ITと人の融合した仕組みが良い

経営

ITと人の融合した仕組みが良い

今、国は「中小企業」の労働生産性を向上させる
ことに躍起になっています。

厚生労働省の助成金に徐々に「生産性要件」が
入ってきて、3期前より生産性が向上している
会社には、助成金を多くあげますよ!という
仕組みです。

中小企業の良さでもある「人の持つケア力」と
いうのでしょうか?

これも大事なのですが、
ITやAIや自動化ロボットで「省ける」部分に頭が
回っていないような気がします。管理部門の業務、
定例的な受発注業務、毎日の日報作成、業務日誌
等、毎日、ルーチンで行っている業務はITに
委ねるべきです。

そのための補助金が「IT導入補助金」です。
昨年の5倍の予算、500億円で国は中小企業
のIT・効率化を応援しています。

経営者の「ゼロ発想」が試されます。
人がやったほうが良い仕事、人がどっぷり関与
しなくて良い仕事を切り分け、人がやったほうが
良い「おもてなし」関連の仕事に経営資源を集中
される時が、「今」なんです。

2018-05-18
中小企業の組織活性化支援の
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact/