苦手だと思っている仕事をとりあえず「かじってみる」

経営

苦手だと思っている仕事をとりあえず「かじってみる」

人は先送りしたがりますが、目の前の課題から目を背けて先送りしていると、どんどん課題の深刻度が増して、未来に大きな爆弾となって爆発することはよくあることです。私も昔、その場を何とかすり抜けて課題を先送りして、悲惨な結果になったことが何度かあります。

それ以来心を改めて、「課題に向き合う」ようにしています。しかし、心理的な障壁があり中々課題を直視できずにどうしても先送り傾向になってしまいます。そんな場合、ちょっとだけ勇気を出してその課題を「つまみ食い」するのです。ちょっとかじってみるのです。課題と向き合ってみることです。大概の課題は、このつまみ食いをすることで、意外に一瞬で解決の道筋が見えてきて課題が課題でなくなっていくものです。

真の課題から逃げないことが大事です。それには、課題勃発した時に先送りせずに「ちょっとかじってみる」ことがポイントです。ぜひ実践してみてください。

2021-06-17

中小企業の組織活性化支援
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact