中小企業に対するDX化支援事業

経営

中小企業に対するDX化支援事業

「中小企業のDX化を推進しましょう!」と提案しても、中小企業経営者は、何から手を付ければ良いかわからないのが本音だと思います。そこで弊社ののDX化支援コンサルをご紹介します。

1.現状把握と未来業務フローの作成

1か月~3か月程度かけて御社の現状の業務フロー(仕事のやり方)をヒヤリングしながら整理していきます。そして、DX化するイメージの新しい業務フローを作成しご提案します。その際、クラウドに変更した方が良いソフト等をご提案し、省力化効果等も見える化してご提案します。当該ソフト導入等で得られた省力化効果は無償となります。

当該現状分析とご提案で300,000万円となります。

2.運用フォロー支援

運用過程に入ると、RPA(ロボティクスプロセスオートメーション)を活用して、単純作業等のロボット化を進めていきます。実際に対応して省力化した時間に対して、一定比率の%で毎月サブスク的に課金させていただく仕組みです。例えば、EXCELの請求書作成+発送業務をMFクラウド請求書へ自動登録するRPAを弊社が作成し、その省力効果時間が2Hだっとして、3000円×2H×1/2=1,500円を毎月課金してご請求させていただきます。作成したRPAのメンテナンスをリモートで弊社が修復等を行います。

3.価格体系

まずはエコノミープランから導入されてみてはいかがでしょうか?基本料がそれぞれのコースでかかりますが、バックオフィスの事務作業をRPA化していくことが可能です。IT人材を1人雇用することを考えると、とてもリーズナブルな選択だと思います。ぜひ、ご検討を!

中小企業バックオフィス無人化のご提案

(1)ブレインコース
■基本料:30,000円 ■節約時間に対して30% 課金/ 月 時給3000円換算

①電話メール対応②リモートログイン復旧③緊急時駆付け(無償)④月1回訪問(1h)※RPA作成費、AIOCRの設定支援等は無料

(2)スタンダードコース
■基本料:20,000円 ■節約時間に対して40%課金 / 月 時給3000円換算

①電話メール対応②リモートログイン復旧③緊急時駆付け(無償)※RPA作成費、AIOCRの設定支援等は無料

(3)エコノミーコース
■基本料:10,000円 ■節約時間に対して50%課金 / 月 時給3000円換算

①電話メール対応での対応(復旧は自社)※RPA作成費、AIOCRの設定支援等は無料

2021-05-26

中小企業の組織活性化支援
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact