現状維持では進歩しない

経営

現状維持では進歩しない

経営者は経営が安定してくると、「現状維持」になりがちです。やり方や方法など旧態依然として変化を求めず、従来通りに進めて行きます。外部環境(コロナ禍、人口減少、高齢化等の変化)が刻々と変化しているのに、自分の会社だけ「現状維持」では、未来が見えています。これは誰が考えてもわかることです。

しかし、一度成功したというかうまく経営を回している経営者は、今まで通りでもうまく行くと思い込み、自分の会社の改革、進化を求めず、現状維持を死守したがります。

以下の名言があります。誰が言ったかわかりませんが、

「会社は不景気で倒産するのではない。環境の変化に適応できなかったから倒産するのだ」って。

その回避策は、DX化だと私は思うのですが、どうも響かない人が多いですかね。DX化と標準化と多能工化をやれば、その会社はとても強くなります。

2021-03-29

中小企業の組織活性化支援
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact