流れを変える一打

経営

流れを変える一打

仕事が停滞する時があります。スランプで集中できない時、人間関係がうまくいかず停滞している時、アイデアが出てこず前に進めない時など、企業、個人により色々な停滞期があると思います。

それを吹っ切る方法は、「自分に正直」になることだと思います。スランプなら一旦仕事の手を止めて、全く別の業界や別のことを見聞したり、人の話を聞いたり、旅に出たりして視野を広げていけばきっかけが得られるかもしれません。

また、人間関係がうまくいかないのであれば、その相手と膝を突き合わせて本音で話し合えば、糸口が見えてくるものです。ダメになる場合もありますが、少なくとも結論はでるので、前に進めるようになります。

アイデアが出てこない時は、時間をとってスタッフとブレスト等の真剣なポジティブ会議を開催すれば、会社にとっての良いアイデアが意外にさくさく出て来るかもしれません。良いアイデアが出てこなくても経営者がスタッフの考えていることが理解できるようになり、チームが一丸となる起点となります。

停滞している状況の流れを変えるには、「自分に正直」になって、逃げずに真正面から向き合うことで打開策の一打がでるのだと思います。

2021-03-15

中小企業の組織活性化支援
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact