一流の行動ルール(32)『わからないことはすぐに聞く』

組織活性化を実践して売上・利益を拡大したい中小企業経営者に皆様

一流の行動ルール(32)『わからないことはすぐに聞く


部下や社員で、自分で解決しようとするあまり、
納期がものすごく遅れたり、勘違いで品質がお客様ニーズと
違ってしまったりして、お客様とトラブルが起こった経験がないですか?

これは「確認力」の欠如です。

こんなタイプに多いような気がします。
社内にいないかチェックしてみて下さい。

1.プライドが高い(人に聞くとカッコ悪いと思っている)
2.自分の力量の過信(自信過剰なタイプ)
3.その場しのぎの人間(このタイプ結構厄介です)
4.連携して仕事が流れていくことを理解していない独りよがりな人間
5.面倒臭がり屋(まあ、不誠実でごまかそうとする人に多い)

経営者として、こんな場合どうしますか?

必ず、「質問する」ことです。

毎日のように
『あれ役所に確認した?』
『あの件、どうなった?お客さんはどう思っているか確認した?』
『納期が不明確なんだけど、先方に聞いてくれた?』など


経営者がそんなことまでしなければいかんのか??
という声が聞こえそうですが・・

やらんとあかんのです。ハイ!(笑い)

中小企業の経営者や管理者は、部下任せでは会社はうまく回りません。
その理由は、知識、経験、ノウハウ、どれも力量が足らないからです。
いわゆる勉強不足な社員が多いんです。信じられないくらいに。

経営者や上長から「質問して」本人に気づかせ「確認力」を上げていくしか
ないのです。この方法しか、中小企業の社員を育成する最適手段は無い
と南本は考えます。形式的に研修をいくらやってもどぶにお金を捨てるような
ものです。研修会社を儲からせるだけです。意味ないです。

話を戻しますが、
そうこうしているうちに、
自分から役所やお客様や取引先にちゃんと確認するようになります。

なぜか?

そうした方が、トラブルや揉め事にならないということを「自分で確信」
するからです。

仕事は誰でもミスをしたくないものです。
ミスをするとリカバリーに数倍の時間とエネルギーがいるし、
他人を巻き込んで迷惑をかけることになります。

それを回避する方法は、今時点の最新状況を「確認する」習慣づけだと思います

アールイープロデュース 
http://re-p.co.jp

>続きを見る

一流の行動ルール(31)『頭を使う作業は午前中に』

組織活性化を実践して売上・利益を拡大させたい中小企業経営者に皆様

一流の行動ルール(31)『頭を使う作業は午前中に


頭を使う仕事は午前中済ませる。
これができるビジネスマンや経営者の鉄則でしょう!
まあ、人によって色々な生活スタイルがあるので、

一概に言えませんが、
要するに、目覚めてから真っ先にやる仕事は、
重要で考える仕事をあてると言うことです。

朝型人間とか、朝活とか、色々なことが巷で流行っていますが、
自分がしっかりとしたビジネスポリシーを持って仕事を
していればOKだと思います。

私の場合のビジネスポリシーを以下に列挙します。
参考にしていただけると幸いです。

朝午前中に重要案件を片付け、午後は営業等の外出です。

1.朝は7~8時に会社に入る。
2.朝一はブログ3本(REP、適性検査、社労士事務所の3本)
3.Facebookやツイッター等へ記事等はアップ
4.最も重要度の高い仕事に着手。
実務を伴う仕事は基本、12:00までに仕上げる。
5.午後はお客様への訪問、セミナー等受講、助成金申請など
6.18:00には会社を出て、帰るなり、酒を飲みに行くなり、自由時間となる。

頭を使う仕事をいつに持ってくるか?
これさえ自分の中でしっかりビジネスポリシーが出来ていれば
仕事はうまく回ると思います。

ただ、朝起きた後が最も頭がさせていると思います。
その時間を以下に効率よく有効に使うかも、できるビジネスマンや経営者
の力量と言えます。

アールイープロデュース 
http://re-p.co.jp

>続きを見る

一流の行動ルール(30)『早く歩く癖をつける』

組織活性化を実践して売上・利益を拡大したい中小企業経営者に皆様

一流の行動ルール(30)『早く歩く癖をつける


早く歩く!
これがなぜ一流のビジネスマンなのか、よくわからないですが
私は昨年末、人口股関節の手術をしてから、
早く歩けるようになりました。
それまでは足を引きずって歩いていましたので、
それはそれは歩くスピードが遅かったです。

しかし、今は普通に歩けるので、意外に早く歩きます。

そうすると、不思議なものです。

アポや商談にテンポが出来てきて、商売もうまく回り始めました。

これは早く歩く癖のお蔭かどうかわからないのですが、
リズムが良い感じになることだけは事実です。
ダラダラとゆっくり歩くと、リズム感が悪いですよね。

早く歩くことは、以下のメリットがあるのだとおもいます。

1.軽い有酸素運動になる
2.目的地まで早く着くので、他人に迷惑をかけない。
3.意外に集中するので、ビジネス発想等浮かびやすい
4.テキパキとした良いリズムが体に良い影響を与えている
5.早くあること言うことは、自分の意志であるので、

前向き、ポジティブな気持ちの自ずとなれる
まあ、経営者の方も試してみれ!!

アールイープロデュース

>続きを見る

一流の行動ルール(29)『心のこもった元気な挨拶を』

組織活性化を実践して売上・利益を拡大したい中小企業経営者の方へ

一流の行動ルール(29)『心のこもった元気な挨拶を


挨拶するだけではダメなんですね。
その挨拶に「こころ」がないと、、

私はお客様に対して「こころ」から感謝の意を込めて挨拶を
しているつもりなんですが。

社員に対して、こころある挨拶をしているか?
と聞かれると、声だけだったり、形式だけだったり、
するなと思い返せばそう思います。

挨拶された時に、顔を向けていないことが多いな。そういえば。
常に気持ちを入れて、挨拶をすることがなぜできないのだろうか?

理由は、
・マンネリになっている。
・惰性でやっている
・自分が何かに集中しているから
・気恥ずかしいから

しかし、挨拶する側から「される側の立場」に立った場合、
こころから元気な挨拶をされると、気分が良いし、
元気に挨拶されて、不快になる人はいないと思います。

たかが「挨拶」ですが、されど「挨拶」です。

挨拶の仕方で、信頼関係が高まったり、急に関係性が冷めたりするものです。

一流の経営者やビジネスマンは挨拶の直前から集中しているものです。
その重要性を十分理解しているからに他なりません。

皆さんも、今日から「挨拶」にこころと元気を注入し、
実践してみましょう!

ビジネスが良い方向に急展開したり、いい案件のご紹介があったり
すること間違いなしです。

全ては「誠実なこころ」から始まるものだと確信します。
それが会社を元気にし、組織活性化に貢献することになります。

アールイープロデュース

>続きを見る

一流の行動ルール(28)『思いついたことはスマホ等に記録』

組織活性化を実践して売上・利益を拡大したい中小企業経営者各位


一流の行動ルール(28)『思いついたことはスマホ等に記録


メモ魔になることは、できるビジネスマンになるきっかけになります。
昔はスマホ等の電子機器が無かった時代は、
ノートを工夫してメモしていました。

創業当時はポケットサイズの小さなノートを買って、
メモを取っていましたが、今はノートも取りますが、
iPadに重要なキーワード等は記録するようにしていました。

紙のノートと電子機器との圧倒的な差は、「検索性」ですね。
紙のノートは最近書いた記事やキーワードは遡って確認することが
容易ですが、かなり古い記事等はどこに書いたか?
わからなくなります。

しかし、電子機器はすぐ検索できて、古い記事やメモ書きが瞬時に
検索出来ます。

私のiPad活用術をご紹介します。

1.思いついたキーワードはその場で「メモ」に記録する。
その際、タイトルを必ずつけておく。

2.公園セミナー等の講師の為になる言葉や内容をメモする。
後で電車移動中等に読み直すと良い気づきがあります。

3.ビジネス書を読んだ場合、気になるキーワード等をメモする。
後で何度も読み返せるからその本のエッセンスは忘れなくなる。

4.新しいビジネスを考える際に、無造作にキーワードを記録していく。
後で並べ替えたり編集したりして、何度もスキマ時間を使って
構想を練っていく。これが意外と楽しい。

5.毎年、1月に、今年の目標を記載し、毎日のように眺める。
自分が期初に立てた目標を毎日見ることで達成可能性がすごく高まる。

スマホやiPad類と紙のノートをうまく使い分けると、
経営やビジネスの企画力や実現力などが高まり、自身のスキルも
格段向上するものと思います。


http://www.re-p.co.jp/
アールイープロデュース

>続きを見る

一流の行動ルール(27)『新聞雑誌本を見て情報を入手』

組織活性化を実践して売上・利益を拡大したい経営者の皆様

一流の行動ルール(27)『新聞雑誌本を見て情報を入手』


新聞や雑誌は手っ取り早い情報源ですね。
日経新聞などはビジネスマンや経営者にとっては
最先端の世の中の動きを知る上で大事な情報源です。
また、雑誌は特集を組むケースが多く、気にあるテーマ
の情報が全てそこに集約されて記事となっているので、
非常に役立ちます。

私の場合、キーワードで気になるものがあれば、
雑誌の特集記事を購入し、概略を押さえます。

その後、そのテーマの書籍を最低3冊は購入します。
これでほぼセミプロの領域に達せます。

私の仕事柄、コンサルタントなので、概略を知らないと
クライアントや顧客の社長と対峙出来ないからです。
だから、情報は広く浅くが最初のステップです。

あとは知り得て情報をどう活用するかです。
情報を編集して、自社のビジネスに当てはめ、
ビジネスモデル等の企画をたて、『実践』する。

実践することが大事です。

失敗もしますが、数少ないかもしれませんが、
実践したビジネスが成功する場合もあります。

情報を集めることも大事ですが、それをどう活かすか
の方がもっと大事だと思います。

評論家から実務家になれた瞬間ですね。

従来のビジネスをずっと同じやり方で続けていても売上や利益
はジリ貧になります。

これは製品やサービスにライフサイクルが必ずあるからです。
だから商品やサービスのカスタマイズや付加価値の高いものへ
変貌させていかないと企業は生き残れないのです。

まあ、無知(知識や情報が無い)な経営者はビジネスの土俵
にすら上がれないので、とりあえずは、新聞や雑誌等から
世の中の動きをざっくりつかむことから始めてください。

http://www.re-p.co.jp/
アールイープロデュース

>続きを見る

一流の行動ルール(26)『宣伝・広告を見て最新情報を入手』

組織活性化で売上・利益を拡大したい中小企業経営者に皆様

一流の行動ルール(26)『宣伝・広告を見て最新情報を入手』

経営者にとって、最新の情報を取ることは、次の成長事業発掘の
ヒントになります。

その情報は色々な所から取れます。

常にアンテナを張って置くことが大事です。

自事業の領域だけでなく、色々な分野の情報入手し、
「その事業モデルが自事業に適用出来無いか?」
を毎日真剣に考えるのです。
必ず、良いヒントが生まれます。

以下に一般的な情報入手ルートを記載します。

1.電車つり革広告
2.新聞記事や広告
3.雑誌記事や広告
4.ツイッターでの広告記事
5.Facebookでの広告
6.YOUーTUBE動画

経営者にとって、情報のインプットは生命線です。
自社にとって有益な情報や事例をどれだけ早く入手しするか、
が結構重要です。

それ以上に重要なことは、知り得た情報が自社にどううまく
取り入れることができるかを考えることなのです。

問題意識がない経営者は、情報をインプットするだけで、
応用して自社でアウトプットすることが出来ません。

常に、仮説と検証心がけ、
他業種や他業態の最新モデルが広告や宣伝で発表された場合、
即座に、『俺の会社でやったらどんな感じになるのかな?』と
妄想や瞑想、イメージするだけでOKです。

それがやがて「仮説」として『できるも知れない』という状態
になる場合があり、
そうなれば事業計画に組み込んでいけば良いのです。

何でも最初から事業のモデルなんて降って湧いてこないです。
他業態の良いモデルを参考にするしかないのです。
その意味で、宣伝や広告はその企業が自信を持って推進している事業
と言えますので、ベンチマークすることが重要です。

http://www.re-p.co.jp/
アールイープロデュース

>続きを見る

一流の行動ルール(25)『戦略的観点から服装をチェック』

組織活性化を実践して売上・利益を拡大させたい経営者の皆様

一流の行動ルール(25)『戦略的観点から服装をチェック


服装身だしなみは大事です。
「自分視点」と「相手視点」とでは、感じ方にギャップがあります。
このギャップを埋める努力は経営者やビジネスマンには必要です。

例えば!営業マン。(男性)

南本の「自分視点」でいくと、こんな人はちょっと苦手です。
・香水等の匂いのきつい人
・カウス等、お洒落か知らないですがダメです。
・髪の毛が長い人
・靴が汚れている人
・暑いのにスーツの上着を着て着る人

また、女性の人は、以下のとうり。

・香水等の匂いのきつい人
・笑顔がない人
・アドリブに反応できない人
・すぐむすっとする人

まあ、「相手視点」で考えると、南本の判断基準はわがままであり、
身勝手です。それは良く理解しています。

しかし、仕事って最終的には「相性」だと思いませんか?

それほど良いことを言っても、どれほど為になることを言っても、
自分と相手の相性というか波長が合わない限り、ビジネスなんて
成立もしないし、成立したとことで、うまく回らないと思うのです。

だから、
自分視点と相手視点のギャップを如何に縮めるかが、
営業マンや経営者に求められる資質と言えます。

商談は最初の10秒程度で決まると言われています。
最初、相手に与える安心感、信頼感、安定感等が高けれ商談が
成立する確率が高まることは必至です。

服装や身だしなみは、適当に行うのではなく、
相手のイメージに合わせてコーディネートすることも、
重要な戦略なのだと感じます。

しかし、、、
私はマイペースで、あまり戦略的に服装や身だしなみを
出来ていません。だからダメなんだんろうけど・・

私は私で今後も突き進みたいと思います。
それが独立した理由なので。(笑い)

組織は何かと窮屈で型にはめたがるので面白みがないです。
私が銀行を辞めた理由は他にもいろいろありますが。

http://www.re-p.co.jp/
アールイープロデュース

>続きを見る

一流の行動ルール(24)『嫌なことこそ率先してやる』

組織活性化を実践して売上・利益を向上させたい中小企業経営者の皆様

一流の行動ルール(24)『嫌なことこそ率先してやる

人間、嫌な事は先送りします。
その心理は、自分が傷つきたくないから。
自分が嫌な事をやる事で、その仕事ができなかったら
どうしようか?と先の事を考えるから。
また、できない自分を認めるのが嫌だから。

色々な理由がありますよね。
しかし、ここは勇気を持って、
嫌な仕事が優先順位が高ければ、絶対手をつけないといけない仕事になります。
このフレーズ、大事です。

もう一度、言いますね。

『嫌な仕事は早めに手をつける』事が大事です。

そうなんです。

嫌な仕事を完成させるコツは、先送りせずに、
まあ一度、勇気を出して、「まず取り掛かる事」なのです。
取り掛かりと人間は集中して事に当たるので、
以外に楽しかったり、嫌でなかったり、という事がよくあります。

私の場合、
苦手な仕事は毎日、ちょとずつこなしていきます。
すりと、自然と何日かすると完成している事があります。
要は、先送りせずに、早めに「手をつける」習慣を身につけて
置く事で、嫌な仕事でもいつの間にか完成させる事ができる
優秀な経営者、ビジネスマンになれます。

アールイープロデュース

>続きを見る

一流の行動ルール(23)『気配りを徹底する』

組織活性化を実践して利益拡大を目指す中小企業経営者の皆さんへ


一流の行動ルール(23)『気配りを徹底する


私のクライアントに気配りを徹底させている会社があります。
それはもう、徹底しています。


我々、どんな気配りをされれば嬉しいか?

・言葉の気配り
・もてなしの気配り
・態度の気配り

言葉の気配りで言うと、
『この前はありがとう』と過去のちょっとした事を覚えてくれている。
嬉しくなる瞬間です。
『今日は暑いですが、体調いかがですか?』とさりげなく聞いてくれると
話の幅が広がって、打ち解けやすくなります。


もてなしの気配りでいくと、
汗をかいて訪問すると、冷房をちょっと下げてくれる。
冷たいものをお代わりしてくれる。
誕生日にお祝いの品をさりげなく渡す。
人前で良いところを褒めてくれる、等々


態度の気配りでいくと、
常に聞く姿勢は前のめりで、決して横柄な態度をしない。
笑顔を絶やさず、周りを明るくさせている。
常にお見送りをエレベータ前まできて、礼を深々と行う。
常にフレンドリーに握手やタッチでスキンシップを図る。
帰りに雨は降っていれば、傘を貸してくれる。


まあ、ちょっと誇張するくらいの気配りが、会う日も会う日も
同じように徹底されていると、周りの人は嬉しくなり、
そのような気配りをしてくれる人の事を自然と好感を持って
接するのでは無いのでしょうか!

経営者でもビジネスマンでもそうですが、
気配りできない人は、経営的視点で見るとバランスが悪く、
そんな人が経営している会社もうまくいっていないケースが多いです。
結局、困っている人や悩んでいる人がいた場合、どれくらい真剣に
寄り添って課題を一緒に考え、解決して行くことができるか。

これが一流の人のおもてなしなんでしょうね。

アールイープロデュース

http://re-p.co.jp

>続きを見る

一流の行動ルール(22)『行動センスを養う』

組織活性化支援・コンサルティングの専門家ブログ


一流の行動ルール(22)『行動センスを養う


行動センスを養う!
うーん、どういう意味だろうか?
行動力?行動の質?


多分、私には行動センスは無いのだと思いますが、
私がクライアントに訪問する際に常々心がけている事があります。
それをご紹介します。


1.段取りを必ず行う。
2.訪問目的(ゴール)を決めてミーティングする
3.お客様に何かメリットを与える(お土産話。助成金等の話)
4.長居はし無い(1時間)訪問頻度を増やす。
5.事前に資料を送付あい、当日のミーティングはすぐ本題に入れるようにする。

こんなところでしょうか?
後、行動センスといえば、

■朝型で夜は仕事しない。
■二次会は行かない
■好き嫌いをはっきりさせる(これは良し悪しがあるので要注意)
■翌週の段取りは必ず土日でリカバリーをする。

あまり新鮮味が無いですね。

上記は南本個人が勝手に良いと信じている行動センスですから、
皆さんはオリジナルの行動センスを磨いてください。
参考になる部分は取り入れて頂き、どうでもいい部分は捨てて下さい。

アールイープロデュース

>続きを見る

一流の行動ルール(21)『評論家にならずまず動く』

組織活性化を実践して売上・利益を拡大した中小企業経営者の皆様


一流の行動ルール(21)『評論家にならずまず動く


世の中、評論家が多いです。理論や知識が豊富なんですが、実践しない人がほとんどです。


経営者がビジネスを成功に導くステップをご紹介します。


1.自社の理念や存在意義を再認識する。

2.今やろうとしていることは理念やビジョンに外れていないか検証する。

3.外れていなければ、知識インプットを行う。研修やセミナーなどで。

4.知識インプットは期間を決める。 ダメなパターンは永遠と知識インプットしている人。

周りにいませんか?このタイプが評論家になっていくのです。

知識がとても豊富ですから。当たり前です。

5.得た知識で自分がやりたいビジネスモデル(構想)を考える。

6.具体的なビジネスを商品・サービス内容、顧客のメリット・デメリット、

価格、営業方法などを具体的に考える。

7.実行計画と売り上げ目標を立てる。

8.目標に向かって実践あるのみ。

9.毎週、進捗管理と行動変更を行う。 いわゆる、PDCAを回します。

評論家の方は知識が豊富なので、いろいろなことを話しします。しかし、中身や言葉に重みがないのです。やってないからです。そんな人とどれだけ付き合っても、あまり成果が出ません。私はコンサルタントですが、社員3名雇用しています。社員も雇用したことがない人が、人事コンサルをやっている場合がありますが、皆さん、その人のアドバイス、信ぴょう性があるでしょうか?

成功でも失敗でも実践した経験がある人は、言葉に重みがあります。評論家との大きな違いです。

中小企業の経営者はなおさら、実践して早く成果を出し、ビジネスを推進していかないと、他社の追随を許してしまいます。評論家ではなく、実践家なって下さいね。それができる人は、約1割の経営者でしょうけど。それくらい実行に移すことはエネルギーが要ります。

皆さんも頑張って下さい。私も頑張ります。ではこの辺で。

アールイープロデュース http://re-p.co.jp

 

 

>続きを見る

一流の行動ルール(20)『一日一日を完結させる』

組織活性化を実践して売上・利益を拡大したい中小企業経営者の皆様

一流の行動ルール(20)『一日一日を完結させる


その日に完了させると決めた仕事を、その日で終わらせる。
これはできるビジネスマンが実践していることだろ思います。

人間は弱いので、大抵のサラリーマンは、これができません。
すぐ『明日に先送りする』のです。

先送り体質の人は、言い訳が多くなります。
できない理由をいっぱい探します。

経営者なら、なおさらです。

その日にやると決めた仕事は、何があろうが完結させる。
もしくは、目処をつけて終わらせることをやっていかないと
会社なんて継続できなくなります。

私はどうか?

申し訳ございません。
ダメな経営者の部類に入ります。
『明日に先送る人』だからですね。

あかんよね。先送りしたら、、

しかし、私の中で必ず実践しているポリシーがあります。

平日夜はよほどのことが無い限り、18:00には会社を出ます。
それには理由があります。朝早いからです。夜は体のダメージが
大きく、生産性が低いからです。

しかし、そのことが理由で仕事が遅れてきた場合、
土日で必ず100%リカバリーするということ。
これは創業以来、自分の中で徹底されています。

私のような変形タイプでも構わないと思いますので、
1日の最初に今日達成させる業務をTO DO LIST に作成し、
優先順位をつけて、今日一日で終了させる仕事にしるしをつけ、
終わったたら帰宅するという行動を習慣づけすることで、
皆さんは出来るビジネスマン、出来る経営者になると思います。

私もやりますから、皆さんも実践して行きましょう!

>続きを見る

一流の行動ルール(19)『「昨日より今日、今日より明日へ」の精神で』

組織活性化を実践して売上・利益を拡大したい中小企業経営者に方へ


一流の行動ルール(19)『「昨日より今日、今日より明日へ」の精神で

人生で一夜にして、お金持ちになることはないです。
また、一夜にして成功者になることもないです。
宝くじに当たれば、一夜にしてお金を得ますが、
そのようなお金は使って、元の状態に戻り、
前より貧乏になることでしょう。

成功者は必ず、大きな目標、夢を掲げます。
それを達成させるために、何をすれば良いかを考え尽くします。
そのステップ一つ一つを、達成させていくのです。

昨日の自分より今日の自分が成長しているかを毎日チェックしながら
明日に対して、成長をコミットしていくのです。
これこそ、日々改善の精神です。
今日は昨日より、生産性を1%上げたとします。
明日も今日より生産性を1%上げたとします。
これを毎日継続していけば、何日で1だったものが2になると思いますか?


答えは、 【70日】です。


たった1%、自分のスキルや能力を改善することで、
70日後には、そのスキルや能力は2倍になります。


日々意識を高く持って、改善やスキル向上や生産性アップを積み重ねていくと
とてつもなく大きいことを指し遂げることができます。
要は日々継続の心構え次第です。

アールイープロデュース

>続きを見る

一流の行動ルール(18)『強靭な精神力を持つ』

組織活性化を実践して売上・利益を拡大したい中小企業経営者の方へ

一流の行動ルール(18)『強靭な精神力を持つ


強靭な精神を得るにはどうすれば良いのでしょうか?
私には良くわかりません。

強靭な精神力が無いのだと思います。(笑)

しかし、経営者のメンタルは強靭でなければならないと
痛感します。いろいろなトラブルや課題がヤリや雨のごとく
経営に突き刺さってきます。

その度に、難局を乗り越えていく精神力が必要です。
強靭な精神力があったからこそ、弊社や南本は13年経営
できているのだと思います。

視点を変えると、
①瞬時に判断する決断力・瞬発力
②課題から逃げない突破力
③何事も最後まで諦めない持久力
④社員と成長したいと強く思う組織力
⑤志を持って独立したという強い思い
が、強靭な精神力という意味じゃないかなと思います。
強靭な精神は、誰でも持てることです。

自分の人生が一回きりだと思うと、諦めずに人生を
歩んでいくことが目標であり、その過程が楽しいのです。

>続きを見る