やはり、消費者はKING!

経営

やはり、消費者はKING!

いよいよセブンイレブンも宅配事業に進出すると記事が出ていました。コンビニビジネスモデルが曲がり角に来ているようです。今まで増収だったのが減収に転じ、消費者の奪い合いになってきています。アマゾン等の物販配達、ウーバーイーツや出前館の飲食配達業の進出、どれもコンビニの競合相手です。今までのように24時間販売しているから「買いに来い」というビジネスモデルでは太刀打ち行かなくなったということです。ローソンはすでに宅配事業を行っています。

つくづく思います。消費者は王様(KING)です。より早く、よりタイムリーに、品質の良いものを、手数料安く、持ってきてれる業者を選択する時代。誰が運ぼうがどうだってよいのです。「欲しい時に持ってきてくれる」ビジネスモデルを維持できるところが勝ち抜くのでしょうね。

オーケースーパーのように「極限まで安く」するのか、いつでもお持ちしますという「極限まで便利さ」を追求するのか、コストコのように「たくさん仕入れると安くておいしいものが手に入る」を追求するのか、小売業や飲食業は従来型の「来店しろ!」から「お持ちします!」のビジネスモデルに大きく舵を切っていくことになるでしょう。

中小零細企業ならなおさら消費者がKINGなので、対応していく必要があると思います。店舗を構えてお客様に来ていただけるだけの「商品力」「サービス力」が無ければ生き残りは難しい時代になったと言えます。

2021-08-25

中小企業の組織活性化支援
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact