勝者と敗者の違い

組織活性化を実践して売上・利益を拡大したい中小企業経営者の皆様
今回のテーマは【勝者と敗者の違い】です。
成功者の言葉に次のようなものがあります。
『何度失敗してもあきらめずに何度もチャンレジすれば最後は成功し、勝者になれる』
この言葉を皆さんはどう思いますか?
『当たり前だよ!』って言うと思います。
そうなんです。当たり前なんです。この意味は誰でも理解できます。
勝者になるには、最後までやり続けて、達成すれば、勝者になれるんです。
受験勉強でも、仕事でも、新規企画提案でも、業務改善でも、なんでも同じです。
しかし、ほぼ100人いて、99%の人が出来ないいんです。
上記の簡単なことが・・・
理由は簡単です。
すぐ「あきらめる」からです。
何度やってもうまくいかないので挫折するのです。
(まあ、見ていると「何度やっても」ってくらい何度もやっている人はそう多くない。
2回程度で失敗したら諦めてしまう人ばかりです)
ここで大事なことがあります。
「諦めるのは誰か?」
そうです。「あなた」なんです。
やめると意思決定するのは「あなた」自身なんです。
家族や友人や社員や同僚や日本国家や世の中のせいにして、
ぶつくさ言って継続することを止めたのは、「あなた」自身なんです。
誰にも迷惑かけないから良いじゃん!という声が聞こえそうですが、
全くOKです。さっさとやめた方が良いです。
成功する人は100人中1人くらいです。
その人は失敗から成功の糸口を探り、何度もチャンレジして、成功するまで継続して
同じことを繰り返すからです。
本当に今の世の中、「すぐ飽きる」人が多い。多すぎます。
それは目標設定力の弱さにあるのか、流行に流されるのか?
そこはわからないですが、勝者になりたいのなら、愚直に自分で目標を決めたら
達成するまで継続してやっていっけば、あなたも必ず勝者になれます。

>続きを見る

【組織活性化ノウハウ】理念・ビジョンの共有

組織活性化で売上利益を拡大させたい中小企業経営者の皆様
今回のテーマは【組織活性化ノウハウ】理念・ビジョンの共有です。
「理念・ビジョンの共有」は誰のために作成するか?
それは、経営者自身のためです。
「社長」は誰でもなれます。資本金を入れて会社を作成すれば、社長と呼ばれます。
しかし、「経営者」は従業員を雇用し、組織をまとめて目指す方向に従業員の経営資源
を集中させ、組織を強くできる人だと思います。
そのためには、色々な個性を持った従業員を上手く使い、組織活動を行っていく必要が
あるのですが、それには「経営理念」や「経営ビジョン」が必須となります。
経営者自身が、経営を日々実践する過程で、課題や問題点、トラブルに見舞われるからです。
その時に、たちかえるのは「経営理念」になります。
自分は何のために会社を興して、事業をやっているのだどうか?と迷う瞬間は
経営者なら何度となくやってくるはずです。経営理念が無いと、自分の中に、ポリシーが
無いので、筋が通らないことでもやり始めます。良い儲け話があると、すぐ飛びついたり
します。こうなると、経営は行き当たりばったりになり、周りから見ると、
「何やってんの?」という感じに見られます。
社員が一人もいないうちから、「経営理念」は作成して、HPやパンフやチラシなどに
刷り込み、出会う人すべてに自分の口から「経営理念」を語るようにすれば、自然と
自分自身の確固たるポリシーに昇華してきます。何度も何度も語るのです。
その次は、「経営ビジョン」の設計を行ってください。
3年から5年先の未来の会社のイメージです。未来予想図です。
○○の事業で売上○億円、都内でシェア○%、○○事業で世の中を変えるなど
何でもOKです。経営理念に外れないことであれば、会社がどのような事業や組織で
社会に貢献して行くのかを明確にビジョンとして記載します。
社員を雇用する際は、「経営理念」と「経営ビジョン」を示し、共感してくれる人材を
採用していけば良いのです。理念に共感しない人はどれだけ優秀でも、その会社では
使いものになりません。目指す方向性が異なるのですから。

「経営理念」や「経営ビジョン」作成を、バカにする人が多いですが、

作成して経営に良いか悪いかを実践し、検証した人に言われるのは良いのですが、
作成したこともない人に、とやかく言われたくないですね。
経営って、理屈ではないので、経営者と従業員の一体感というか、信頼感が無いと、
ほんと、うまく回らず、会社は強くなりません。
まだ、未作成の経営者は、ぜひ作成して見て下さい。
自分が経営者として進むべき道が見えてくると思います。
>続きを見る

【組織活性化ノウハウ】「なぜ」を考える

組織活性化を実践して売上・利益を拡大させたい中小企業経営者の皆様
今回のテーマは【組織活性化ノウハウ】「なぜ」を考える
「なぜ」を5回繰り返して部下に質問するという話を昔聞きました。
その企業はトヨタです。
トヨタは社内で「なぜ」を5回聞く文化が出来ているとのこと。
私はトヨタにいたわけではないので、その真意はわかりませんが、今の高収益企業に
なっているところを見ると、役職から一般社員まで徹底されているのだろうと
推測が出来ます。
特に、製造現場では、現場で現物・現実を見て(3現主義)と
「なぜ」を5回繰り返せと指導されるようです。
経営者や管理者が部下に教えないといけないことは、この「なぜ?」を考えさせることです。
飲食業で言えば、「お客様が減少している」という現象があったとします。
経営者は店長やその店のスタッフにその「原因」を考えさせる必要があります。
普通にやると、
『メニューが飽きられたから』とか
『店が汚いから』となります。
しかし、問題の本質に近づくには、もっと「なぜ」を質問して、考えさせていく必要
があります。
『メニューが飽きられたから』に対して
「どんな嗜好に変わってきているのか?」
「競合他社のメニューはどんなものか?」
「客層は変わってきているのか?」
『店が汚いから』に対して
「なぜ汚くなっているのか?」
「どうすればきれいに見せられるか?」
「掃除の頻度と質を上げているか?」
「そもそも接客はおもてなしできているか?」
などなど、色々な「なぜ?」の質問を部下に投げ変えてみて下さい。
最初は全く「回答は得られない」ですが、徐々考える癖が身に付き、
どんどん、質問に答えられるようになります。
そうすると、何かの課題や問題にぶち当たった際に、自分で自分に「なぜ?」
を質問できるようになります。こうなれば、一人前です。
自分で自律的に行動し、対処できるようになります。
>続きを見る

【組織活性化TV】苦境の経営者がハマるどツボ

組織活性化TV。

苦境の経営者がハマるどツボについて解説しています。

中小企業経営は山あり、谷ありで、谷の場合その底が深いのが現実です。その時、どうやればV字で復活できるかを解説します。

https://youtu.be/atsTDKyXAok

boss@re-p.co.jp  http://www.re-p.co.jp

>続きを見る

【組織活性化ノウハウ】考える力を養成

 

組織活性化を実践して売上・利益を拡大させたい中小企業経営者の皆様
今回のテーマは【組織活性化ノウハウ】考える力を養成です。
考える力がある社員が多い方が良いですよね。
私が見ている限り、経営者のトップダウンが強い会社ほど、社員が考える力を無くしているような気がします。理由としては、トップダインが強いということは、指示命令が多く、その指示命令に従っていた方が「楽」だということです。人間も動物も、さぼり癖があります。自分が窮地に追い込めれない限り、「楽すること」を優先してしまいます。それは仕方がないことです。
では、社員にどうたったら「考える力」を身に着けてもらうか?
経営者は以下のことを実践して下さい。
(1)ミーティングを開催(臨時でも定期でも)
(2)具体的な経営課題を社員に公表し対策を考えてくることを宿題とする
(3)各人で課題解決策を検討・発表
(4)経営者は細かいリスク等を質問する
(5)他の社員からも質問させる
(6)良い課題解決策が本人から出た場合、本人を「責任者」に任命し、実行させる
ここで大事なことは一つ。
経営者は自分の良いアイデアが既にあり、社員の提案した課題解決策と少し相違したとします。
大概の経営者は、『もうちょっと考えろ!』『考えが甘い!』とか、部下に対して厳しく
叱責や指導するケースが多々見られます。普通は、経営的力量からすれば、
経営者の考えの方が勝っているのは当然です。
しかし、部下に「答え」を言いたいのを、ぐっとこらえて下さい。
これが経営者に役割です。
ぐっとこらえて、経営者の考えに近い対策を考えるまで、待つのです。
※社員の考えの方が良い場合は、素直にその対応策を採用することです。
考える力って、そんなに短期間に身に付きません。
会社がその考える「場」を提供しない限り、社員が考えて行動するようになるのは
難しいと思います。経営会議等で一方通行の報告会をしている会社は、見直しを
検討すべきだと思います。
社員の知恵がどんどん経営層に上がってくるようになると、会社は強くなります。
全員とは言いませんが、10人いたら、2,3人は素質のある逸材がいるものです。
全員が考える社員になってほしいというのが、経営者の夢でしょうが、
そんなことはあり得ません。20対80の原則がそれを物語っています。

 

>続きを見る