70歳まで働ける社会

70歳まで働ける社会

政府がいよいよ、方針を出しました。
以下出典:毎日新聞

「高齢者就労、70歳まで 政府、企業に努力義務」
政府は15日、「未来投資会議」(議長・安倍晋三首相)
を開き、働きたい高齢者に対し70歳までの雇用確保を
企業に求める具体的な方針を示した。継続雇用や他企業
へのあっせんなど七つのメニューを設けるよう努力義務
を課す。働く意欲のある高齢者を増やし、社会保障費の
伸びを抑えることが狙いだ。厚生労働相の諮問機関・労働
政策審議会の審議を経て、雇用期間を70歳まで引き上げる
ことを柱にした高年齢者雇用安定法改正案を来年の通常国会
に提出する。

これで、いよいよ、「70歳まで働ける」ではなく、
「働かなければならない」状況になってきました。
お金が沢山あれば、別に働く必要が無いでしょうが、
この政府に示唆は、とうぜん「年金の支給額がさがりますよ」
って言っているのに等しいと思います。

大手企業を60歳で定年を迎え、65歳まで我慢して
継続雇用して頑張っても、70までまだ働け!となる。

だから、おすすめは、第二創業をサラリーマンが真剣に
考えるべきなんです。若いときに遊んでばかりしていないで
勉強し、資格ととったり、起業の勉強したり、副業して
いろいろ自分のスキルを積んだり、そんな努力しておか
ないと、いざ60歳で第二創業なんてしてもうまくいく
確率は非常に低いと言えます。

こんあ時代が来るなら、自分で起業してやりたいと
思うのが、男たる(女性でもOK)ものでしょう!

そのためにはかなりの裏での努力が必要です。

2019-05-24

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

安い・高いはお客様の価値観次第ですね。

安い・高いはお客様の価値観次第ですね。

弊社の給与計算や社労士手続き代行手数料って
日本標準からするととてもリーズナブルに設定
しています。

しかし、
あるお客様は「高い」という。
また、あるお客様は「安い」「この値段で大丈夫ですか?」
とも言ってくれる。

この差はなんだろうか?

中小企業経営者で、実際社員が少ないときに、自分で
給与計算や入社退社手続きを行っていた人は、
その事務の難易度を理解しています。だから、「高い」
とは一切言わないのです。

反対に、コストで我々のような委託業者を探している
人にとっては「高い」となるわけです。

私は言いたい。
中小企業の場合、一度、社長が給与計算をやって
みなさい!って。
どれほど大変で、多面的な知識が必要で、
ミスしやすい業務なのかを御自身で体験しない限り
良きブレーン(社労士や税理士等)やパートナー
(給与計算等の委託業者)は現れないと思いますよ。
安かろう、悪かろうの悪徳業者があなたの周りに
近寄ってくることになると確信します。

値段で取引先を決めると、そうなります。

2019-05-23

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

アホなポジティブはあかん!

アホなポジティブはあかん!

昔、こんな人(経営陣の一人)がいました。

「自分の考え」や「ビジョン」がまったくない
人(ある会社の経営陣)がいました。どうも考える
ことが苦手なタイプのようで、何でもかんでも
「前向きにチャレンジ」
「ポジティブ思考」
「過去は振り返らない」等々
の言葉を発していました。

これは最悪の経営陣です。
ポジティブなことは良いことですが、
過去の出来事や自分の強み弱みも分析できて
いない人が、「ポジティブ」を口走っても
なんの意味もありません。

私はこの会社と数年前、決別しました。

経営者なら、自分の会社の置かれている立場や
経営陣の強み弱み、過去の失敗事例等を分析し
少なくとも原因をさぐり、反省し、それで二度
と失敗しない策を立てることが大事です。
何も策がないのの「ポジティブに行こう」と言
ったって、うまく進むわけがないです。

2019-05-22

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

人に喜ばれる仕事

人に喜ばれる仕事

誰でも人間は、「誰かに喜ばれたい」と思って
起業したり、事業を推進したり、仕事を実行に
移しています。反社会的な人たちの例外は
ありますが・・

中小企業であれ、大企業であれ、そこの属する
社員やパートの人は、ユーザーであるお客様に
「どうやれば喜んでもらえるか」を考えながら
仕事ができると、とてもワクワク楽しくなると
思うのですが・・

しかし、これは正論で、仕事現場では、
お客様に文句言われたり、苦情言われたり、
ストレスがたまります。

私の場合、
それらの苦情や文句は、自分への「アドバイス」
だと思うようしています。そうすると、叱られた時
は一瞬「こんちきしょう!」って思うのですが、
その後は、「自分に責任がある」と思い直すように
しています。すべての自分の周りで起こる事象は
自分の責任で起こっているという真理があります。

これに従うと、原因は基本、「自分」なんです。
苦言や苦情を素直に受け止め、改善していく面白さ
も仕事のうちなんです。苦情や文句、課題を真正面
から受け止めれば、必ず道は開けてきます。
その瞬間、怒っていた相手は「喜んでくれます」

これは感動じゃないですかね。

まあ、私もこのように思い、対処できるようになる
まで50数年かかりましたがね(笑い)



2019-05-21

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

課題に対して仮設を立てて検証する

課題に対して仮設を立てて検証する

会社経営をしていると、課題が次から次へと出てき
ます。

これは仕方がないことです。

その課題に対して、どう向き合うか?がとても大事で
先送りや放置しておくと、あとでとんでもない結末を
迎えることことになります。

新たな課題が出てきた場合、
まずその課題が出てくる原因は何か?を分析というか
調査を行い、それに対して「仮設」を立てて、
「最も影響力のある原因」に対する対策を立てます。

その対策を実行し、検証を行い、効果がなければ、
別の原因が主要因となるので、その原因の対策を
立てて、実行し、検証する。

明確な課題であれば一瞬で対策は打てるのですが、
そうではない課題も多くなってきています。
いわゆる「原因不明?」的な課題です。

これらは、仮説検証を繰り返すしか手はないですね。

いずれにしても、先送りしないことです。

2019-05-20

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

どんなトラブルでも「話せばわかる」ことが多い

どんなトラブルでも「話せばわかる」ことが多い

今はネット社会。メールやSNS、LINE等のチャット、
何でも来いの時代になりました。
家に設置電話が無い家庭も多いと聞きます。

今は、ほぼ「文字」でつながっています。
個人の友達や家族ならそれで良いのですが、
それを組織(会社)に持ち込むと、ちょっと話は
ややこしくなります。
文字だけで仕事を完結したり、課題を解決しようと
すると、「行き詰まること」が多々あります。

そのような場合、やっぱり「相手と話す」ことが解決の
最も早道何だと思います。

私は「寝技」と読んでいますが、
メールやチャットワーク等で、なんか話が食い違って
来て、相手と弊社が平行線ってなことがたまにあります。

その場合は、「話せば分かる」じゃないですが、
1.電話
2.訪問して説明

これで大概は解決(落とし所が見つかる)するものです。
それでだめなら、もともと、相性が悪かったということで
諦めましょう!

文字だけでは解決できない領域があるってことを
経営者が理解し、電話や実際の訪問を社内で徹底させる
社風を構築していくと、組織はうまく回ります。

2019-05-16

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

仕事の基本はやはりコミュニケーション

仕事の基本はやはりコミュニケーション

仕事は一人で出来るものは少ないです。
だから、チーム(組織)が必要となります。
その際に、もっとも大事なスキルというか、おもて
なし術としての「コミュニケーション」があります。

保険の方や不動産の方は「売れば終わり」って感じ
の人が多いので、フォロー力のある人がいると、
その人はとても光って見えます。
面倒くさいのはわかりますが、このフォローする力も
コミュニケーション力の一つです。
面倒なので、90%の人はやりません。
だから10%のコツコツフォローを努力している人に、
紹介というゴールデンリファーラルがやってくるのです。

組織のチーム内でも同じです。
上長は、部下やスタッフと密なコミュニケーション
を常日頃とっていないと、思わぬところで仕事が行き
詰まることがあります。(大きなミスに繋がるてこと)

上長は偉そうにするのが仕事ではなく、部下の悩みや
課題をうまく吸い上げて経営や店舗経営に活かすことが
仕事です。それが出来るのはうまいコミュニケーション力
のある人なんです。

難しいことはありません。

上長は毎日自分の部下に「朝」「夕方」の2回、
「何か困ったこと無い?」と質問するだけでよいのです。
たったこれだけで、社内はとても活性化すると思います。

2019-05-15

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

デッドライン設定がない人は、当たり前ですが仕事が遅い

デッドライン設定がない人は、当たり前ですが仕事が遅い

人間はタイムマネジメントがとても苦手です。
緩い、楽な方に流れていくからです。
そうなると、「期限のない仕事」を部下等に任せた場合
その人のタイムマネジメント力にかかってくる。

仕事ができる人って、次から次へといろいろなことを体験
したいので、自分に目の前の仕事に「デッドライン
(時間目標)」を設定し、その時間までに終わらそうとします。
そんな人って、ほぼほぼその時間内に終了するわけです。
これが「仕事が出来る人」。

仕事が出来ない(遅いし、段取り悪し)人って、
結局、自分に甘いので、この時間設定(デッドライン)が
出来ないんです。だから、時間消費人と化し、どんどん時間
の無駄遣いをしていきます。

こんなスタッフが御社にいた場合、
毎回、自分で時間を設定させるか、次の仕事が沢山あること
を伝えて早く仕事を終らせるように気づきを与えていくこと
がおすすめですかね。それでも改善されない場合は、
「特訓」し、手取り足取り教えていくしか無いですね。

時間は貴重な経営資源です。無駄遣いしている人は、罪だと
私は考えます。

2019-05-14

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

人は、自分が思うほど、自分のことを見ていない

人は、自分が思うほど、自分のことを見ていない

人って、失敗やミスをしたときに、落ち込むものです。
それを引きずって立ち直れない人も多いことでしょう。

しかし、それほど、他人はあなたの事を気にしていません。
というか、あまり、見(観)ていません。

だから、自分だけ「だめだ」「もう立ち直れない」等々
で悩んでも仕方が無いということです。

失敗は失敗として自分で受け止めて、
次に同じ失敗をしないように創意工夫を行うことが大事です。

周りの目を気にして、前に進めないなら、
それは勝手に自分自身でブレーキを踏んでいるようなもの。
無責任な言い方をすると、
「誰もあなたのことを気にかけていない」ってことです。

だから、周りを気にせず、
自分流で仕事を組み直していきましょう。

そうすると、きっと、周りも助けてくれるはず。
工夫して頑張っている人を応援したくなるのも人間の性です。

2019-05-13

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

優先順位を間違えると自分に跳ね返ってくる

優先順位を間違えると自分に跳ね返ってくる

優先順位の決め方は人により様々だと言えますが
「重要度」「緊急度」のマトリックスで決めると
うまくいきます。
「重要度」=高い「緊急度」=高い 優先順位=1
「重要度」=高い「緊急度」=低い 優先順位=2
「重要度」=低い「緊急度」=高い 優先順位=3
「重要度」=低い「緊急度」=低い 優先順位=4
重要度って曖昧ですが、自社の将来にとって大事な
仕事かどうか?ぐらいの判断で良いかと。

優先順位=3は部下や外部業者に任せ、
優先順位=4は「廃止」等の検討を行う。

問題は、優先順位=2の仕事を意外に「後回し」
する人が多いってことです。

今回、私はこれで自分の首を締めてしまいました。
緊急度が低いと思っていたので、ちょっと余裕を
かましていると、相手がある業務だったので、
その帰り結果が予測できず、完成品を納品すること
が出来ない状況に陥りました。

優先順位=2の仕事を、真っ先に「目処をつける」
ことがとても大事と身をもって痛感した次第です。

みなさんも「優先順位=2」の仕事の捌き方次第
で「仕事が出来る人」って思われます。

2019-05-09

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

10連休でリフレッシュ??

10連休でリフレッシュ??

弊社に限ったことではないのでしょうが、
10連休で社員等のシフトで大変な苦労をされた
中小企業が多いのではないでしょうか?

まあ、ぼやいてもどうしようも無いので、
前を向いて進むしか無いですね。

弊社も4月は2日、休日出勤を社員やパート
さんにしていただきました。おかげで業務を回す
ことが出来ました。感謝!

10連休とまで行かなくても、連休があるって
ことはその間「リフレッシュ」出来ることは
確かですね。

実際私も2泊で北海道に行ってきました。
個人的なビジネス関連ですが、とても天気が良く
北海道を満喫してきました。

リフレッシュ出来た人も、出来なかった人も
何事もプラスで考えれば、良い方向に好転すると
思いますよ。

2019-05-08

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

人と人は粘着質

人と人は粘着質

私は人と深く関わることを避けています。
それは、「粘着質」な付き合いになると、
パワー関係で「上下関係」が決まってしまい、
アンフェアなことが多かったからです。

私にとって、最も嫌いなことは
「アンフェア」なことです。

アンフェアになるときって、大体「個人的な
つきあい」が深くなり、それが、しがらみ
となり断れなくなるってケースです。

私は良く「人が嫌い」「冷たい」等言われ
ますがすべてが、上記の「アンフェア」な状況
を招きたくないため、人づきあいは粘着質に
ならない程度に付き合っていきます。

皆さん、連休、楽しんでください。

2019-04-26

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

自分を追い込まなければ成長はしない

自分を追い込まなければ成長はしない

大半の人は楽な道を選びます。
若いときは結構チャレンジするものですが、
歳を重ねてくると、「楽な道」を選択する傾向に
あると言えます。

ビジネスでもそうじゃないでしょうか?
年配の経営者は、現状にある程度満足していれば
あまりリスクを取りたくないので、チャレンジを
しなくなります。

しかし、中小企業経営って、「一寸先は闇」なんです。
経営者が年配だろうが、若かろうが、常に時流に
合わせてチャレンジし、自社の業務を見直して
いかなければ、生き残れないのです。

そのためには、「自分を追い込む」「自分に高い
目標を設定する」「常に変革とチャレンジを実践
していく」しか無いかな!ってこの頃常に思います。

あちらこちらで、出来上がっている経営者
(安定して何もチャレンジしていない人)を見ると、
ちょっと寂しくも有り、不安になったりもします。

自分を追い込んで、高い壁を乗り越えている
「ING経営者(現在進行形)」のみが、成長し続ける
ことが出来るのだと確信します。

2019-04-25

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

未来に予定の日付を入れた瞬間、仕事は完了している

未来に予定の日付を入れた瞬間、仕事は完了している

これはある経営者の言葉?じゃないのですが、
それに近いことを仰っていたので、ご紹介します。

いわゆる「段取り」の話です。

ある経営者いわく(いま4月だと仮定して)
「南本くん、私の仕事はもう8月まで終了しています」
ってな感じのことを言いました。(過去の話ですよ)

私「え?」

経営者「未来の日付に予定を入れた瞬間、すべての段取り
が明白になり、その時点で将来の仕事はすべて完了した
ことになるんですよ。これで私はほぼ予定を変更すること
無く仕事しているので、4月の時点で8月の仕事が終わっ
ていることになるんです」

このようなことを平然と言える人って、そういないですよね。

これはかなりの未来に対する「段取り力」、何か合った場合の
「リスケの段取り」「代替プランの実行段取り」等々、
かなりの思考回路の人が為せる技だと思います。
この能力が中小企業経営者には必要だと痛感します。

少しでも近づきたいと思いつつ、未だ、目の前の仕事に
忙殺されている私です。(笑い)

2019-04-23

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

努力しないとチャンスはそうつかめない

努力しないとチャンスはそうつかめない

チャンスを掴む人って、アンテナが高いとか
常に問題意識を持っている人と言えます。

みなさんもこんな経験したことがないですか?
自分が何かに興味を持った瞬間、その手の記事や
広告やセミナー等の情報が目に留まるってこと。

私はその経験がとても多いです。

ということは、
「人間の脳が意識していている」状態を作らなければ
眼の前に現れた出来事がチャンスか?そうでないか?
がわからないわけです。

中小企業経営者の場合、事前に意識して情報をインプット
し、その課題を解決する方法を探している過程で、
チャンスが目の前を通った瞬間、そのチャンスを掴むことが
できます。

しかし、事前に脳にインプットしていない人は、
眼の前を通り過ぎる瞬間「チャンスかどうかわからない」
というのがほとんどです。未来のチャンスであってもその人
は気づかないのです。

チャンスを掴むことが出来る人は、
そのような事前のインプット、課題抽出、仮説設定等の
努力、勉強をしているものです。

ラクして儲けようとする人にチャンスはつかめない。
気づかないのだからどうしようも無いわけです。
いっぱい目の前を通り過ぎているのですがね(笑い)

2019-04-22

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

利益は大事ですが、それ以前経営ポリシーが最も大事

利益は大事ですが、それ以前経営ポリシーが最も大事

最初、崇高な理念を掲げ、経営をスタートした経営者
でも時代の流れや時間の経過、惰性等が重なり、
売上・利益の確保のために当初の経営理念やポリシー
に外れたことを一杯やっている人がいます。

そうなると、社員はその姿を見ています。
中には、嫌気がさして、やがて社員はその会社から
一人、二人と離れていきます。

結局、お金(儲け)も大事なんですが、
人って理念や経営ポリシー、事業ポリシーに惚れて
会社に入ってくる人が多いと思うのですね。

そこを中小企業経営者は外さないようにした方が良いかと
思います。

経営って、人心を掌握しないと、にっちもさっちも
行かないってことを肝に銘ずるべきです。

2019-04-18

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

標準化と仕組み化

標準化と仕組み化

中小企業経営者がやらないいけないこと。

それは社内の業務の「標準化」と「仕組み化」
だと思います。

「標準化」とは、担当者がいなくても、他の人が
通常業務程度なら出来るレベルのマニュアル
や手順書等を作成し、社内に公開しておくこと。

「仕組み化」とは、上記の標準化した手順書等
を見ながら、だれでも出来るようにシフトチェンジ
できる体制を構築するとともに、その気運を
社内に作ること。一ヶ月や3ヶ月毎に、仕事を
ジョブローテーションする等の仕組みが必要
となります。そうすることで、スタッフは
違和感なく、他の業務も出来るようになります。

だめな会社は、担当者を「固定したがる」傾向
が強いです。経理はAさん、給与計算はBさん
営業補助はCさん、等々

これじゃ人が辞めた時、右往左往するのです。


2019-04-17

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

オーナーという発想はとても大事

オーナーという発想はとても大事

ロバートキヨサキの金持ち父さん、貧乏父さん
に出てくる4つのマトリックスはとても有名です。
しかし、知らない人が多い。
「ESBI」の4つのカテゴリーに分かれます。

E・・従業員(雇われ人)
S・・個人事業主(一人や家族自営業)
B・・ビジネスオーナー
I・・投資家

私はここで言いたいのは、
サラリーマンであれ、中小企業経営者であれ、
「E」と「S」状態ではだめだってことなんです。
「E」の雇われ人は労働=お金に変えているだけなので、
体を壊せば終わりです。
「S」の個人事業主は少しは自由度は増しますが、
それでも自分ひとりで働き稼ぐことには変わりなく
体を壊せばほぼ終わりです。
「B」はビジネスオーナーです。
サラリーマンなら、「自分が居なくても部下が仕事を
100%回せる仕組みを作る」。個人事業主なら
「自分がいなくても家族でほぼ仕事を回すことが
出来る仕組みを構築しているので大丈夫」な状況を
作ることを言います。

中小企業経営者もこの「S」根性が抜けていない
人がとても多いので、「自分がやらなけりゃ!」
って感じで必死で仕事しますが、それはとても危険
です。外注化、社員やパート等にすべての業務を
任せて回る仕組みを構築することが、社長の仕事
です。

今日から「ビジネスオーナーになる」と決意し、
どんどん自分の仕事を部下に権限委譲し、誰かが
いなくなっても回る仕組みを構築しましょう!

2019-04-16

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

 

>続きを見る

ゲーム女

ゲーム女

有楽町線で私は通勤しています。
新木場駅が始発ですので、必ず座れるわけです。

私の隣に女性が座りました。

なにやら鞄の中をゴソゴソ探っている。
出てきたのがスマホ!

そしてその15秒後くらいか!

指が右に左に上に下に高速移動させている。
横を凝視するわけにも行かず、
とても気になる。
普通は途中で止めるものだが、私が降りる市ヶ谷駅
までずっと高速で指を移動させていた。

私はその人の顔を見たくて見たくて、仕方がなかった。
しかし、市ヶ谷駅で電車を降りる間際に「チラッ」
と見てみた。

驚いた。普通の女性だった。
とても普通で、これに驚いた。
もっともっと「ゲーム女!」って感じのオタクっぽい
女性かと思いきや、違った。普通だった。

しかし、高速で動く指、見たかったな。

仕事でもなんでも、羞恥心を忘れて、集中するってことは
良いことだと思います。その集中力を仕事にも活かせて
いればGOOD!です。

頑張れゲーム女!

2019-04-15

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る

自己成長は目標とするモノマネからスタート

自己成長は目標とするモノマネからスタート

私の成長のやり方って、
自分のあこがれというか、目標の人を見つけ、
その人に追いつくために、「今何をすればよいか」
を考えていきます。

人の成長って、目標となるターゲットが決まれば、
あとは、観察して、見よう見まねで真似して、
実行していけば良いだけです。

その際に、自分自身のオリジナリティを付加する
ことを忘れないように。
単なるモノマネじゃ「魂が入らず」で、うまく
行きません。

この「観察」、もっといくと「直接ヒヤリング」
する力こそが、成長する人の特性と言えます。

成長しない人って、「真似ごと」は最初するのですが
すぐ諦めるんです。「俺には無理!」ってな感じで。

成長する人って、絶対目標とする「この人」のように
なりたいとか、追い抜きたいという強いモチベーション
があるので、数年後、必ず成功しています。

最初は「目標とする人」を探すことから始めよう。

2019-04-12

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/

>続きを見る