失敗しないと成功方程式は作れない

経営

失敗しないと成功方程式は作れない

商売って、一発屋で企画があたるととても順調に業績が伸びていきます。私も創業当時、助成金バブル時代があり、これで一生生きていけると勘違いしていました。それから成果主義の人事制度がなんとなく中小企業にもはやり、みんな導入しました。会社が良くなるという妄想によってこぞって導入したのですが、結果、うまく行かない企業ばかりでした。その後、個人情報保護のからみで、プライバシーマークなるものが出現し、真っ先にマニュアル等を作成し、コンサルを開始したものです。これも競合他社が多くなり価格競争に陥り、結局最大級に難事=リーマンショックがやってきて、すべてコンサル契約が消滅したのでした。おいしそうなビジネスは一気に競合他社が増えてレッドオーシャン市場になります。

弊社の約20年(個人事業主時代を含む)は、失敗の連続でした。その失敗の経験で自分に相性の良いビジネスか、そうでないビジネスか、がわかるようになってきたのです。雇用する人材も色々試行錯誤しました。行きついた結論は「子育て中に主婦」というものでした。商売の根幹は、競合他社がとても少ないと感じる誰もがやりたがらない「中小零細企業の給与計算代行」だったのです。主婦の方はまじめに給与計算とういう細かい作業をこなしてくれます。私は表に出なくても現場が回る仕組みが出来上がったのです。私の性格にぴったりなんです。これも気づきの一つ。

失敗は成功の母、失敗の数が多いほど、気づきも多くなります。失敗することを恐れずに果敢にチャレンジしていくからこそ得られる果実があります。中小企業なんて、みんなベンチャーなんだから、色々チャレンジして行きましょう!

 

2021-10-08

中小企業の組織活性化支援
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact