人の理解度はそれぞれ。だから指導方法が千差万別

経営

人の理解度はそれぞれ。だから指導方法が千差万別

皆さんの会社に社員がいますよね。創業者や仕事ができる人からすると「仕事が遅い」「よくミスする」等の仕事が出来ない人をみるとイライラすると思います。それで組織から追い出したりするのですが、それはそれで有かなと思いますが、もっとその人を理解しその人にあった指導方法で指導されてみてはいかがでしょうか?そうすることで、組織活性化は加速すると思います。

人の能力は千差万別です。同じことを同じ言い回しで伝えたとしても、相手は人間です。理解するレベルが違うので、意図した内容に理解していない可能性がとても高いです。そうならないために「相手に復唱させる」のです。つまり、理解したかどうかを自分の言葉で再度説明させることで、伝達者の意図が伝わったかどうかがわかります。と他割ればOKですが、伝わらない事の方が多く、その場合は、その人にあった別の伝達方法で伝えなければなりません。

人って、教える側もあいまいな知識では教えられないので勉強します。伝え方を工夫します。教えられる側も復唱することで理解しようとします。人を教えるのに、「一律な方法」で教育してもうまく行きません。その点を中小企業経営者は理解しておくべきです。

2021-11-19

中小企業の組織活性化支援
アールイープロデュース http://re-p.co.jp
お問い合わせ http://www.re-p.co.jp/contact