RPAの進化

経営

RPAの進化

RPAとは、(Robotic Process Automation
=ロボティック・プロセス・オートメーション)
の略です。

簡単に言うと、人間が行っていた定型的なルーチン
業務をロボット的に自動化するソフトウエアのこと
です。大手企業ではどんどん活用しています。
それにより、仕事を奪われる人もいます。
しかし、余剰な経営資源を、生産活動(収益活動)
に振り分けて行くことは、企業として当然です。

中小企業経営者の皆さん、
今着手して置かないと、完全に乗り遅れます。
RPAを中核に、バックオフィス業務、受発注業務
経理記帳業務、日々や週次、月次のルーチン業務を
改革していくことをお勧めします。

2018-05-21

中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/