自分を映す鏡

経営

自分を映す鏡

今売れっ子のある俳優さんがテレビで語っていました。

「自分を映す鏡」のようなもので、自分の行動や態度を変えていくことで、周りも徐々に認めてくれて俳優として色々使ってくれるようになり、今があると。若いころは「自分が一番」という思いで、周りに対してイラついていてとても嫌な奴だったと回想していました。

会社の組織づくりも同じだなと思った次第です。経営者は創業当時、営業も管理業務もすべてこなし、数字を作ってきているので「自分は一番偉い」と思い込む傾向が強く、それを従業員に強要しがちです。「こんな簡単なことがなぜできない」的な発言や叱責をついついやってしまう。これをやっている社長さんをよく見かけますが、その企業は人の出入りが激しく、企業体としてはそれほど成長していません。

しかし、経営者が従業員に感謝し、取引先に感謝し、協力してくれる皆に感謝している企業て、自然と協力者が現れて成長していくものです。いまいち伸びない会社は、経営者自身が気づかなければならないです。「自分が一番偉いんじゃない」って。すべて目の前の現象は「自分を映す鏡」の結果です。経営者自身の意識や行動、言動を変えていけば、自ずと自分の会社もうまく行くようになります。

2021-08-30

中小企業の組織活性化支援
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact