アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

同じ失敗を繰り返さないために

同じ失敗を繰り返さないために

一度の失敗は仕方がない。
その失敗を教訓として、対応策をしっかり取れば
二度目の失敗は起こらなくなります。

しかし、弊社でそれが起こってしまいました。
対応策不足としか言いようがない。

問題は一度目の失敗時にさかのぼる。

この時点で、失敗した原因を追求し、
「防止策」をしっかり立てて、全社に共有しなかった
ことが敗因です。「喉元過ぎれば熱さ忘れる」的な
適当な処理をしていた結果、二度目の失敗が起こり
ました。

「二度目の失敗の恐ろしい点は、
お客様からの信頼を完全に失う」可能性が非常に高く
なったということです。この信頼を取り戻すためには、
2倍、いや3倍の時間要することになります。

中小企業経営者の皆さん!
一回目のミスの際の対策の打ち方が非常に重要です。
二度目の同じミス起こさないように行動していきましょう!


☆===========================☆
中小企業経営に役立つ【組織活性化通信】を週1回メール
マガジンとして配信。中小企業経営に役立つ情報を欲しい経営者様
はぜひご登録願います。
→ https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=Uzgkas
☆===========================☆

アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

ダメな組織は、業務命令「のみ」が多い。

ダメな組織は、業務命令「のみ」が多い。

その際、WHAT、つまり、「やること」しか伝えないので
HOW(どのようにやるか)を社員が考える際に、間違った方法、
無駄な方法などを選択し、結果的に納期が遅くなったり、
品質が悪かったりします。要は仕事がはかどらないという
ことです。

原因は、社員にWHY(その仕事を行う背景、理由、なぜあなた
に任せるのか?)を伝えていないからです。

人間は誰でも、自分で創意工夫して仕事をこなしたいと思って
います。(そうでもない人もいますが。。)

経営者はWHYから考えて仕事を実行しますが、
社員に伝える際に面倒くさいのかどうかわからないですが、
WHY(なぜ)の部分を伝えない経営者が多いような気がします。

信用していないのか、命令された仕事だけこなせば良いと
思っっているのか、それは定かではないですが、、

自分の組織を活性化し、利益を出す会社にしたいのであれば、
社員に権限委譲して仕事を行わせ、面倒でも「WHY」の部分を
時間をかけて説明し、理解させてから仕事をスタートさせて
ください。

きっと、能動的で前向きな集団ができると思いますよ!


☆===========================☆
中小企業経営に役立つ【組織活性化通信】を週1回メール
マガジンとして配信。中小企業経営に役立つ情報を欲しい経営者様
はぜひご登録願います。
→ https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=Uzgkas
☆===========================☆

アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

人は明確な目標ができると努力する

人は明確な目標ができると努力する


弊社は昨日、給与計算実務検定2級という資格試験を
全員で受けました。民間の資格試験ですが、
私を含めて社員やパートさん、全員で受験しました。

試験合格という明確な目標を設定し、
それが会社のブランディングに大きく貢献すること
を説明し、合格者は手当をつけることにしました。

結果はどうなるかわかりませんが、
資格試験を受ける過程で、以下のメリットがありました。
■漠然と日々給与計算を行っていたものが、
知識が体系化され、全体の仕組みが理解できた。
■学ぶことで、会社全体の知識やノウハウの底上げが図れた。
■ 何よりも、目標を達成するという行動力を誘発できた。

仕事もプライベートも、なんでもそうですが、
人は自分がちょっと努力すれば達成できる目標ができると、
自分なりに工夫し、その目標を達成しようと努力するもの
です。それにはある程度「競争」環境を作ることが上手く
いくコツですかね。

皆さんも自社のスタッフに目標を設定して、達成させていく
仕事の与え方を実践してみてください。組織は活性化しますよ。


☆===========================☆
中小企業経営に役立つ【組織活性化通信】を週1回メール
マガジンとして配信。中小企業経営に役立つ情報を欲しい経営者様
はぜひご登録願います。
→ https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=Uzgkas
☆===========================☆

アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

ストック型ビジネスが会社を元気にする

ストック型ビジネスが会社を元気にする

世の中にはフロー型ビジネスとストック型ビジネスがあります。

フロー型は、スポット仕事で、その仕事がなくなれば
売上が立たないというような仕事です。単価や金額は
大きいが継続しなければ商売は成り立ちません。

反対に、ストック型ビジネスは、毎月のちゃりんちゃりん
と収入として入ってくるビジネスで、数を積み上げて行くと
安定した売り上げと利益が確保できます。

「毎月ちゃりんちゃりんビジネス」と名付けましょう。
1件あたりは少額ですが、人数やボリュームが増えれば、
それに合わせてどんどん収入があがる「仕組み」を上手く
組み込んだビジネスと言えます。
究極のストックビジネスは、人数が増加するが、提供する
側の手間が変わらない仕組みを作り上げることが必須です。
これが出来ないと、私のような社労士や税理士さんなどは、
顧問先の数に制約を受けて、動けなくなるという事態が
発生します。それじゃストック型ビジネスとは言えません。

毎月ちゃりんちゃりんビジネスの事例は
・代表例は家賃収入の大家さん稼業
・コピー機を導入したとの従量制の料金(モノクロ○円、カラー○円)
・社労士や税理士の顧問契約(毎月顧問料が入る)
・会員制の塾等でコンテンツで、会費を得る
・銀行のカード利用手数料、振込手数料など

これを考えるには、それなりの「戦略」志向が必要なんです。
要するに、先を見越したビジネスの仕組みを「今(NOW)」
構築しておかなければ将来、ストックビジネスで食っていけ
ません。

その仕組みは業種業態でいろいろ違うと思います。
ぜひ、自社の「毎月ちゃりんちゃりんビジネス」を構築し
リーマンショック等の経済的ショックにも耐えうる事業モデル
にしておくことが大事です。


☆===========================☆
中小企業経営に役立つ【組織活性化通信】を週1回メール
マガジンとして配信。中小企業経営に役立つ情報を欲しい経営者様
はぜひご登録願います。
→ https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=Uzgkas
☆===========================☆

アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

中小企業経営者が会社を元気にするためにやるべきこと

中小企業経営者が会社を元気にするためにやるべきこと


私は一つだと思っています。


ズバリ、「教育」です。


教育には幾つかのパターンがあります。
1.OFFーJTで研修を実施
2.OJTで技術やノウハウを実地指導
3.気づきを与え生産性を向上させる改善教育
4.経営理念や物事の考え方指導

多くの中小企業は2.のOJT社員等を教育している
のでは無いでしょうか?
これ間違いでは無いです。正解です。
その前に、3.と4.をまずやってみてください。

4.は経営理念の意味や意義を社員に伝えてください。
毎日、毎週レベルで伝えていくことが大事です。
継続です。

3.は弊社がやっている方法です。
いわゆる目標管理に近いですが、目標イメージを会社
と社員で共有するのみです。あとはそのやり方や方法
は社員やパートさんに全て任せます。

この効能は、自律性とやる気と責任感が出てきて、
ほぼ、目標が自然と達成され、会社内の生産性や効率
どんどんレベルアップしていきます。

しかも、研修等のコストや時間を使う必要は無いので
コストメリットが非常に高いです。

会社を元気にできるかどうかは、経営者の考え方次第で、
実行に移すかどうかの勇気だけですね。


☆===========================☆
中小企業経営に役立つ【組織活性化通信】を週1回メール
マガジンとして配信。中小企業経営に役立つ情報を欲しい経営者様
はぜひご登録願います。
→ https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=Uzgkas
☆===========================☆

アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

あなただけの、御社だけのサービス

あなただけの、御社だけのサービス


画一的な商品やサービスではなく、「お客様が自分だけ
のものとして感じる」商品やサービスの提供が求められ
ています。

システムで言えば、カスタマイズしてその企業が使いやすい
よう価値をつけるサービスです。
企業はこのカスタマイズを無償で行えるノウハウと体力を身
につければ、業績向上は間違いないです。

リフォームも同じ発想ですよね。
昔ながらの施工側の押し売りでは、住む人の求めるものには
至りません。施行側からは考えられない「消費者の発想」が
アイデアとして出てきたいります。みんな住まいに対する
憧れやイメージが漠然とではありますが、あるものです。

飲食業やエステ、小売業も同じで、
購入する人のシチュエーションや目的をある程度把握する努力
と、高いレベルの接客術が求められます。
服や料理、提供スキルでの差別化は難しい時代になりました。
どれだけその瞬間に「異空間の感覚・感動」を享受できるか
で、会社や店舗を決める動機づけになります。


要するに、購入価値を「あなただけの、御社だけのサービス」
をどこで他社と差別化し、オンリーワンのコンテンツに仕上げ
るかを経営者は四六時中考えていなければなりません。

人も会社も「あなただけの、御社だけのサービス」実に弱く、
感動してしまいます。そして、そのお店や人、会社のファン
になってしまうのです。


☆=========================☆
中小企業経営に役立つ【組織活性化通信】を週1回メール
マガジンとして配信。中小企業経営に役立つ情報を欲しい
経営者様はぜひご登録願います。
→ https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=Uzgkas
☆=========================☆

アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

最低賃金って変ですよね

 

最低賃金って変ですよね


最低賃金は都道府県別に異なります。
東京は907円、神奈川が905円、
千葉県が817円、埼玉県が820円など

都道府県別に最低賃金を決めているところに
非常に無理があり、矛盾が生じます。

最低賃金は労働者の生活を守るためにあるのだ
と思いますが、東京の都心から離れた都内の
市町村で事業を営む企業や事業主の場合、
東京の最低賃金が適用され、経営が厳しくなる
可能性があります。

千葉や埼玉の学生やアルバイターは、コンビニ
で働くとして、地元は時給が安いので、都内の
コンビニで働くといった行動をとるのでしょうね。
これも地方の事業主は人材確保が大変になります。

そもそも優秀な人材を確保するためには、
最低賃金に関係なく時給や賃金を上げていく必要
があるのですが、それでも都道府県別に最低賃金
が存在するその理由がよくわかりませんよね。

労働者の報酬は、働いた時間で支払われる限り、
「時給」という概念が出てきて、最低賃金なんて
縛りが出てきます。

仕事の出来(工夫や改善)や成果で報酬が支払われ
るようにするのが本来の姿なのでしょうが、
そうもいかないですね。

効率や生産性を意識しないで働く労働者は、
労働市場にたくさん溢れています。

もっと、勉強し、知識を入れて自分の市場価値を
高める努力を行った人だけが、勝ち残ります。
そのことを理解すべきです。


☆===========================☆
中小企業経営に役立つ【組織活性化通信】を週1回メール
マガジンとして配信。中小企業経営に役立つ情報を欲しい経営者様
はぜひご登録願います。
→ https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=Uzgkas
☆===========================☆

アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

 

>続きを見る

ホワイトデーという儀式

ホワイトデーという儀式


昨日、バレンタインデーのお返しなるホワイトデー
の品を買いにチョコレート店に行った。

男性も多かったが、夫婦でホワイトデーのチョコなど
を選んでいるペアが多く、奥さんのチェックが入って
いるのか、それとも奥さんからセンスなどを注入して
もらっているのか?それは定かでは無いですが。。

今日の男性のカバンは幾分「膨らんで」見えるのは気の
せいだろうか?
中に入っているチョコ等を想像すると、ちょっと笑えて
来ます。そんな自分もその1人なんですから。

貰うときは嬉しいですが、
お返しは非常に面倒くさいものです。これ本音です。

ビジネスで成功している人は、必ずこの「お返し」の心理
を上手く活用していますしかも自然に振舞っています。
そんな人は、どんどん仕事が舞い込んできます。

これを「返報性の法則」と言います。
色々相手に誠意や真心を尽くせば、必ず回り回って、
お返し帰ってくるという法則です。

繰り返しますが、この芸当ができる人は少ないのです。
大半が「お返しの行事」を面倒だと思っていて、時間の
経過とともに、忘れ去ってしまうからです。

私もその1人かも。
色々お世話になっておきながら、ご恩を忘れてしまう
ことが多いのです。人間調子にのると、自分1人で成功
したみたいに、勘違いしてしまいます。これではダメです。

ビジネスでご恩を頂いた人には、ホワイトデーのように
儀式でも良いので、何か形でお返しした方が上手く行く
と思う今日この頃です。

中々出来ないところに、勝者のコツがあるのだろうね。


☆===========================☆
中小企業経営に役立つ【組織活性化通信】を週1回メール
マガジンとして配信。中小企業経営に役立つ情報を欲しい経営者様
はぜひご登録願います。
→ https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=Uzgkas
☆===========================☆

アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

鏡の法則

 

鏡の法則

「鏡の法則」とは、
「自分の人生に起こる問題の原因は、すべて自分自身の中にある」
という考え方です。
数年前、ベストセラーになった書籍です。

私生活や仕事で、いろいろなことが自分の身の回りで
起こります。

「なんで私だけ?」
「なんで俺だけ?」

って思ったことは無いですか?
私は何度かあります。


しかし、そんな時に思い直すことにしています。


「私のどこがダメだったんだろう」と考えるのです。
自分に降りかかった出来事や事件を、すべて他者
(社員や家族、同僚など)の責任にしてしまうと、怒りや
憎しみがすごく湧いてきて、精神衛生上良く無いです。

すべて自己責任で受け入れると、非常に「楽」になります。
その自己責任の発想や考え方が、自分を成長させてくれます。

つまるところ、
自分を磨き、自己成長させ、すべて自己責任だと受け入れる
ことで、自信に満ち溢れた人生が歩めるのだと思います。

今日も他者から学び、自分を成長させて行きましょう!

☆===========================☆
中小企業経営に役立つ【組織活性化通信】を週1回メール
マガジンとして配信。中小企業経営に役立つ情報を欲しい経営者様
はぜひご登録願います。
→ https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=Uzgkas
☆===========================☆

アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

 

>続きを見る

急成長企業にありがちなこと

急成長企業にありがちなこと

急成長している企業はたくさんあります。
経営者の資質によるもの、時代の流れに乗ったもの、
ビジネスモデルがヒットしたものなど、様々。

それに伴い、
売上や利益は伸びている企業が多いですが、
組織形態や社内の仕組みが追いつかず、
管理部門の業務が悲鳴を上げているという
ケースが多いです。

会社は営業行為だけで、機能が満たされるわけでは
無いことを経営者は理解した上で、現在の業務の
流れを整理し、業務フローに汎用性を持たせた
仕組みを再構築することをお勧めします。

従来からやってきた業務の流れを一旦リセットして
新たな業務の流れと仕組みを作ることで、
省力化し、生産性が向上します。

よくあるケースは、個人商店的なマネジメントから
急成長したために、組織的なマネジメント体制が取れず、
現場の担当者が従来通りの仕事を繰り返し、
膨大な時間とコストがかかる仕事の流れが出来上がり、
社員数が増えてきた時点で二進も三進もいかないという
パターンですね。

解決策は上記に記載しましたが、
そのことに、経営者が意思決定(決断)できるかどうかです。
どうしても業務フローを改革するにはそれなりの時間と
コストがかかります。

特に中小企業経営では、「リセットする」発想が求められます。


☆===========================☆
中小企業経営に役立つ【組織活性化通信】を週1回メール
マガジンとして配信。中小企業経営に役立つ情報を欲しい経営者様
はぜひご登録願います。
→ https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=Uzgkas
☆===========================☆

アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/
AD

>続きを見る

事業継続するための戦略の立て方を学ぶ

事業継続するための戦略の立て方を学ぶ

先週の火曜日から日曜日の6日間、
企業が事業継続するに事前に構築しておかなければ
ならない戦略の立て方を学んだ。
先週はほとんど仕事していないことになります。(苦笑)


世間ではBCP(事業継続計画)と呼んでいますが、
BCPを「作る」という目標で終わっているので、
出来上がったドキュメントはいざというときの事業
継続戦略としては役に立ちません。

いかなる状況下でも、自社の重要な業務をいち早く
再開させて、企業を存続させることができるか!を
考えて、整理し、トレーニングしておくことがBCP
の根幹の考え方です。


弊社の場合の重要業務と言えば間違いなく、「給与計算」
と「社労士手続き」です。会社が全壊し、パソコンも全て
壊れ、複合機やFAX全壊、共有データの消失があった場合、
果たして弊社は事業を何日で元どおりに出来るだろうか?


業務が出来るようになるまでに、1週間は最低かかるだろう。
下手すりゃ2週間、いやもっとかかるかも。
データが消失しているので、再開して元の通りに素早い
業務がこなせない状況が続ます。


こんな状況下でもお客様は給与支払いの遅延をしてまでも
弊社が復旧するまで待ってくれるだろうか?


答えはNOです。


他の競合他社が受け皿となりお客様は委託先を変えて
いくのです。

そうなった場合、弊社の事業継続、というより企業存続が
危うくなります。いわゆる会社がつぶれるということです。

BCPというものは、本来、どんな状況下でも会社を存続
させるための戦略を考えて、落とし込んでおくものです。

中小企業の経営資源は乏しいので、それをどうダイナミック
に重要な業務に振り分けるか!が経営者に腕の見せ所なのです。

そうなんです。

BCP策定や事業継続を考えるのは、防災や総務担当者ではなく、
経営者自身の経営戦略に組み込んでおかなければならない事項
なのです。特に中小企業は経営者に資質、力量、考え方に
かかっています。

100年続き永続企業になるには、BCPの策定と運用が必須です。


☆===========================☆
中小企業経営に役立つ【組織活性化通信】を週1回メール
マガジンとして配信。中小企業経営に役立つ情報を欲しい経営者様
はぜひご登録願います。
→ https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=Uzgkas
☆===========================☆

アールイープロデュース  http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

上長がいないと部下は育つ

 

上長がいないと部下は育つ


上長が1週間程度不在にしていると、
部下は育つ確率が高いですね。

その場合、「権限委譲」が必須条件です。
これを行わない限り、 部下は自己判断で仕事を
進めることができず、それほど育ちません。

権限委譲の威力は、以下の通り。

■任されたということで責任が伴うため、
仕事を慎重かつリスクテイクをしながら
進めるようになる。
■任されたということで、自分の中でやる気
やモチベーションがアップし、生産性が増す。
■会社の顔という自負が芽生える。

上長がいつまでも口やかましく部下に細かな指示を
出している会社は、社員の考える力や行動力阻害する
要因になります。

会社を活性化させる良い方法は、部下への権限委譲です。
それを試す方法は、1週間くらい研修等で会社不在にする
と、良い試しになると思います。

部下を1UPさせるには、上長不在戦略が有効です。

☆===========================☆
中小企業経営に役立つ【組織活性化通信】を週1回メール
マガジンとして配信。中小企業経営に役立つ情報を欲しい経営者様
はぜひご登録願います。
→ https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=Uzgkas
☆===========================☆

アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

 

>続きを見る

スマホを意識したビジネスを考えよう!

スマホを意識したビジネスを考えよう!

電車でスマホやタブレットを操作している人が
ほとんどです。学生もビジネスマンもおっさんおばさんも。

どんな用途で見ているのだろうか?
以下は事実と妄想が入っていますが、ご容赦ください。

・ゲームをやっている(これ事実)
・メールのやり取りしている(これも事実)
・SNS(Facebookやツイッターをやっている(これも事実)
・自分の趣味や興味分野を検索している(半分事実で半分妄想)
・誰かのブログや新聞記事等を読んでいる(半分事実で半分妄想)

まあ、これ以上考察しても意味が無いのでやめますが、
何が言いたいかというと、
中小企業経営者は、自社のウェブやマーケティング戦略を
構築する上で、スマホやタブレットを対策をしていないと
今後、競合他社に大きく水をあけられるという現実を理解
しなければならないのです。

パソコンユーザーではなく、スマホやタブレットユーザーに
向けての情報配信施策を考えないと、ビジネスは好転しません。

一度、自社のHPをスマホでみてください。
見やすければOKですが、見にくく操作性が悪ければ
今すぐ改修すべきですよ。

だって、
みんな移動中等はスマホやタブレットを見ているのですから。


☆===========================☆
中小企業経営に役立つ【組織活性化通信】を週1回メール
マガジンとして配信。中小企業経営に役立つ情報を欲しい経営者様
はぜひご登録願います。
→ https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=Uzgkas
☆===========================☆

アールイープロデュース  http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

目標があれば必ず人は達成しようとする

 

目標があれば必ず人は達成しようとする


人間誰しもしんどいことはしたく無いものです。
しかし、あまりにも平和で何もチャレンジすることが無いのも、
退屈なものです。


だから、目標設定があるのです。


仕事で目標を決めることが嫌な人でも、
個人的にはいろいろ目標があるはずです。
「10月にハワイ行くぞ」とか、
「〇〇の新車を買うぞ」とか、
「今年中に引越しするぞ」とか、です。


人間は障害や壁があると、乗り越えるように設計されている
ようなので、その目標を達成しようとします。


だから、振り返ると、目標をきちんと設定した人の方が、
何もせず行き当たりばったりで生活した人とは、
能力面やスキル、経験度、ものすごい差となって表れます。


今すぐ、仕事面で目標を決めて、実行に移してください。


そうしないと、前にも書きましたが、単純労働仕事は
ほぼほぼロボットやパソコン、外注化に置き換えられ、
社内での今のあなたの仕事はなくなります。


昔はたくさんあった仕事が、今の日本には無いのです。
IT技術の進化や外国人労働者に取って代わられている。


自分のスキルのたな卸しをきちんと行い、自分のどの
スキルを伸ばすかを目標として設定し、資格が必要な
今すぐ資格学校に申し込み、知識とライセンスを身につけ、
自分にしかできないクリエイティブな仕事のやり方を
身につければ、どこの企業からも引き手数多となります。


それが、市場価値の高い人材と言えます。


今すぐ、仕事のスキルを向上させる目標を最低でも3つ
設定して達成するように意識と行動を変革させてください。
そうしないと、サラリーマン、OLとしてあとが無くなりますよ。


仕事でお金をもらうということは、
それくらい厳しいものです。

☆===========================☆
中小企業経営に役立つ【組織活性化通信】を週1回メール
マガジンとして配信。中小企業経営に役立つ情報を欲しい経営者様
はぜひご登録願います。
→ https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=Uzgkas
☆===========================☆

アールイープロデュース  http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

 

>続きを見る

社員からアイデアを引き出す

社員からアイデアを引き出す


社員からアイデアを引き出すことができたら、
それは凄いことだと私は思います。
経営者と従業員間で、信頼関係ができている証拠。


それに、従業員が「やらされ仕事」をしていない
という証です。仕事は自分で考えたことを実行に
移すことが最も楽しいはずです。


そんな能動的で主体的に考え、行動できる組織を
経営者は作らなければ活性化しません。

とは言え、アイデアは、いきなり「出せ」と言っても
思いつくものでは無いので、「自分の仕事のやり方を
見直して、時間短縮や業務改善になる方法を出して」
と投げておくことで、従業員はそのことを無意識に
考えるようになります。


頃合いを見て、「アイデア会議」なるミーティングを
開催すると、結構良いアイデアが出てきます。
その場で、発展してブレスト的にアイデアを具現化する
場にしても面白いと思います。


結局、強い会社って、どこもそうですが、
従業員が自由に意見や具申ができる会社であり、
その意見等を尊重し経営に反映している柔軟な発想の
持ち主の経営者が経営している会社です。


従業員から知恵が出始めると、鬼に金棒です。
ぜひ、社長さんはトライしてみてください。


☆===========================☆
中小企業経営に役立つ【組織活性化通信】を週1回メール
マガジンとして配信。中小企業経営に役立つ情報を欲しい経営者様
はぜひご登録願います。
→ https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=Uzgkas
☆===========================☆

アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る