何を捨てて、何を新たに得るか

経営

何を捨てて、何を新たに得るか

皆さんは、何かを捨てた瞬間、新しいものを得た経験はございませんか?私は結構な回数経験しています。これを何という法則かわからないですが、意外に使っているのではないかと思います。

はやりの断捨離もその一つだと思います。部屋の断捨離を行った結果、彼氏が見つかったとか、ペットの相棒が来たとか、、

私は、意図的に行うことがあります。会社経営的には勇気がいりますが。それは何かというと、「取引先の見直し」です。売り上げ的には問題ないのですが、とても相性が悪い顧客がたまにあります。この手のお客様と付き合っていくとスタッフが疲弊したり、ストレスがかかったりするため、意図的にこちらから契約解除を申し出ることがあります。

経営的には売上維持を行っておいた方が良いのでしょうが、そうして契約解除した後、良いお客様の新規契約が成立するのです。面白いように。これは何という法則だろうな。人間でも会社でも一定のキャパシティ(許容量)があり、それを満杯にしておくと新しいものが入ってこれない。満杯になった器から「不要なもの」を捨て去ることで、新たに新鮮で良いものが入ってくるものだと思います。何かを得るためには、何かを捨てないと得られないものです。

2021-08-27

中小企業の組織活性化支援
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact