ブログを書き続けるのは「生きている」ことを証明するため

経営

ブログを書き続けるのは「生きている」ことを証明するため

ブログを書き始めたころ、毎日ネタが豊富で、周囲の反応もあり、面白くて投稿するものです。しかし、長くやっていると、内容やテーマがかたより同じ傾向の記事が投稿され、読者に飽きられて離れていきます。それで、大半のブロガーはブログを書くことを辞めてしまいます。

私が毎週、ブログや動画配信を行っているのは、「いいね」や「チャンネル登録」を欲しいからではないです。大袈裟に言うと「南本はまだここで生きているぜ!」ってことを世に知らしめるために活用していると言ってよいです。昔、ブログを1か月くらい辞めた時があり、その時「南本さん生きていたんだ!」って言われたのがとても印象的であり衝撃的でした。ちょっと1か月休んだだけで人は「終わった!」と思うらしい。facebookにしても、ツイッターにしても、昔元気に記事等を投稿していた人が今はさっぱり投稿していない人がたくさんいます。

短いスパンで人生やビジネスを考えると、ブログや動画作成は面倒で意味がありません。しかし、長いスパンで考えてみると、それなりに日記的にもなるし、昔の記事を見て「変わったな」とか「変わらないな」とか感慨深くなるものです。

ビジネスでブログや動画をやる人に伝言です。やるからには誰に何と言われても「継続」して行きましょう。その継続という努力があなたの資産となり、将来のあなたを助けることになるでしょう!(たぶん)

2021-11-17

中小企業の組織活性化支援
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact